ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

斐川野 干菓子

イメージ 1

 これは「すすす」をかたどったものです。
 いや、「すすす」ではなく「ししす」と言います。
 出雲弁は「し」と「す」の発音があいまいで、このような発音になります。
 本来は、猪の巣を意味する「ししす」というものです。
 「ししす」とは、稲刈りが終わった後、藁を家のように積み上げたものです。その形が、猪の家にふさわしいと思っての命名なのでしょうね。

イメージ 2

 「すすす」ではなく「ししす」。

イメージ 3

 斐川とは、斐伊川が宍道湖に流れ込む付近の平野部分のことです。
 その付近は、広大な田と築地松のある広い住居。
 築地松(ついじまつ)と言うのは、斐川地方の農家の防風林として植えられている黒松のことです。この黒松は、ものすごくでかい。この風景は、多分、出雲地方独特の景観です。
 現在では、維持のために、公的機関からも補助があるらしいです。巨大松を、きちっと切りそろえるのですから、維持費は大変でしょうね。

 そんな斐川には、松の葉が、多くあるのでしょうね。

イメージ 4

 秋なので、赤い器に盛りましたが、今一歩。

イメージ 5

 どちらかと言えば、この器が合っていますね。
 写真を撮ってから疑問に思ったのですが、なぜ松の葉を縦向きにおいたのでしょう。
 また、松が下と言うことは、木から落ちた松の葉ということなのだろうか。


この記事に

  • 「しすす」はもろもろっと崩れ落ちそうな感じがしますが
    恐らく一口サイズ?よく考えられて作られてますね。
    松の葉が、母校の校章に似ていてニヤッとしてしまいました。
    すみません。>−<

    *hime*

    2010/9/30(木) 午前 10:59

    返信する
  • 顔アイコン

    しすす、面白い形ですね。秋の季節でしょうね。

    今日奈良庵

    2010/9/30(木) 午後 0:43

    返信する
  • 顔アイコン

    *hime* 様
    一口サイズで、食べやすいですよ。
    この手の干菓子で、ここまで立体的な形のものは珍しいと思います。確かに、校章のような形をしていますね。
    多分、出雲地方独特のものかもしれません。

    ensyuu

    2010/9/30(木) 午後 6:28

    返信する
  • 顔アイコン

    今日奈良庵 様
    秋の田で、稲藁がこのような格好で、おいてあります。
    実物は、大きいものですが、お菓子にすると、かわいい感じですね。

    ensyuu

    2010/9/30(木) 午後 6:30

    返信する
  • 顔アイコン

    「ししす」なんて可愛い名前ですね。初めて伺いました!
    個人的には「すすす」の方が好きかな。(笑)

    こんな立体的なお干菓子は珍しいですね。

    [ cox-orange ]

    2010/10/1(金) 午前 0:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ししす

    はじめて知りました。
    いろんなお菓子があるのですね。
    お菓子器にもよく合ってますね。
    松葉も美味しそう…私も頂きたいです!

    junajuna

    2010/10/1(金) 午前 0:36

    返信する
  • 而妙斎宗匠お好みの溜め塗丸盆でしょうか?
    良い取り合わせですね。

    出雲弁、「し」と「す」の発音があいまいですか
    浜とか海岸沿いの地方の方々が、
    なまって「し」と「す」が、、ということを聞いたことがあります。

    きこまこ

    2010/10/1(金) 午前 10:33

    返信する
  • 顔アイコン

    cox-orange 様
    本当に猪の巣であったら、大変なことでしょうね。
    「ししす」にしても「すすす」にしても、発音がなんとなく、面白いですね。
    私も「すすす」の方が出雲らしくて好きです。
    本当の発音は、難しいですよ。

    ensyuu

    2010/10/1(金) 午後 8:55

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    この「ししす」をお菓子の題材に選ぶのは、出雲地方特有ではないかと思います。
    とは、言っても、実物を見ることも減りました。
    立体的なので、小さいながら、見栄えがします。そして、少し食べ応えもあります。
    松葉もシナモンの香りがして、美味しいです。

    ensyuu

    2010/10/1(金) 午後 8:59

    返信する
  • 顔アイコン

    きこまこ 様
    このお盆は、茶会の記念に作られたものです。
    家元の絵を、八雲塗という地元の技法で作られたものです。
    使い勝手が良く、重宝しています。

    出雲弁は、東北弁と似ているそうです。確か、松本清張の「砂の器」でも、それで捜査が行き詰る場面があったような。こちらでは、山奥の人もなまってます。ちなみに「すし」が「すす」、「ししまい」が「すすまい」です。

    ensyuu

    2010/10/1(金) 午後 9:08

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事