ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

梢の錦

イメージ 1

 菓子銘を聞いたとき、なかなか良い名前だなどと思っていたのですが、そういえば「梢」って何? と考えてしまいました。イメージは持っているのですが、具体的に表現できない。ありていに言えば、「知らない」ことに気が付きました。
 辞書で調べれば、「木の幹や枝の先。木の先端」と書いてありました。
 なるほど、木の先端のことだったのですね。40になって初めて、明確に意味を知りました。
 和菓子で少し利口になりました。

 この御菓子は木の先に残っている最後の一葉の意味なのでしょう。
 最後の一枚は特別にはかなく、また心を打つものものです。この淡い色合いが、なんとも良いですね。

イメージ 2

 松江市の彩雲堂さんの御菓子です。
 銘は、梢の錦
 練り切りに餡の御菓子でした。
 皆さんは、「梢」の意味は当然、知ってましたよね。


この記事に

  • 顔アイコン

    わぁ、きれいな形ですね〜。。。
    色合いも素敵、私は夕暮れって銘にしたいところです。。。
    梢?
    そういえば、なんとなく知っている気がする、、、で
    やりすごしてきた気がします。
    私もひとつ利口になりました、笑

    Hina

    2010/12/10(金) 午前 1:03

    返信する
  • 顔アイコン

    Hina 様
    なるほど、夕暮のイメージがあります。それも夕暮れの一番最後、夕闇迫る頃の雰囲気ですね。
    梢の葉も終わりでしょうから、同じようなイメージを表現したものかもしれませんね。

    妻にも聞いてみたのですが、「枝のあたり?」という回答でした。大体、正解だけど少し違う。多くの人がなんとなく知っている知識なのかも…。

    ensyuu

    2010/12/10(金) 午前 1:13

    返信する
  • 正に職人技ですね。
    布ひとつの絞り方加減で、何にでも見えてしまいます。
    和菓子職人の技を守っていく、一端を少しでもになっていかなければと思います。

    きこまこ

    2010/12/10(金) 午前 10:37

    返信する
  • 梢の錦をいただきました♪
    わたしも「梢」の意味を知らなく昨日調べていた所でした★
    ひとつ勉強になりましたよね。

    りさ

    2010/12/10(金) 午後 4:22

    返信する
  • 顔アイコン

    冬のお菓子には金粉が使われていることが多い様な気がします。
    私は、梢の伸びている空の色かと思いました。
    きれいな夕焼けが、まるで梢にひっかっかっているように見えたのかなと思ったお菓子です。

    [ ショココマミー ]

    2010/12/10(金) 午後 5:01

    返信する
  • 顔アイコン

    毎日松江のお菓子を見せていただき
    毎回感心しています
    “こずえ”ひらかなのほうがやさしい感じですが
    良い銘ですね・・・感心

    [ miya ]

    2010/12/10(金) 午後 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    木を見ても梢ってあまり言わないのは私だけでしょうか?
    枝の先とかの言い方で済ましています 梢がどこかはじめて知りました
    知らない事が沢山ありますね!?

    宗水 

    2010/12/10(金) 午後 10:18

    返信する
  • 顔アイコン

    きこまこ 様
    色彩と形で御菓子をいろいろと表現する和菓子の伝統は、私達のようなものが、購入することで、成り立ちます。楽しみながら、職人の技を守れるのですから、お茶は良いものですね。

    ensyuu

    2010/12/10(金) 午後 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    りさ 様
    彩雲堂さんの御菓子は、綺麗ですね。ほぼ同じころに私と同じ疑問を持ち、同じ調べ物をしていたのですね。
    梢とは、良く聞き使う言葉ですが、知らないものですね。

    ensyuu

    2010/12/10(金) 午後 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    ショココマミー 様
    金粉が有ると無しでは、この御菓子の印象も大分、違ってくるのでしょうね。
    「きれいな夕焼けが、まるで梢にひっかっかっているように」とは、きれいな情景ですね。めに浮かぶようです。
    私は、最後の一葉くらいの発想しかありませんでした。

    ensyuu

    2010/12/10(金) 午後 10:56

    返信する
  • 顔アイコン

    miya 様
    日本海側の地方都市でありながら、和菓子屋さんが多いのが、松江の魅力です。
    そうですね。「梢」、「こずえ」比べると少し柔らかい感じがします。
    会記など作ることは無いのですが、もし作ることがあれば、こういう点にも気を配らないといけませんね。

    ensyuu

    2010/12/10(金) 午後 11:00

    返信する
  • 顔アイコン

    vaca 様
    ことばの使い方は、私も同じです。
    梢ということば、思えばそれほど使っていません。聞きはしますが…。
    言葉を知っていても、意味までは知りませんでした。
    よく言われますが、死ぬまで勉強ですね。

    ensyuu

    2010/12/10(金) 午後 11:03

    返信する
  • 顔アイコン

    お久しぶりです。時々見させていただいています。
    梢の錦、私は梢に残ってしわしわに熟した柿をイメージしましたが・・・。 削除

    [ 雄峰 ]

    2010/12/11(土) 午前 1:47

    返信する
  • 顔アイコン

    梢に残った、1個の柿でしょう。それに、夕日が映えている。どない?

    [ いたずら房厨 ]

    2010/12/11(土) 午前 7:00

    返信する
  • 顔アイコン

    雄峰 様
    お久しぶりです。
    去年、ご一緒してからはや1年ですね。
    そう思うと、早いですね。

    なるほど、残った柿のイメージなのですね。私は、思いもよりませんでした。こうやって、いろいろな見方が出来て、面白いです。

    ensyuu

    2010/12/11(土) 午前 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    いたずら房厨 様
    梢に残った1個の柿に夕日ですか。
    綺麗な、景色が目に見えてきそうです。

    ensyuu

    2010/12/11(土) 午前 7:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事