ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

水楓 和菓子

イメージ 1

 涼しげな御菓子が続きます。
 プルプルの葛の中に抹茶餡がうっすらと覗く御菓子です。

イメージ 2

 水楓という銘は、少し変わっていますが、冷たい雰囲気だけは伝わってきます。
 少し冷やしていただきましたが、小振りなこともあり、あっという間に飲み込んでしまいました。

イメージ 3

 松江市の風流堂さんの御菓子です。
 銘は水楓。
 葛に抹茶餡の御菓子です。
 案外、縁高でも、見栄えがするので、驚きでした。


人気ブログランキング → https://blog.with2.net/in.php?1129479

この記事に

  • 顔アイコン

    プルプルで、のどごしよさそうで、美味しそうですね。

    葛に抹茶餡ですか。

    今度、学園の子供達とお菓子作りをするので、なんにしようかと思案中です。
    葛で型に入れるこういったお菓子も毎年作りますが、手早くしないといけないので、子供達と作るのは結構大変です。
    なんかいいレシピというか、綺麗に仕上がるやり方ってないかな〜と。
    ブログみながら、さすがプロ!思ってしまいました。

    junajuna

    2011/7/6(水) 午前 0:41

    返信する
  • 顔アイコン

    同じ葛でも、先日の薫風とはまた違った感じです。
    のど越しツルンとしていそうで、涼しげです。

    [ ショココマミー ]

    2011/7/6(水) 午前 6:29

    返信する
  • 顔アイコン

    御菓子の世界は 奥が深いっすねぇ〜

    あっ 先日 同じ感じの和菓子が なんて
    思ったけど 薫風とは また違った 食感
    のど越しを 楽しめそうですね。

    りき

    2011/7/6(水) 午前 11:35

    返信する
  • 顔アイコン

    葛は透明度が低いので下が黒でも大丈夫なんでしょうね。

    黒い器の中でいかに色を映えさせる事ができるかってのも
    品評会とかでは大切です。

    お店で販売するお菓子では意識しなくても良いんですけどね。

    [ choppe ]

    2011/7/6(水) 午後 1:46

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    葛のお菓子を自分で作るのですね〜。
    それこそ、さすがです。
    私はとても、…。
    それこそ、プロの和菓子職人さんに私のようなものでも作れる和菓子のレシピをと注文するようなしだいです。
    和菓子つくりのブログを拝見していると、やはり、プロと思うこと多々です。とても、お店に出しているようには行きません。

    子供達と和菓子つくり、楽しいでしょうね。
    また、その様子の記事を楽しみに慕います。

    ensyuu

    2011/7/6(水) 午後 6:01

    返信する
  • 顔アイコン

    ショココマミー 様
    先日の楓に比べこちらのほうが柔らかめだと思いました。
    餡が抹茶餡なので、少しいただきやすかったかも…。
    ただ、食べるのは一瞬のことですので、分かりにくいですが…。

    ensyuu

    2011/7/6(水) 午後 6:07

    返信する
  • 顔アイコン

    りき 様
    松江市内で、お菓子屋さんがたくさんありますので、同じようなお菓子がかぶってしまうのは仕方がないですが、全く同じではなく、微妙に、それぞれ個性があるところがすごいし、奥深いと思います。

    ensyuu

    2011/7/6(水) 午後 6:09

    返信する
  • 顔アイコン

    choppe 様
    先日の、全菓研連青年部コンテストの写真では、多くのお菓子が下が黒の漆器でしたね。
    多分、一般的には一番映える色です。ただ、夏のお菓子は、ものによってはぜんぜん映えないものがあります。やはり透明度おt関係があるのでしょうね。
    やはり、黒に映えるというのが、和菓子の基本なのでしょうね。

    ensyuu

    2011/7/6(水) 午後 6:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事