糖尿病(他,色々)

コメント,ファン登録,を役に立つと思ったら御願いいたします。 投票も御願いいたします。

全体表示

[ リスト ]

HLA検査(白血球の型)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

HLAとは?  1954年フランスのDaussetはヒトの血液中の赤血球だけではなく、白血球にも血液型があることを見つけました。 これが「ヒト白血球型:Human Leukocyte Antigen」で、その頭文字からHLAとよばれるようになりました。
 しかし現在では、HLAは白血球だけの血液型ではなく、赤血球以外の体中の細胞に存在する「型」であることがわかっています。
特徴  HLAは親から子に遺伝します。 その遺伝子は第6染色体にあり、主な遺伝子座としてHLA-A座、HLA-B座、HLA-C座、HLA-DR座、HLA-DQ座があります。 HLA抗原はこれらの遺伝子によって決定され、図に示すような多くの「型」が存在することがわかっています。
 HLAはからだの防衛機能(免疫反応)の主役を果たしているため、骨髄や臓器などの移植の成否に大きく影響します。 そのため、別名を組織適合性抗原、または主要組織適合性複合体(Major Histocompatibility Complex ; MHC)とも呼ばれています。
注:( )付きの抗原は、(  )内の抗原がさらに分割されたものである
遺伝
HLA抗原は両親から1つずつ受け継いだ2つのHLA遺伝子によって形成され、それぞれの遺伝子座について2種類、あるいは1種類の「型」を示します。
血液センターでの検査  血液センターで行っているHLA検査は主にHLA適合血小板輸血のためと、移植の時に患者と臓器を提供する人(ドナー)のHLAの適合性を見るために実施しています。
1. 血小板輸血
 輸血を頻回に受けている患者さんでは、ある特定のHLAと反応する抗体(HLA抗体)が産生されることがあります。 この抗体が輸血した血小板のHLAと反応して血小板を破壊してしまい、患者に対する輸血効果が得られないことがあります。 このような場合、患者のHLAと適合した血小板を輸血することにより、血小板輸血効果が得られるようになります。 そのため、あらかじめ登録された献血者のHLA検査を行い、必要に応じて献血のお願いをすることがあります。
2. 移植
 HLAの異なる人の骨髄や臓器を移植すると、からだの防衛機能である免疫反応が働き、自分とはちがうもの(異物)として追い出そうとします(拒絶)。 しかし、HLAが適合していると、異物と認識できなくなるので拒絶は起こりにくくなります。 そのため、移植では患者のHLAと同じ型を持つ臓器を提供する人(移植ドナー)を選ぶ必要があります。
応用  また人種や民族によって特徴的なHLA「型」やその組合せがあります。 これらのことからHLAは、輸血医学や免疫学のほか、法医学(親子鑑定や個人識別)や人類遺伝学にも利用されています。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事