ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

波しぶき 和菓子

イメージ 1

 夏の磯の波の雰囲気でしょうか?
 少しだけ、金が振ってあります。
 そういえば、若い頃、海で泳ぐといえば、砂浜ではなく、磯で泳いでいました。目的は泳ぐことではなく、もぐってサザエを採ることでした。
 日焼けに弱い肌ですので、シャツを着て、潜ってしましたが、最後には手足が真っ赤に腫れていましたね。夢中になると、一時間くらい続けて泳いでました。ただ、私は、潜っているうちに水圧で頭痛がしてくるので、それほどサザエを収穫したわけではありません。
 磯の岩場の上で休みながら見た打ち寄せる波は、岩に砕かれて真っ白になり、美しかったです。
 このお菓子を見て、そのときのことを思い出します。

 淡雪ですので、やわらかくて美味しいお菓子でした。

イメージ 2

 この御菓子は、松江の彩雲堂さんの御菓子になります。

 この御菓子を購入したのは、市内のスーパー(ジャスコ)の中の彩雲堂さんのコーナーなのですが、大体、店員さんが三名くらい常駐しています。ジャスコで夕食用にキャベツやにんじんなどを買った後に、和菓子でもと生菓子を買ってしまうのですが、それで採算が合っているのが不思議な気がします。ずっとテナントとして維持をしていることを考えると、やはり松江は和菓子をいただいている土地柄なのだと、つくづく思います。


この記事に

  • 顔アイコン

    市内のお菓子屋さんにも、似た「淡雪」があります。形は、六角形ですが。
    彩雲堂さんは、ずっと前に、デパートの地下にありました。私も、時々、買っていましたが・・・いつの間にか無くなって、そのうちデパート自体も無くなってしまいました。

    senkyouan

    2010/8/13(金) 午前 8:49

    返信する
  • 顔アイコン

    これで波しぶき!
    言い得て妙なる銘ですね。
    日本人の連想力というか、想像力には感心しますね。
    金粉がかかってるのがまた絶妙です。
    松江は、和菓子屋さんの数は、日本でも有数らしいですね。
    昔からだけでなく、今でも実生活に根付いたお茶どころとの事。
    しがらみも多いでしょうが、素敵な土地だと思います!

    junajuna

    2010/8/13(金) 午前 11:43

    返信する
  • 顔アイコン

    senkyouan 様
    彩雲堂もなかなか有名なのですね。
    淡雪は、軽い感じで口の中でとけるようで、美味しいですね。
    多分、いろいろなところに、名物があるのでしょうね。
    六角形というのも、いいですね。
    拝見してみたいものです。

    ensyuu

    2010/8/13(金) 午後 9:21

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    この御菓子で波しぶきは微妙かも知れませんが、想像力で、楽しむことが出来ます。
    全部、語ってしまう御菓子は、或る意味面白くないところもあります。
    松江市内は、いたるところに和菓子、洋菓子のお店があります。もともと、進物にお菓子をという文化がありますので、そのような風土も後押しをしているのでしょうね。

    ensyuu

    2010/8/13(金) 午後 9:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事