ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

水面(八月) 和菓子

イメージ 1

 この水面という名前の和菓子は、七月にも紹介しました。
 ただ、同じ和菓子屋さんでありながら、七月と八月では少し、色を違えてありました。
 こういうところは面白いですね。
 上のお菓子が、八月のもので、下のお菓子が七月のものです。

イメージ 2

 七月が緑で一杯なのでずか、八月は周りは白で中が紅です。七月は、木々の緑、八月は秋が近づいてくるので、宍道湖の夕日のイメージなのでしょうか。
 これから秋です。
 宍道湖の夕日が最も綺麗な時期を迎えるはずなのですが、まだ、そのような気分にはなりませんね。

イメージ 3

 いろいろと書きましたが、もしかしたら、夕日ではなく、水面に落ちた百日紅の花びらかも知れません。いや、もしかしたらお菓子屋さんの気まぐれかも…。
 中の、紅の部分は、梅の餡でした。すっぱ甘いで美味しいものでした。
 松江市の向月庵さんの製になります。


この記事に

  • 色々想像を膨らませるのが楽しいですね。

    さすら

    2010/8/31(火) 午前 6:54

    返信する
  • 顔アイコン

    寒天に道明寺粉が入って、もちもち感があるのでしょうね。梅味の餡がさっぱりと…まだまだ暑いこんな日に冷たくしていただきたいです。

    ”水面”ですか・・・ピンクの物は池の鯉?それとも暦の上では秋ですので、水辺に落ちた紅葉?…であれば浮かべてほしいし。。。

    いろいろな景色を想像すると楽しいですね。

    [ sir**ayama*sub*ki ]

    2010/8/31(火) 午前 9:39

    返信する
  • 道明寺粉が入っていると、涼しげな感じですね。
    先週のお菓子は六花亭の「夏衣」という、道明寺粉が入っているお菓子でした。涼しげで良かったです。
    秋が来ていたはずの北海道でしたが、昨日&今日は暑くて、34度です。残暑ざんす。

    [ - ]

    2010/8/31(火) 午後 0:14

    返信する
  • 顔アイコン

    戔須良 様
    お茶の稽古のとき、御菓子を表現するとき、よく、どういう表現をするのか、どういう想像をするのかを試すような師匠だったので、いろいろと考える癖がついたみたいです。

    ensyuu

    2010/8/31(火) 午後 8:12

    返信する
  • 顔アイコン

    siragayamatsubaki 様
    暑い日が続く中での、紅色はいろいろと考えます。
    池の鯉という想像もありますね。鯉も考えられれば、金魚もあります。そして、少し早い紅葉と考えれば切のないところでもあります。
    ただ、これだというものが見つかりませんね。

    このツブツブ感が涼しさを演出しているのでしょう。
    ということは、カキ氷もと思ったのですが、菓子名は水面でしたね。

    ensyuu

    2010/8/31(火) 午後 8:16

    返信する
  • 顔アイコン

    りんぷーどる 様
    私は、このツブツブはなんだろうと、考えていたのですが、道明寺粉という立派な名前があったのですね。
    勉強になります。というよりも、見た目と戴くことしか頭に無いので、すぐに忘れるのでしょう。
    夏衣という菓子銘たけでも、涼しそうです。北海道も残暑なのですね。こちも暑さは殺人的です。

    ensyuu

    2010/8/31(火) 午後 8:20

    返信する
  • 顔アイコン

    波紋が素敵ですね。
    紅色は錦鯉・・・というにはいかがですか^^

    [ CHA・茶・チャ ]

    2010/8/31(火) 午後 10:04

    返信する
  • 顔アイコン

    お月様 様
    波紋は、鯉が水面に浮き上がったときに出来たものなのでしょうね。
    そう考えると、綺麗です。

    ensyuu

    2010/8/31(火) 午後 10:59

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事