ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

百丈壊海禅師に一人の修行僧が「如何なるかこれ奇特の事」と尋ねた時の答え。この世の中で、もっとも素晴らしいことは、高く聳える山のてっぺんにどっかりと座り込んでいる。それが何よりも奇特なことと答えました。何事にも侵されない独立独歩の精神を持つということ。





この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事