ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

水牡丹 和菓子

イメージ 1

 いかにも夏らしい御菓子です。
 これを冷やしていただけば最高です。

 そういえば、お茶で冷やして食べる御菓子というのは、案外、印象が薄いような…。
 夏のお菓子の焼葛は冷やさない御菓子ですよね。
 昔は、冷蔵庫というものが無かったので、その名残なのかと考えてみたり。

 この手の御菓子は、懐紙には取りにくく、また箸の扱いも難しいです。
 茶会では、トラブルと発生させやすい御菓子ですね。
 それようの懐紙もあるので、最近はそれほど困らないかも知れませんが…。

 松江市の風流堂さんの御菓子です。
 銘は水牡丹。
 葛に餡の御菓子です。
 ほのかなピンクがいいですね。
 するりと、飲み込んでしまいました。


人気ブログランキング → https://blog.with2.net/in.php?1129479

この記事に

  • 顔アイコン

    葛を通して覗くピンクがきれいです。
    ネーミングで、より一層素敵になりますね。

    [ ショココマミー ]

    2011/6/17(金) 午前 5:13

    返信する
  • 顔アイコン

    美味しそうで涼しそうで
    器の青磁がお菓子をひきたてていますね

    [ miya ]

    2011/6/17(金) 午後 0:08

    返信する
  • 顔アイコン

    葛系はまだ掴めそうですが錦玉は難しいでしょうね〜。

    透き通るお菓子は器の色が透けるのでその辺も気にしないとダメそうですね。

    [ choppe ]

    2011/6/17(金) 午後 0:22

    返信する
  • 顔アイコン

    素敵な 御菓子ですねぇ〜 水牡丹
    葛を通して 覗くピンクは ほんま 素敵です
    そして 青磁の器が 素敵さを 更に
    引き立てますね

    りき

    2011/6/17(金) 午後 1:02

    返信する
  • 水牡丹、美しいお菓子ですね。
    確かに箸で取るのは難しいですね。でもこの季節にはピッタリくるお菓子だと思います。

    yay*m*y1972

    2011/6/17(金) 午後 7:56

    返信する
  • 顔アイコン

    ショココマミー 様
    このような御菓子は、よく水牡丹という名前が付いています。
    よく、こんなに綺麗な名前を考えたものと関心します。
    季節の、美味しい御菓子ですね。冷やして食べたいです。

    ensyuu

    2011/6/17(金) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    miya 様
    個人的に、夏は、青磁が一番いいと思います。
    ガラスもいいかも知れませんが、やはり青磁が涼しく感じます。
    御菓子はより涼しく見えますね。

    ensyuu

    2011/6/17(金) 午後 9:46

    返信する
  • 顔アイコン

    choppe 様
    夏は錦玉も出ますね。
    茶会では、お客泣かせの、季節の御菓子です。
    つるりとすべる姿を見ることもしばしばです。
    稀に、悲劇も起こりますが…。

    確かに、器の色も、大事ですね〜。
    ガラスがあるといいなと思うこともあります。

    ensyuu

    2011/6/17(金) 午後 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    りき 様
    薄いピンクと、青磁の色合いが合っていて良かったです。
    こういう御菓子を冷やしていただくのは、大変贅沢ですね。
    でも食べにくいのが、珠に瑕です。

    ensyuu

    2011/6/17(金) 午後 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    みかん 様
    この時期の茶会の御菓子に使いたくなる御菓子ですが、悲劇が起こったときは、…。畳の上ならいいですが、着物の上だと…。
    でも、季節の美味しい御菓子。やはり、使いたいですね。

    ensyuu

    2011/6/17(金) 午後 9:57

    返信する
  • 顔アイコン

    おっしゃるように、この手のお菓子は、銘々皿などで出して頂いたらいいですが…
    水菓子用の懐紙もありますが、みなさん用意しているわけではないですし…
    美味しいですけど、大寄せ茶会で使うのはどうかと思いますね。
    大寄せで使いたがる先生がいて、ちょっと迷惑でした。

    junajuna

    2011/6/17(金) 午後 10:27

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    大寄せの茶会で、こういう御菓子が出ると、悲劇が起きる可能性がありますので、はらはらします。
    正客さんはお年寄りの方が多いですので、みんなが、正客さんの御菓子を取る場面に釘付けになったり…。
    稽古で出たときは、それは良い練習にですかね。ただ、茶席でお客さんに出すのは、向かないですね。大寄せで、この手の御菓子を使いたがる先生というのは、珍しいですね。確かに、迷惑。

    ensyuu

    2011/6/17(金) 午後 11:06

    返信する
  • 顔アイコン

    錦玉とかあと、濡れ燕という銘で出される、琥珀羹のものも手を焼きます。葛や蕨、本葛や本蕨ですと、冷蔵庫で冷やそうものならポロポロに固まってしまいます。
    夏場のお菓子は案外難しいです。

    桃里

    2011/6/18(土) 午後 7:58

    返信する
  • 顔アイコン

    桃里 様
    これから、夏の朝茶の時期を迎えますが、また、あの混乱が目に浮かびます。難しいですね。
    葛の御菓子を購入したとき、冷蔵庫には入れないほうがいいといわれました。確かに、その通りですね。そうなると、見た目で涼しくの演出が大事ですね。

    ensyuu

    2011/6/18(土) 午後 8:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事