ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

紫の雪

イメージ 1

 何故、雪が紫なのか?
 降った雪が、地面に落ちて、土の色や落ち葉の色と混ざり合って、紫に見えたということでしょうか?
 そうであれば、松江ではそのような風景があちこちで楽しめそうです。
 近年、松江では雪が積もらず、降った雪は地面に落ちるとすぐに消えてしまいます。

 御菓子では、その雰囲気を落ち葉で、表しているのでしょう。

 でも、吹雪いている曇り空も少しだけ、紫のように見えるときもありますね。

イメージ 2

 松江市の風流堂さんの御菓子です。
 銘は、紫の雪。
 きんとんに餡の御菓子です。


この記事に

  • 顔アイコン

    銘 「紫の雪」 どんな状態の雪なのか気になります
    雪を表す言葉はいろいろありますが初めて聞く表現ですね!
    ensyuuさんの書いている通りなのかな?
    お菓子は美味しそうですね!

    宗水 

    2010/12/29(水) 午後 2:38

    返信する
  • 顔アイコン

    調べました 大徳寺銘酒 雪紫というのがありました
    「雪紫とは大徳寺近辺を紫野といい、その紫野の地に雪が降る寒いころ、大徳寺塔頭の住職様が名付けて下さった、由緒ある名前の日本酒で、やさしく、温もりがあ る大徳寺銘酒でございます。」

    宗水 

    2010/12/29(水) 午後 2:47

    返信する
  • 顔アイコン

    vaca 様
    紫の雪という言葉もあまり聴きませんし、実際に紫に見えることも難しいですので、今までの自分の経験で、名前を推測していくのですが、そういう想像をしていくことが楽しいです。

    大徳寺銘酒というのは、少し意外ですね。般若湯?
    大徳寺周辺は紫野というようですね。大徳寺の方のお軸にも紫野という名前が必ずありますし。
    雪紫という名前は、綺麗ですね。お茶の懐石に使えそうな、謂れですね。

    ensyuu

    2010/12/29(水) 午後 4:44

    返信する
  • 顔アイコン

    ↑なるほどー。紫野に降る雪かー。いいわー。

    [ - ]

    2010/12/29(水) 午後 5:42

    返信する
  • 顔アイコン

    紫けむる新雪の峰振り仰ぐこの心〜♪のディックミネの唄では???古いか??

    [ いたずら房厨 ]

    2010/12/29(水) 午後 6:00

    返信する
  • 顔アイコン

    今日はひとつ勉強させていただきました。
    それにしても、変わった色あいのお菓子ですね。

    [ ショココマミー ]

    2010/12/29(水) 午後 8:27

    返信する
  • 顔アイコン

    りんぷーどる 様
    大徳寺に降る雪を見ることがあれば、綺麗でしょうね。
    京都に真冬に行ったことがありますが、雪の京都はみたことがありません。見てみたいです。

    ensyuu

    2010/12/29(水) 午後 11:04

    返信する
  • 顔アイコン

    いたずら房厨 様
    ディックミネの唄ですか、さすがに、私には分からないです。
    雪に対し、「紫けむる」という表現があるのですね。勉強になりました。

    ensyuu

    2010/12/29(水) 午後 11:06

    返信する
  • 顔アイコン

    ショココマミー 様
    お菓子一つ拾ってみても、知らないことだらけです。
    しかし、想像が間違っていたとしても、その分楽しい思いが出来ます。
    お菓子の色合いは、確かに変わっていますね。

    ensyuu

    2010/12/29(水) 午後 11:09

    返信する
  • 顔アイコン

    煙草のけむりの事を 紫煙と言います 青白い白に近い煙(副流煙)ですが また、もやのことも紫煙と言うようですよ
    白より淡いことの形容なのでしょうか?

    宗水 

    2010/12/30(木) 午前 2:10

    返信する
  • う〜ん。
    銘の妙ですね。
    イロイロ妄想できます(笑)美しい言葉というのは…
    地面がうっすらと見える程度の雪をイメージしているのでしょうか。
    しかも、美味しそうです

    junajuna

    2010/12/30(木) 午前 3:17

    返信する
  • 顔アイコン

    白い色はやはり他の色が間に入ると一層生えて美しいですよね。私も雪が覆っている枯葉を想像しました。

    新しい年が、ensyuuさんにとってすてきな年でありますように。年末出かけますので、少し早いのですが、ごあいさついたします。

    [ bet*i*o_r*caso*i*35 ]

    2010/12/30(木) 午前 6:57

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    紫と聞いて、なかなか、雪は思いいたらないです。
    地面に落ちた雪が溶けるところが、真っ先に思いつきましたが、なかなか、納得とまでは行きません。
    猛吹雪の中の、空が紫色に見えたことが今まであり、そのイメージが自分にとって一番しっくりとしました。菓子の形は、地面に落ちた雪なのでしょうね。

    ensyuu

    2010/12/30(木) 午前 7:57

    返信する
  • 顔アイコン

    bettino_ricasoli_35 様
    雪の白は、はじめは白で綺麗なのですが、だんだんと色が付いてきます。その変わり方についても、独特の良さがあります。

    今年は、いろいろとイタリアの面白いお話を伺い、楽しく拝見いたしました。来年も記事を楽しみにしております、

    ensyuu

    2010/12/30(木) 午前 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    vaca 様
    紫煙というのは、莨の煙のことですね。
    莨をすわないもので、色をつぶさの見ないのですが、少し青白いのですね。
    多分、吹雪のときの雲の色に近いのかなと思いました。

    ensyuu

    2010/12/30(木) 午前 8:25

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事