ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

草摘み 和菓子

イメージ 1

 また、言葉から入ります。
 草摘みという銘を聞いて、なんとなく風景がイメージできるのですが、敢えて、調べてみると、大辞林では、春先に野原に出て摘み草を楽しむこととあります。そこからまた、摘み草を調べると、春の野原に出て若菜や草花を摘むことなのだそうです。
 なんだか辞書にたらい回しされているようで、というよりもバカにされている感じで、嫌ですね〜。

 要するに、春の野原で、草花を摘んで楽しむことなのですね!

 お菓子を見れば、花に蝶がとまっています。
 春、野原で遊べばこういう風景に出会うことでしょう。
 そこで、お茶でも点てて、春を楽しんでみたいですね。

イメージ 2

 松江市の三英堂さんのお菓子です。
 銘は、草摘み。
 練り切りに餡です。
 餡が、緑色で綺麗でした。
 蝶がとまっている花はどんな花でしょうね。


人気ブログランキング → https://blog.with2.net/in.php?1129479

この記事に

  • 顔アイコン

    辞書ってそんなところがありますよね。

    周りの煉り切りはカゴをイメージしているのでしょうか?
    そうならカゴの中に摘んだ草を入れて
    その上に蝶々が止まっている様子ですね。

    [ choppe ]

    2011/4/14(木) 午前 0:22

    返信する
  • 顔アイコン

    choppe 様
    なるほど!
    今、理解しました。
    そう考えると、餡が緑色であったことが説明できます。
    なるほど、草摘みで摘んだ花にとまる蝶だったのですね。
    カゴと考えれば、味わいも深まりますね。

    ensyuu

    2011/4/14(木) 午前 0:28

    返信する
  • 顔アイコン

    カゴに見立てたお菓子、発想が良いです。はじめてみたかも?
    野に出てお茶を点て春を楽しみたいですね。
    花粉がおさまってからですけど・・・。

    宗水 

    2011/4/14(木) 午前 7:25

    返信する
  • 顔アイコン

    お菓子から色々想像できて楽しいですね。
    この形、こちらにも有りました。

    [ ショココマミー ]

    2011/4/14(木) 午前 11:17

    返信する
  • 顔アイコン

    vaca 様
    私は、外側の練りきりがカゴという発想がありませんでした。
    カゴと思えば、風流ですね。
    このような、雰囲気の中で、野点など出来ると素晴らしいでしょうね。

    ensyuu

    2011/4/14(木) 午後 6:01

    返信する
  • 顔アイコン

    ショココマミー 様
    そちらにも、同じような御菓子があるということは、やはりカゴでしょうね。
    草摘みをして、花でいっぱいになったカゴに蝶が舞うなんて、綺麗過ぎますね。

    ensyuu

    2011/4/14(木) 午後 6:04

    返信する
  • 日本語って単語を並べ替えるだけで微妙にニュアンスが変わりますよね。
    “餡が緑色” と言うのと、“緑色の餡”では 違ってきますね。
    外国人が日本語はむずかしいという事の一つでもあるような。。。
    我が国は言葉ひとつでも繊細な心を持った民族なのかもしれませんね。
    お茶の世界は、尚更それを広く大きく捉えられている文化のように思えますが。。。

    ささにしき

    2011/4/14(木) 午後 7:51

    返信する
  • アバター

    今晩は〜
    お菓子だけ拝見して、思った事は、最初コメされておられるように私も、同感です。
    蝶は、押物ですか?
    凝ったお菓子ですね〜ポチッ♪

    [ Toyoko ]

    2011/4/14(木) 午後 8:50

    返信する
  • 顔アイコン

    なかなか草つみをして遊ぶ…ということもありませんが。
    このお菓子と銘から、いろいろイメージできていいですね。poti☆

    どうも犬を散歩で連れて行くせいか、野の花って犬の小がかかってそうで(笑)触る気になれません(^_^;)

    junajuna

    2011/4/14(木) 午後 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    sasanisiki 様
    日本語は、順番を少し変えるだけで、ニュアンスが変わって嶋しますね。
    摘み草と草摘みでは、イメージに違いがあるようですね。
    案外、お菓子は摘み草の方が、良かったのでは…。
    そうゆう微妙なこと遊びは、お茶の世界では、よくありますね。こういう世界を大切にしたいですね。

    ensyuu

    2011/4/15(金) 午後 9:25

    返信する
  • 顔アイコン

    toyoko 様
    やはりカゴのようですね。
    そのほうが、イメージも膨らみますし、綺麗ですね。

    蝶は、特に何も考えずいただきましたが、練り切りだったような気がしました。

    ensyuu

    2011/4/15(金) 午後 9:29

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    ポチ、ありがとうございます。
    さすがに、カゴに花を摘んで遊ぶこともないですね〜。
    最近は、むやみに花を摘まないようにしています。

    犬の小は、掃除や道端の草抜きをするときも、結構、気を使いますね。

    ensyuu

    2011/4/15(金) 午後 9:32

    返信する
  • 蝶のある上生菓子って、何となく、アニメっぽいというか・・、キャラクターというか、グ○○のおまけっぽく見えてしまう時があって・・・、あまり好きではなかったのですが・・。この「草摘み」はとっても素敵です。

    [ りんご ]

    2011/4/16(土) 午後 10:05

    返信する
  • 顔アイコン

    りんご 様
    具体的なお菓子というのは、面白く無いですね。
    どちらかというと、少し抽象的なお菓子の方が、雰囲気が出ます。
    このお菓子は、蝶があることが、それほど気になりませんね。

    ensyuu

    2011/4/16(土) 午後 10:22

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事