ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

さわらび 和菓子

イメージ 1

 「さわらび」と聞いて、必ず思い出す和歌があります。

 「いはばしる垂水の上の早蕨の 萌え出づる春になりにけるかも」

 志貴皇子の和歌です。この方は古文の教科書には必ず名前がありますが、歴史の教科書には、必ず名前が載っていない皇族ですね。

 あまりにも有名な和歌です。
 この歌は、イメージが沸きやすく、これから春を迎える喜びに溢れています。

 このお菓子の早蕨は、歌にあらわされるように少し足場の悪いところに芽を出しているようです。小さな滝の水音が聞こえてきそうです。

イメージ 2

 松江市の風流堂さんのお菓子です。
 銘はさわらび。
 上用菓子です。
 萌え出づる春が待ち遠しいです。


人気ブログランキング → https://blog.with2.net/in.php?1129479

この記事に

  • 顔アイコン

    松江は今日も雪ですか?
    志貴の皇子は、天智天皇の皇子ですが、この歌以外には名前を聞きませんね。
    石走る・・・の歌が浮かんでくるお菓子ですね。

    [ ショココマミー ]

    2011/2/12(土) 午前 10:09

    返信する
  • 顔アイコン

    ショココマミー 様
    今日は、予報に反して、良い天気です。
    こうゆう予報のはずれはうれしいですね。
    志貴の皇子は、どちらかと言うと歌の世界に生きた皇子なのでしょう。
    この歌を残してくれたことを、感謝です。

    ensyuu

    2011/2/12(土) 午前 10:57

    返信する
  • 顔アイコン

    お菓子の世界は季節が先取りですね。
    和歌をそえられると いっそうに趣があります。
    みずみずしい春ですね。

    今日 干菓子でワラビをつくろうと幾つか打ったの
    ですが 今日の配合では半分に割れました。
    笹と松は上手く出来上がりました。
    別の配合で「早蕨」を打ってみようと思います。

    薯蕷饅頭は焼きゴテで雰囲気が 色々と楽しめて
    いいですね。 美味しかったでしょうねぇ。

    [ 楓香 ]

    2011/2/12(土) 午後 2:29

    返信する
  • 顔アイコン

    楓香 様
    和菓子は、先取りが多いです。
    和歌と季節をあらわす和菓子の銘とは当然、気っても切れない関係になるのでしょう。
    早蕨の和歌は、早春の雰囲気があり、瑞々しいですね。

    干菓子は、作るのが難しいそうですね。
    せっかく作ったにのに、割れてしまうとは、残念です。
    配合の具合が難しいのでしょうね。

    薯蕷饅頭は、どこのお店のものでも、美味しいです。
    そして、季節の風情をどうあらわしているかが、見所ですね。

    ensyuu

    2011/2/13(日) 午後 2:07

    返信する
  • 顔アイコン

    志貴皇子といえば白毫寺。
    ここのお寺、好きです。

    桃里

    2011/2/17(木) 午後 0:52

    返信する
  • 顔アイコン

    桃里 様
    白毫寺というお寺、はじめて知りました。
    萩の花が綺麗な、いいお寺ですね。
    奈良に行く機会があったら、行ってみたいと思いました。

    ensyuu

    2011/2/17(木) 午後 8:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事