ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

ひきちぎり 和菓子

イメージ 1

 このお菓子は、いろいろな呼び方、形があります。
 松江でも、ひきちぎり有り、ひっちぎりありと…。
 いろいろな地域、お店のものを並べると楽しいでしょうね。

 松江市の彩雲堂さんのお菓子です。
 外郎に黄身餡のお菓子です。
 今日は、曇り空で、うまく写りませんでした。

イメージ 2

 ひな祭りの時期に雪というのも、風情を言うべきか…。
 梅と雪、区別が付きませんね。
 ひな祭りの時期は、ひきちぎりが売り切れましたと言われたこともあり、やっとありつけました。
 今日は、少し遅いひな祭りのお菓子でした。



人気ブログランキング → https://blog.with2.net/in.php?1129479

この記事に

  • 顔アイコン

    junajuna 様
    私も、自分でブログで紹介してから、皆様のコメントを拝見することで、地方・お店でいろいろであると知りました。
    松江の中だけで、お茶をしていても、世界は広がらないな〜とつくづく思います。
    お雛様のお菓子は、女性の思い入れがあって、お菓子の中でも力が入っている分野のようです。
    沢山のお菓子が合って、食べきれないのが残念ですね。

    ensyuu

    2011/3/5(土) 午前 9:15

    返信する
  • 顔アイコン

    Hina 様
    ポチ、ありがとうございます。
    関東では、このお菓子はなんというのでしょうね?
    この時期に、和菓子コーナーにあるかも知れません。
    大体、このような形をしていますが、色はぜんぜん違うものが多いです。

    花が、綺麗ですよね!
    そして雪も!
    こういうものが、だんだんと美しいと思えるようになってきました。
    梅の実が実るのが楽しみです。

    ensyuu

    2011/3/5(土) 午前 9:22

    返信する
  • ひきちぎりですかぁ。
    なつかしいです。
    実家の方面では、お雛祭りで登場してました。
    お雛祭りのお菓子ですよね〜。

    お引越してから、見てないでね・・・(ってまだほんのちょっとしか経ってませんが。)

    売り切れるほどの人気、いいですね。
    昔も、間に合わなかったから、ちぎったおもちを出したんですものね〜♪
    はぁ、ホームシックになりそうです・・・

    museum

    2011/3/5(土) 午前 11:03

    返信する
  • 顔アイコン

    初めて見ました。当然食べた事もありません。
    チョット調べてみましたら、「あこや」とも言うと書いてある記事がありましたが、違う感じがしますね。
    京都虎屋のあこやは食した事がありますが、形は全然違います。

    [ krng223 ]

    2011/3/5(土) 午後 5:07

    返信する
  • 顔アイコン

    花なのか雪なのかよくよく見ないと判りませんね。

    ここのお菓子はういろう生地なのですね。

    桃里

    2011/3/5(土) 午後 6:21

    返信する
  • 顔アイコン

    museum 様
    ひきちぎり、ひちぎり、ひっちぎりといろいろ言い方があるようですが、お雛様のときのお菓子であり、三角のような形が共通していますね。
    京都のひきちぎりを見てみたいですね!
    このひきちぎりが、そのお店での最後でした。
    別のお店では売り切れてました。
    来年を待たねば、なりませんね。

    ensyuu

    2011/3/5(土) 午後 6:51

    返信する
  • 顔アイコン

    krng223 様
    「あこや」はこちらの地域で見たことが無いです。
    私も、見てみましたが、確かに、ひきちぎりとは違う洋ですね。
    和菓子の世界も、広いなと思います。

    ensyuu

    2011/3/5(土) 午後 6:55

    返信する
  • 顔アイコン

    桃里 様
    白い梅の花に、雪が積もると面白い風情になりますね。

    このお菓子は外郎です。
    別のお菓子屋さんは、求肥だったりします。

    ensyuu

    2011/3/5(土) 午後 6:57

    返信する
  • 女の子のお祭り、それだけでワクワクしてしまうのは、
    私だけでしょうか(^^ゞ

    本当に、来年が待ち遠しいです♪
    来年は実家へ戻って、ぜひ、レポートします〜〜。

    museum

    2011/3/5(土) 午後 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    museum 様
    私は、わくわくまでは…、でも、女性はわくわくする、お祭りなのでしょうね。

    来年の京都のお雛様にお菓子楽しみにしています。
    やはり、京都のお菓子は少し違いますね。

    ensyuu

    2011/3/5(土) 午後 11:04

    返信する
  • こんにちは♪ はじめまして。
    桃里様のところでお名前は存じておりましたが、今日は私の拙ブログにトラックバックをしていただきありがとうございます。
    このトラバの機能、いまいち理解していないので自分では使ったことがないのですが、なかなか便利なものですね
    引千切もいろんな形があるようで、面白いですね。私には初めての経験ですので新たな世界が広がるようで興味がわきます。
    春と冬がせめぎ合っているようなこの頃ですので、いろんな面白い景色が楽しめますね。これからもよろしくお願いいたします〜^^

