ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

夏の姿 和菓子

イメージ 1

 金魚鉢の形が印象的です。涼しそうですね。
 金魚は、上から見ると金魚の形ですが、横から見ると、平面であることがわかります。
 金魚鉢は、プラスチックの容器でした。

イメージ 2

 とりあえず、涼しそうな皿にでもと思い、瓢箪の画の描いてある染付けの皿に盛り付けました。
 
イメージ 3

 次に、お気に入りの、唐津の銘銘皿にも盛り付けてみました。
 やはり、染付けのほうがいいみたいです。
 ただ、このお菓子は、茶席向きではなさそうですね。
 チョット、遊びすぎです。

 ただ、内輪で、お茶をいただくには楽しくていいかも知れませんね。
 松江市の桂月堂さんのお菓子になります。
 確か、菓子名が夏の姿であったと思います。
 少し変わった名前ですね。


この記事に

  • 顔アイコン

    おいしそうですね〜。近くなら買いに行きたいです。
    お稽古で、一回は容器入りの水羊羹、ゼリーが出されますが、黒文字代わりに塗りのスプーンを添えてくれますが、縁高に5〜6人ならいいけど難しいですね。

    OBAN

    2010/8/2(月) 午前 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    涼しげ〜♪
    昔は金魚って上からながめて楽しんだものなんですってね。
    たしかにアノしなやかに泳ぐ姿は上から見た方がわかり易くて楽しい♡

    [ - ]

    2010/8/2(月) 午前 7:55

    返信する
  • 顔アイコン

    OBAN 様
    見た目が涼しそうで、美味しそうに見えます。
    容器入りのお菓子は、確かに縁高には難しそうです。
    どちらかというと、濃茶のお菓子としては、重みにかける部分もありますので、薄茶ならいいのかなと思ったりします。

    ensyuu

    2010/8/2(月) 午後 6:05

    返信する
  • 顔アイコン

    ミケ 様
    今では、金魚鉢や水槽で飼っていますが、昔は陶器で飼っていたからでしょうね。
    ミケさまのお話で、萩市の浦上美術館に、中国の古い陶器に金魚を飼っているコーナーがあって、そのことを思い出しました。。確かに、上から見て楽しむ金魚でした。

    ensyuu

    2010/8/2(月) 午後 6:13

    返信する
  • 顔アイコン

    気泡が入らないように造るのは、難しいでしょうね。
    涼しげでいいです。

    雀 政五郎

    2010/8/2(月) 午後 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    雀政五郎 様
    なるほど、そのようなことに製作する側の難しさがあるのですね。
    ものを作ることは出来ても、きれいに仕上げることが、難しいのでしょうね。
    私は、見て、味わうだけですので、気楽です。

    ensyuu

    2010/8/2(月) 午後 10:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事