おもと日記

ご訪問ありがとうございます♪

全体表示

[ リスト ]

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、おもとの本などがよく出ます。
初心者用の丈夫なおもとも人気です。
趣味の山野草、ブログをみているよ、といって遊びに来てくださる方が毎日こられます 
 
 
 
イメージ 1
鉢のいろいろ
楽焼き鉢 錦鉢 太鼓胴
鉢を太鼓に見立てている
上と下に鋲(びょう)を打って、線を立体的に作り、その間を削る
型ではこれは作れない
胴が太いので、根張りががっしりとしたおもとに向き
迫力がある
 
 
イメージ 2
太陽殿と薩摩鉢
薩摩焼
白地に華やかな絵付けをしてある
大葉おもとは薩摩おもととも呼ばれ、
この薩摩鉢も大葉によく合う
 
 
 
 
イメージ 3
長春閣と和楽の鉢
すべて手作り、京楽焼きの本場の鉢。
ひとつひとつ、窯に入れ、ハサミでだしているので、
窯きずがあり、デザインも素晴らしい
昔の古鉢もすべてその方法で作られているので、
窯きずがある
楽焼 錦鉢 和楽
 
 
イメージ 4
手島風 楽鉢
縄縁 富士に龍
盛り上がるイッチンの技法を使っている
手に取ってみると質感が違い、独特な鉢
 
 
イメージ 5
おもと鉢は、足があり、地面より一段高くなっています。
また、鉢底は、普通の人が見ると、あれ、こんなに大きな開いてていいの?といわれるぐらいの穴が開いています。
 
おもとは風で育つともいいますが、
通風を特に意識した鉢になっています。
 
職人にとってはなかなか難しいもので、
3点を均等に付けること、また高さも揃えることはとても難しいそうです。
 
足の形にも猫足や細い京足、また細工足の龍足、鯉足などいろいろ、
そこへ絵付けも、その立体感を使った花や鬼面、様々な絵付けが施されます
 
3点となっているのも、一番安定が良いため。
4点では1点浮いてしまい、ぐらぐらしてしまいます。
 
 
 
 
 
 
《趣味の山野草1月号》に、おもとのコラム『おもとのもと』第20回目の連載
今回は、【絵付け師の妙技 布施覚氏の錦鉢】水野豊隆
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 

1日1回のクリックが励みになります^^
 
 
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事