ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

イメージ 1

 ある方が、京都の茶会でいただいてきたお菓子です。
 官休庵の利休堂に「濤々(とうとう)」と書かれた額がかかっているそうで、意味としては、松風と同じで釜の湯が煮えるときの音をあらわすそうです。

イメージ 2

 そのこともあってか、官休庵のお家元の有隣斎宗匠のお好みだそうです。
 「うりんさい」と読むことを初めて知りました。名前を漢字で見ることがあっても、なかなか他流派のお家元の名前まで覚えていないものです。
 官休庵さんは島根にもゆかりがあり、結構、されている方がいます。

イメージ 3

 京都市の京華堂利保のお菓子です。
 銘は濤々。
 少し固めの麩焼き煎餅に、刻んだ大徳寺納豆を練り込んだ餡をはさんで有りました。
 グルグルの渦巻が印象的なお菓子ですね。


人気ブログランキング → https://blog.with2.net/in.php?1129479

この記事に

  • このようなお菓子も、目先が変わって面白いですね。
    お茶席の会話もきっといつもと違ったものになりそう。^−^

    *hime*

    2011/4/21(木) 午前 9:28

    返信する
  • 顔アイコン

    麩焼き煎餅に 大徳寺納豆ですかぁ〜
    食感を 楽しめる御菓子ですかねぇ〜。

    ぐるぐる渦巻きが いいですねぇ〜

    りき

    2011/4/21(木) 午前 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    美味しそうですね。
    お抹茶は勿論のこと、普通に煎茶や番茶にも合いそうです。

    桃里

    2011/4/21(木) 午後 0:47

    返信する
  • 顔アイコン

    いつも見るお菓子と違った新鮮さがありますが、歴史のあるお菓子なのでしょうね?
    渦巻きが印象的です。

    宗水 

    2011/4/21(木) 午後 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    大徳寺納豆が入っているとは、美味しそうです。麩の焼でも少し甘めになっているのでしょうか。

    [ krng223 ]

    2011/4/21(木) 午後 8:59

    返信する
  • アバター

    今晩は〜
    大徳寺納豆の塩味が、甘さを引き立てるのですね〜。
    お番茶にも合いそうです。
    そういえば、近世の大茶人、不味忌が24日ですね。
    ポチッ♪

    [ Toyoko ]

    2011/4/21(木) 午後 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    choppe 様
    私も、このお店は行ったことが無いのですが、家元とかかわりのあるお店ですので、独特の雰囲気があると思います。
    こういうお店に入って、お菓子を見ると確かに、楽しいでしょうね〜。
    小遣いの許す限り、楽しみたいのですが…。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午前 5:47

    返信する
  • 顔アイコン

    ショココマミー 様
    最初、この漢字を見たとき、「とうとう」とは読めなかったです。
    また、松風と同じ意味があることも初めて知りました。
    言葉から、いろいろなイメージを楽しむのもお菓子の楽しみ方の一つですね。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午前 5:50

    返信する
  • 顔アイコン

    *hime* 様
    このお菓子は、家元好みですので、そういう話は弾むかも。
    家元好みのお菓子というのは、多分、珍しいと思います。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午前 5:52

    返信する
  • 顔アイコン

    りき 様
    麩焼き煎餅が、固めで、面白かったです。
    少しだけ大徳寺納豆が練りこんである餡で、美味しいものでした。
    餡の量が結構ありましたので、食感も楽しめました。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午前 5:56

    返信する
  • 顔アイコン

    桃里 様
    確かに、お薄だけでなく、紅茶でいただいてもいけます。
    ただし、値が張ると思います。
    家元好みですから。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午前 6:00

    返信する
  • 顔アイコン

    vaca 様
    京都のお菓子は、また違った雰囲気を持っています。
    このお菓子は、官休庵の先々代の家元の好みです。その家元の関係の茶会で、配られたもののようです。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午前 6:02

    返信する
  • 顔アイコン

    toyoko 様
    大徳寺納豆の甘さがほんのりとあって、確かに、甘さが強調されます。
    固めの煎餅との取り合わせは、あまり食べたことの無い感じでした。

    不昧忌は、こちらではあまりしません。
    個人的にされている方はいますが、大々的にされていません。松江の不昧流は、いろいろと分かれているので、なかなか、開催できないのでしょうね。

    いつも、ポチ、ありがとうございます。何とか、ポチに見合う記事を書かねばと思います。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午前 6:08

    返信する
  • 顔アイコン

    krng223 様
    麩焼きのほうは、甘みはそれほどありません。
    その分、餡の量が多く、甘みを楽しめます。
    食感といい、甘さと言い、面白いお菓子ですよ。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午前 6:10

    返信する
  • 顔アイコン

    涛々がそちらまで届いたのですね。
    好きなお菓子のひとつだったのですが、子供向きではないので何時しか、お店から足が遠退いていました。
    二条通りを車で走っていても目立たないお店の造りで、ついうっかりと前を通り過ぎてしまいます。
    また買いに行きたくなりました。

    蓼花

    2011/4/22(金) 午前 10:32

    返信する
  • へぇ、お家元好みのお菓子ってのがあるんですか。珍しいですね。表千家にもあるのかな?

    [ - ]

    2011/4/22(金) 午後 11:05

    返信する
  • 顔アイコン

    蓼花 様
    やはり、伝統のあるお店は、目立たないお店が多いのですね。
    松江にいる私のところまで、京都のお菓子が届くのですから、面白いものです。
    煎餅が固いので、子供には向かないかも知れませんね。

    私も、飼いに行ってみたいです。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午後 11:15

    返信する
  • 顔アイコン

    りんぷーどる 様
    私も、家元好みのお菓子は、知りません。
    表千家のこののお菓子があるのでしょうか?
    確か、お酒はあったような…。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午後 11:17

    返信する
  • お酒は「松の翠」ですね。おいしいお酒です。

    [ - ]

    2011/4/22(金) 午後 11:27

    返信する
  • 顔アイコン

    りんぷーどる 様
    それです。それです。
    一度、いただいた記憶があります。
    美味しいですね。

    ensyuu

    2011/4/22(金) 午後 11:38

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事