ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

織部 和菓子

イメージ 1

 以前の記事で、何故この時期、織部、フクベ、伊部の三つを使うのかというこについての疑問が出ました。
 そのとき、ブログ友達の junajuna さんとsiragayamatsubakiさんが、開炉の時期の三部について、調べものをしたおられましたので、私も、ズルをして、ツイッターで聞いてみました。
 すると、kotoさんという方から、次のように教えていただきました。
 最近は便利ですね。

以下は、抜書きです。
 「一説によると、密教が仏部、蓮華部、金剛部の三部で成り立っている事に肖って…また、炉開きでは新瓢がご馳走で、織部の香合も使えるのも、炉が開いたから…三光というように、重なって使うのなら三つと…伊部を.古曽部でもかまいません。」
 「P.S.因みに法華経も三部経ですし.お茶は松竹梅とか…同じ作者の物や図柄なら三つ揃えるという、決まり事もありますよね…多分この辺の所も理由に入っているかと思います。」

 なるほど、仏教由来だったのですね。
 仏教が人々の生活に密着していたときは、三部と仏教といのは当然の関連だったのです。
 この説では、基本的に新瓢を使うための三部のようです。他に、ネットで調べても、似たような結果でした。

イメージ 2

 松江市の三英堂さんの御菓子です。
 銘は織部です。
 本当に、織部が多くなりました。前に紹介した織部上用と殆ど差がありませんね。


この記事に

  • 顔アイコン

    ああそうですか・・・伊部と織部はありますが・・・ふくべは

    どこさがしても !!!! 無いみたい トホホ

    [ のんのん ]

    2010/11/20(土) 午後 10:46

    返信する
  • 顔アイコン

    のんのん 様
    私も伊部と織部はありますが、ふくべがありません。
    それとも、自分で作りますか?

    ensyuu

    2010/11/20(土) 午後 10:53

    返信する
  • 大変お勉強になりました☆☆☆
    茶道も華道も仏教に伝来が深いですね。
    陰陽五行から言えば神道にも関係しているでしょうし。

    [ 遊菴 ]

    2010/11/20(土) 午後 11:13

    返信する
  • 顔アイコン

    開炉の時期の三部について、調べていただいたんですね。
    仏教の三部が由来だったとは考えが及びませんでした。
    開炉の時、新瓢を使うため織部等で三部を揃えたのですね。納得しました。

    今日は風流堂の織部上用とおぐらを頂きました、甘味が少し濃く感じましたが、おぐらの上にのっている小豆は美味でした。

    [ sir**ayama*sub*ki ]

    2010/11/20(土) 午後 11:57

    返信する
  • 顔アイコン

    ↑のふくべの作り方が載っていますwww.ueis.ed.jp/kyouzai/sinden17/hukube/hukube.html
    因みに"道の駅"で聞いても、夜顔の瓜(冬瓜ではありませんヨ)はありませんでしたが^^);

    [ sir**ayama*sub*ki ]

    2010/11/21(日) 午前 0:15

    返信する
  • 顔アイコン

    ごめんなさい、まったく意味がわからず、コメントを控えようかと思ったのですが、、、
    お茶やお菓子が好きなので、勉強したい気持ちでファンポチさせていただいて、わからないことを調べて勉強するつもりでいたのですが、
    むしろ、ensyuuさんのお話をわからないまま聞いて、いつの間にか雰囲気がつかめたらそっちの方が素敵だな〜と思うようになりました。季節と密接に関係があることがわかってきたので、冬はどうなるのかな〜と楽しみにしています!

    Hina

    2010/11/21(日) 午前 0:48

    返信する
  • 顔アイコン

    その後、いろいろ御調べ下さり、ありがとうございます!

    ふくべ…は持ってないです…

    古曾部もいいんですね。
    いろいろ知ると、またお道具合わせのいいアイデアがわきますね。
    お茶葉、奥が深く、幅が広い…(笑)
    ネット利用で、今まで気づかなかったことに気づき、世界が広がるというのはいいですよね。

    junajuna

    2010/11/21(日) 午後 2:54

    返信する
  • 顔アイコン

    siragayamatsubaki 様
    風流堂さんは確かに少し甘いかも。

    世の中には詳しい人がいるもので、今のネット社会も良いものです。
    ふくべの作り方、拝見しました。大変参考になりました。
    案外、簡単に作っているのに驚きました。
    夜顔の瓜を手に入れるのが大変ですね。Aコープで、探してみてもなさそうですね。

    ensyuu

    2010/11/21(日) 午後 7:46

    返信する
  • 顔アイコン

    Hina 様
    ポチ、ありがとうございます。
    私のほうも、松江の和菓子が、どのように見られているか、参考になり、コメントを拝見しています。また、御菓子をいろいろと食べることで、知らなかったこともわかるようになりました。
    ネットを始めて思うのは、ものすごく知識がある人に教え絵もらう機会が増えたこと、同じような疑問と悩みを持っている人が多いことに気が付いたことです。
    お茶をしているものが書いてますので、分かりにくい言葉など多いと思いますが、今後とも、よろしくお願いします。

    ensyuu

    2010/11/21(日) 午後 7:54

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    私も、疑問の一つが分かり、助かりました。
    これは、お茶の関係者にとっては一つの話題になりますね。
    ただ、私もふくべを持ってないです。
    自分で作るしかないですね。
    どうにかして、ふくべの材料の調達するかが問題です。

    今回、つくづく、ネットは便利と思いました。

    ensyuu

    2010/11/21(日) 午後 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    遊庵 様
    今回のことは、大変勉強になりました。
    文化というのは、一つが単独で存在するのではなく、それぞれが影響しあいながら、作られていくものなのですね。
    ある文化が仮になくなったとしても、別のものに形を変えて、存在し続けることもあるのでしょうね。

    ensyuu

    2010/11/21(日) 午後 8:03

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは^^
    炉開きの日、織部のはじき香合を使う旨を伺って以来
    疑問に思っておりました事が、ensyuu様を訪れる方々のコメントの
    やり取りで次第に明らかになって行く様子は
    お蔭様で、本当に勉強になりました・・・^^

    [ CHA・茶・チャ ]

    2010/11/21(日) 午後 8:58

    返信する
  • 顔アイコン

    お月様 様
    三人寄れば文殊の知恵とは、よく言ったものです。
    本当に、謎が解けましたね。
    これからもこう言うことがあると、良いですね。
    みんなで、知識を深めていけるのは、楽しいです。

    ensyuu

    2010/11/21(日) 午後 9:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事