    ささにしき

    2011/3/6(日) 午後 5:38

    返信する
  • 顔アイコン

    ささにしき 様
    訪問いただきまして、ありがとうございます。
    トラックバックについては、つい最近、やっと意味が分かり、始めました。
    本当に、便利な機能ですね。
    このお菓子は、呼び方もさまざまなら、形も様々です。
    それで、トラックバックで、集めてみるのも面白いかと思いまして、調べてトラックバックをしてみたら、結構、ありました。
    おそらく、もっと、いろいろな「ひきちぎり?」があると思うと楽しいですね。
    今後とも、よろしくお願いします。

    ensyuu

    2011/3/6(日) 午後 5:45

    返信する
  • 顔アイコン

    トラックバックでより詳しく解説いただき、誠にありがとうございます。菱餅の方は今年は半分食べて、昨日はやや遅れ気味ですがこちらの加賀地方ではひな祭りは月遅れでも祝うし、世間並み3月3日も祝うわけで・・・やや硬くなったのを細かく切ってアラレにでもしようと冷凍にして保存しました。
    さらにもう一重ねは無き義父にお供えしてあります。後日、私の口に入りますがねっ。
    こちらも寒さが戻り先週末は梅の花見と雪見を同時に愛でました。眺めるだけでお酒はありませんですがね。寒暖差がこたえますがご自愛くださいませ。

    志門

    2011/3/6(日) 午後 7:11

    返信する
  • 顔アイコン

    志門 様
    ひきちぎりは、呼び方もそれぞれで、不思議なお菓子です。
    加賀地方ではひな祭りは月遅れでも、3月にも祝うのですね。
    これも地方差があって、面白いところですね。

    同じ日本海側ですので、梅の花見と雪見を同時にというのは、こちらと同じです。
    出来れば、雪見酒というのも良いのですが、私は下戸なので、遠慮しました。今年は雪が多くて、こりごりしているところでもありますので…。

    ensyuu

    2011/3/6(日) 午後 7:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ハンドルネームというかニックネームから小堀さんと呼ぼうかとちょいと迷いました。かなり以前ですが小堀遠州の茶器の展示が金沢の美術館に来ていて拝見しました。奥ゆかしいけれど武家の香りがしてました・・・・。こちらは利休十哲のキリシタン・ユスト高山右近がマニラに流される前に住んで活躍した地です。
    余談ですが、父方の叔母は94歳で健在の淡交会の茶人です。

    志門

    2011/3/6(日) 午後 10:09

    返信する
  • 顔アイコン

    志門 様
    このハンドルネームは、遠州流の道具が好きだったので、なんとなくつけたものです。遠州流の箱は綺麗ですね〜。道具の好みも綺麗なものが多く好みです。松江の道具も武家の系統の道具が多いですので、私が遠州の道具が好きなのは当然の流れなのでしょうね。
    恐れ多い名前と思いましたが、そのままきています。
    流派は表千家です。

    ensyuu

    2011/3/6(日) 午後 10:18

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。3年前の記事にTB頂きまして、有り難うございます。
    お写真の松江の「ひちきり」は外郎と黄身餡なのですね。
    松江は茶の湯が盛んなところと聞いておりますが、色合いが春らしく、まずは目で春を楽しむ出来栄えですね。
    京都ではひちきりの外側はこなしで作っています。

    蓼花

    2011/3/7(月) 午前 0:05

    返信する
  • 顔アイコン

    蓼花 様
    ご訪問いただきまして、ありがとうございます。
    松江の彩雲堂さんは外郎を使っていますが、別のお菓子屋さんでは求肥だったりします。
    不思議なことに、呼び方もお店によって、微妙に違っていたりします。
    こなしを使うのは京都的ですね。

    松江もお茶が盛んなところですが、京都がやはりすごいと思います。

    ensyuu

    2011/3/7(月) 午前 0:15

    返信する
  • 今晩は♪ご訪問&TB有難う御座いました
    昨年の雛祭りに出掛けた処で「お抹茶とひきちぎり」のもてなしを受けました
    昨年の事で。。。美味しく頂いたのは覚えているのですが。。。
    彩雲堂さんの「ひきちぎり」は蓬がたっぷり入って、春の香りがしますね〜
    ひな祭りにピッタリののお菓子ですね〜
    またお邪魔しま〜す♪

    nutac43red

    2011/3/7(月) 午後 6:15

    返信する
  • 顔アイコン

    おごじょ 様
    ご訪問、ありがとうございます。
    ひきちぎりは、地方によって、いろいろで面白いですよ。
    このお菓子は外郎ですが、多分珍しいものになると思います。
    今後とも、よろしくお願いします。

    ensyuu

    2011/3/7(月) 午後 7:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事