ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

青天也須喫棒

「せいてんまたすべからくぼうをきっすべし」。非の打ち所のない晴天すら、それに執着するのであれば、棒をくらわせねばならない。その境地に安住してはならないと言う意味。

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事