ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

イメージ 1


 ある日、茶友の夕ざり茶事に伺いました。
 懐石が終わり、主菓子です。


イメージ 2


 主菓子はご亭主様が特別に注文したものとのことです。
 美しいくて美味しいお菓子でした。
 銘は、神の雫。


イメージ 3


 お菓子の後、お濃茶となりました。
 お濃茶も、美味しくいただきました。
 そして、薄茶になりました。
 その時のお干菓子です。
 開けるのが楽しみになるお菓子でした。


イメージ 4


 このような、楽しい発想が思い浮かぶと茶事をするのも楽しくなってくるのでしょうね。
 その気持ちが、客の私まで伝わってくる思い出深い茶事でした。


※現在、多忙のため、コメント欄を閉じさせていただきます。




この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事