おもと日記

ご訪問ありがとうございます♪

全体表示

[ リスト ]

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、おもとの本などがよく出ます。
初心者用の丈夫なおもとも人気です。
趣味の山野草、ブログをみているよ、といって遊びに来てくださる方が毎日こられます。
 
静岡 久能山東照宮のおもとの欄間を見学させて頂きました
久能山東照宮の石段を登って行ったところ
美しい海が目の前に!!
イメージ 1
下に見えるビニールハウス、これすべて石垣いちごです!
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 3
久能山おもと市!
千円からおもとがあります。
品種もいろとりどり、黒鉢つきのサービス品も
お多福のような名前の縁起の良い物や、
獅子のような可愛らしい物が売れるそうです
ロープウェイからの参拝者と石段を登ってくる参拝者が合流する地点
 
 
 
イメージ 4
社務所入口
外輪山、縞獅子などが
おもと協会会長が毎月替えてくださっているようです
 
 
イメージ 5
社務所の中
おもとの生け花
 
社務所で宮司さんのお話をききました
家康が江戸城におもとをもっていったお話は有名ですね
また、『東鏡』『煙草葉』『燕尾』という3種のおもとの名前も付けました
 
東鏡は、家康の愛読書、また、煙草も家康は好きだったようで、
とても面白い
東鏡 Wikipedia
鎌倉時代の歴史書で、初代将軍頼朝から6代目までの将軍記
幕府の事績を記す。
 
 
 
イメージ 6
 
平成22年(昨年)10月、久能山東照宮の社殿は国宝に指定されました。
晩年を静岡で過ごされた徳川家康公が
遺命として久能山に眠ることを家臣に託した、
徳川家康公を祀る全国初の神社、それが久能山東照宮です。
 
国宝の社殿の石の間
おもとを蛙股の中に描き、左右に菊水を
下に鳳凰
 
イメージ 7
先ほどの写真を少し引いて撮ったもの
鳳凰の下は青桐
鳳凰は青桐の木にしかとまらないことから
 
その鳳凰の上に、そして、これらの中心におもとがある
 
 
久能山東照宮HP http://www.toshogu.or.jp/
その国宝に指定された社殿の中に、おもとの彫刻
 
 
 
イメージ 8
先ほどの写真の反対側
同様の意匠を社殿の左右に配している
 
イメージ 9
 
久能山東照宮
このおもとの彫りものは誰でも見れます
是非、久能山までお出かけになることあれば、
このおもとの彫刻を見てください!!
国宝に指定された社殿の正面
 
この拝殿の正面の欄間の彫刻「司馬温公の甕割」の裏側におもとの彫刻がありました
 
 
 
 
 
 
おもと(万年青)の育て方
 
おもとの栽培
 
  
 
《趣味の山野草2月号》に、おもとのコラム『おもとのもと』第21回目の連載
今回は、【おもとの防寒対策】水野博道
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 

1日1回のクリックが励みになります^^
 
 
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事