ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

スミレ 和菓子

イメージ 1

 スミレをかたどったお菓子ですが、カメラの性能のためか、見事な紫色を捕ることができませでした。
 すみませんが、紫色が見事なお菓子と思ってごらんいただければ、喜びます。
 外側は、求肥で、やわらかく、甘みが心持ある餡子を包んでおりました。
 おいしい、お菓子です。

イメージ 2

 お菓子屋さんは、松江の向月庵です。
 黒と紫の感じが本当は、すごく良いのですけど…。



この記事に

  • 紫色の感じわかりますよー。
    お菓子は植物をかたちどったものって多いですね。
    特に花はよく目にします。一番季節感が出しやすいからでしょうか。

    お昼前なのでお腹すいてきました。。。

    タッキー

    2010/2/28(日) 午前 11:40

    返信する
  • 顔アイコン

    タッキー 様
    スミレの花ですので、紫色の感じが分からないと、苦しいところです。
    花は、季節ものですので、お菓子にしやすい部分もあると思います。
    もう春ですね。

    ensyuu

    2010/2/28(日) 午後 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    松江はよいお菓子屋さんがあって、うらやましい限りです。
    スミレって、お菓子にはしにくいお花と思ってましたが、
    こういう感じだと、いいですね。

    ちょっと感じた文体…
    「・・・いただければ、喜びます」
    という言いまわし。こちらではあまり聞かない言い方です。
    Y県では、同じような感じで「・・・頂ければ、幸せます」というのをよく聞くのですが、どちらもゆかしい感じがしますね。
    言語学の先生が、山陰には美しい古語が方言として残っているとおっしゃってました。時々、ennsyuuさん文章を読みつつ、そう思っています(^^)

    junajuna

    2010/2/28(日) 午後 8:43

    返信する
  • 顔アイコン

    んー。
    珍しく、スミレっぽくないなー。

    雀 政五郎

    2010/3/1(月) 午後 3:39

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    確かに、スミレのお菓子はあまりないような気がします。椿や福寿草、菜の花などは多いですが、それに比べると、確かに少ないと思います。形が少し複雑すぎるかも知れません。

    そういえば、このような書き方をしています。今まで全く、気が付きませんでした。もしかしたら、無意識にそのような言葉遣いをしているのかも知れませんね。島根は、大別すると出雲弁、石見弁、隠岐弁の三種類があり、なかなか、聞き取りが難しいことがあります。私は、この3地域すべてに住んだことがありますが、方言の聞き取りはどれも中途半端です。
    出雲地方は、ご存知と思いますが、ものすごいズーズー弁です。自分の親が、何を言っているのか分からないことがたまにあります。

    ensyuu

    2010/3/1(月) 午後 7:54

    返信する
  • 顔アイコン

    雀政五郎 様
    スミレの花の形は、デフォルメしにくいのかも知れませんね。色がもう少し、紫色に写ると、また、感想が違ったかもしません。

    ensyuu

    2010/3/1(月) 午後 7:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事