ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

松の雪 和菓子

イメージ 1

 京都のお菓子が続きます。
 お菓子を買ってから、観光地や商店街を歩き回ったせいか、少し形が変わってしまったような…。

 最近、松の上に雪が乗っている風景を頻繁に見ているためか、少し感慨深いです。
 鮮やかな緑が印象的なお菓子です。

 京都市の亀屋良永さんのお菓子です。
 銘は、松の雪。
 キントンに餡のお菓子でした。
 餡は、漉し餡でなく、少しだけ粒がありました。
 それが、少しだけアクセントになったようで、美味しいと思いました。
 京都のお菓子は美味しいけど、ちょっと高いですね。


人気ブログランキング → https://blog.with2.net/in.php?1129479

この記事に

  • 顔アイコン

    美味しそうです。
    日本人は、キントンでこれだけいろんなものを表現できるから、すごいですね。
    緑と白だけで、松と雪…その景色が目に浮かぶようです。
    私も今月、久々に京都に行くので、いろいろお菓子を楽しんでまいります!

    junajuna

    2011/2/2(水) 午前 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    食べ物で、いろいろなものを作る発想に敬服します。
    形、色で、同じようなものを思い浮かべる文化というのものの不思議さを感じます。
    京都は、いろいろな和菓子屋さんがあって楽しかったのですが、多すぎて店を選ぶのに苦労しました。老舗のたたずまいも良いものですね。京都のお菓子めぐりというのも楽しそうです。

    ensyuu

    2011/2/2(水) 午前 1:01

    返信する
  • 顔アイコン

    和菓子も地域性ってあるのでしょうか。。。
    値段もさることながら、
    東京で売っているお菓子は、なんとなく
    つやっとしていて、丸いものが多い気がするのですが。。。
    松と雪、色々な季節の表し方がありますね。
    ぽち☆

    Hina

    2011/2/2(水) 午前 2:15

    返信する
  • 先週の稽古場のお菓子も「松の雪」でした。いろんな「松の雪」がありますね。

    [ - ]

    2011/2/2(水) 午前 9:04

    返信する
  • 顔アイコン

    いかにも松に雪が積もっているようです。
    8年くらい前に、こちらでも雪が降ったことがありますが、
    庭の松の木に積もった雪を思い出しました。

    [ ショココマミー ]

    2011/2/2(水) 午後 4:33

    返信する
  • 顔アイコン

    この頃は甘味の少ないお菓子を爐茲掘匹箸垢觀晃ですが
    虎屋さんのご主人のお話では、やはり甘いのは美味しいに
    つながると言っておられました
    京都のお菓子は・・・・東京のお菓子も・・・・・お高いです
    もう少しお手おてごろですと、若者も頂くのに・・・・

    [ miya ]

    2011/2/2(水) 午後 9:47

    返信する
  • 顔アイコン

    松の木に少しの雪なら風情がありますが、
    今年の日本海側の雪の多さだと、松の木が折れないか心配してしまいます。
    緑と白で松と雪、日本人だからわかる世界なのでしょうね?
    お抹茶が美味しく飲めるのでしょうね。

    宗水 

    2011/2/2(水) 午後 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    Hina 様
    ポチ、ありがとうございます。
    和菓子は、その地域で独自に発達していったものと思いますので、地域性があると思います。
    私も東京に行ったとき見てはいるのですが、心を打つ和菓子を見たことがありません。探せば、必ずあるとは思うのですが…。
    表現の方法も、地域性があるような気がします。ブログを始めてから、特にそう思うようになりました。

    ensyuu

    2011/2/2(水) 午後 10:37

    返信する
  • 顔アイコン

    りんぷーどる 様
    同じテーマでも、地域によって、お店によって、違うのが和菓子の面白いところですね。
    また、銘が、和歌の言葉や漢詩、禅語といろいろな要素があり、言葉でも楽しめます。

    ensyuu

    2011/2/2(水) 午後 10:39

    返信する
  • 顔アイコン

    ショココマミー 様
    静岡で、雪が積もることは滅多にないことなのでしょう。その分、その美しさを強く感じることが出来ると思います。
    松の上の雪は、白と緑の色の対比が本当に美しいですね。

    ensyuu

    2011/2/2(水) 午後 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    miya 様
    「甘いのは美味しいにつながる」という言葉は、深いですね。お菓子は単に甘みを押さえると物足りないし、かといって甘すぎるのも…。
    その時代の中で、最適な甘さを探り続けているのではと思います。
    生菓子は、松江の値段に慣れてしまうと、他の地域は高いと感じてしまいます。恵まれていると言うことでしょうね。

    ensyuu

    2011/2/2(水) 午後 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    vaca 様
    今年の雪は多すぎますね。
    少しなら風情がありますが…。
    今年は、枝の折れた松を沢山見ました。確かに、木が心配ですね。
    このお菓子を見て、松と雪を思うのは、日本人くらいだと思います。お菓子に、このような風情を持ってくる日本人の感性はすごいと思います。

    ensyuu

    2011/2/2(水) 午後 10:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事