ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

イメージ 1

 この御菓子は、あけびでしょうか。むべでしょうか。実が裂けていないので、むべかも知れませんね。
 私は、あけびしか食べたことがありません。むべ(別名ときわあけび)というのは、話には聞くのですが写真でしか見たことがありません。
 まぁ、あけびとしたほうが、無難でしょうね。

 餅の周りにシソを巻いたものです。
 餅にシソを巻いた御菓子は初めて見ました。面白いですね。やはり創造性というのは大切です。
 シソの酸っぱさと餅の甘みが入り混じった、複雑な味です。
 美味しくて、面白いです。 

イメージ 2

 松江市の福田屋さんの御菓子です。
 福田屋さんは、御菓子に銘を付けていないそうです。
 御菓子について質問すると店員さんが不安そうな顔をするので、かわいそうになって、聞きませんでした。
 多分、これは「あけび」と思います。
 ということで勝手に銘を、山苞(やまづと)とします。
 もっと気の利いた名前が思いつくと良いのですが。
 他に何も思いつきませんでした。
 こういうお土産をいただくとうれしいですね。

イメージ 3

 ちなみに皿を変えてみたのですが、今一歩ですね。
 なかなか、良い器が思いつきません。
 あまりいいものを持っていないことも在りますが。


この記事に

  • あけび…あまり地元ではみかけず、実物をみたことはもちろんありますが、ピンとこない感じです。
    都会でもないくせに

    お菓子であけびはまだ出会った事がない気がします。
    そういうのもお話しのネタになっていいですね。
    お菓子と合う器は、思ってる以上に難しいです

    junajuna

    2010/10/3(日) 午前 1:28

    返信する
  • 顔アイコン

    方形の皿なら、どない?

    [ いたずら房厨 ]

    2010/10/3(日) 午前 5:30

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    あけびは、山の中で、木登りをして採ったことがあります。と言っても、子供の頃です。最近は食べ方を知らない人が多いと聞いています。
    そのように、珍しい果物ですので、和菓子の題材にしにくいところもあるこ思います。
    あけびは、実が良く知られていますが、花も小さくて可憐な花ご綺麗です。お茶をするようになってから、実よりも花を拝見する事が多くなりました。
    もっと、器が豊富であればいいのですが。
    楕円で変化のない見た目ですので、確かに難しいです。

    ensyuu

    2010/10/3(日) 午前 8:39

    返信する
  • 顔アイコン

    いたずら房厨 様
    丸い御菓子に丸い器なので、違和感があったのですね。
    方形あれば、良いと思います。

    ensyuu

    2010/10/3(日) 午前 8:41

    返信する
  • 「あけび」は知ってますが、「むべ」は初めて聞きました。
    あけび・・・中身が真っ白で黒い種がプチプチ入っているんですよね?
    今食べたらまた違うのかも知れませんが、昔の記憶が、かなりショッキングだったので、どうしても食べる気がおきません。
    身近にないから、見ることも食べることもないですけど。^−^;
    季節感を出したくても、知ってる人が少なくなってくるとそうゆう難題も出てくるのですね。

    *hime*

    2010/10/3(日) 午後 1:05

    返信する
  • 顔アイコン

    これはいわゆる『紫蘇巻き』ですね。

    山陰では結構、色んなお菓子屋さんでやっています。
    ウチでは夏場になると昔は毎年やってましたが、近年はあまり売れないのでやめちゃいました。。

    季節の銘をつけたことはありませんでしたし、他所でも他の銘で売っているのを見た事が無いです。
    お茶人さんがご自分で何かに見立て、銘をつけられるようなスタイルのお菓子かもしれません。
    『やまづと』いいですね。こんど福田屋さんの職人さんににお会いしたら、このネタを振ろうと思います♪

    この御菓子は、ちょっと楊枝では切りにくい所がありますので、お茶席では上級者向きのお菓子ですw

    坂根屋五代目

    2010/10/3(日) 午後 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    *hime* 様
    実際にアケビを自分の手で採って味わった子供としては、私が最後の世代に当たるかも知れません。かなり危険な場所にあることもありますので、今は、おそらく大人が同伴して体験するようになるでしょうね。子供の頃の私は猿のようでした。
    ネットで調べると園芸種としてもありますので、栽培して楽しむ事も出来そうですね。
    今では昔の季節感を感じるには努力が要ります。

    ensyuu

    2010/10/3(日) 午後 4:52

    返信する
  • 顔アイコン

    坂根屋五代目 様
    実は、今さっき一畑百貨店の地下の福田屋さんのコーナーで、紫蘇巻と表示されて売っているので、びっくり。本店の売り子さんは、首をひねってたような…。まぁ、愛嬌ですね。
    初めて、紫蘇巻を知った私は、まだまだもぐりですね。
    これからも、お菓子を食べ歩いて、ネットで紹介していくことで、自分の勉強としていきます。食べるほうの。
    美味しいお菓子ですが、近年は売れないのですね。私は中が餅と書いてしまいました、柔らかかったので求肥ではなかったかと思います。

    福田屋さんでは、特に銘をつけないといわれましたので、遊びでつけて楽しもうと思いましたが、ことのほか難しいですね。この紫蘇巻をアケビと見たて(勘違いして)つけようとしたのですが、他に思いつきませんでした。
    もっと気の利いた銘が思い付くといいのですが。

    ensyuu

    2010/10/3(日) 午後 5:04

    返信する
  • 顔アイコン

    そう言えば紫蘇巻、近年全く見なくなりました。

    銘は、山からのあけびのお土産と言う事で、”山苞”が実りの秋にぴったりでよいと思います、楽しいお話も広がりそうですね。
    器は、下のお皿がお菓子の色が綺麗に見えて好みです。

    [ sir**ayama*sub*ki ]

    2010/10/3(日) 午後 5:48

    返信する
  • 顔アイコン

    siragayamatsubaki 様
    ありがとうございます。
    自分で、何かを考えるときは、常に不安になりますが、そういっていただくと、うれしいです。
    これから、少しずつでも磨けるところは磨いていかないといけないと思います。

    この御菓子は、昔はよく見た御菓子なのですね。
    結構、面白い味でした。

    ensyuu

    2010/10/3(日) 午後 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    あけび、3年前我が家の庭に植え付けて今年初めて実を付けたのですが、カラスの腹の中に直行です。

    雀 政五郎

    2010/10/4(月) 午後 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    雀政五郎 様
    せっかくのあけびが…。
    カラスには、困ったものです。
    しかし、カラスは美味しいものを知っているのでしょうね。

    ensyuu

    2010/10/4(月) 午後 11:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事