おもと日記

ご訪問ありがとうございます♪

全体表示

[ リスト ]

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、おもとの本などがよく出ます。
初心者用の丈夫なおもとも人気です。
趣味の山野草、ブログをみているよ、といって遊びに来てくださる方が毎日こられます。
 
 
 
手島鉢 
古い手島鉢をうつしたものです。
どっしりとした太鼓銅に、青海波。
余分なものをそぎ落としていったあとの美しい鉢になりました。
この渋さは、おもとに合います。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
七々子風加茂黒
加茂黒のみで絵付けをすると
このような味のある地合いになる
イメージ 2
 
 
 
 
手島風 雨垂れ アラレに七々子
雨垂れ型に区切り、上を手島風アラレに、下を七々子に。
アラレが大小さまざまあり、綺麗な鉢。
普段の七々子を焼くことと、手島風のアラレを焼くことで、
手間は倍かかっています。
アラレの部分は、ひび割れや、窯ではじけることもあるので、
技術が必要です。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
一角風 蟹
一角氏は、様々な造形を得意とした陶芸家。
その一角氏に師事した喜山氏が造られました。
 
一角氏の手作り鉢 太鼓胴 縄縁 くぼみ足
 
 
イメージ 4
 
 
 
一角風 蟹
横から見ると、、、
立体感がよりわかります。
イメージ 5
 
一角風 蟹
 
 
イメージ 6
 
 
 
一角風 蟹
面白い鉢ですね。
今、この鉢が作れるのは、この作家さんしかいません。
 
この職人の世界は厳しい世界で、喜山氏も、
一角氏に教わったといっても、手取り足とり教えてもらったわけではありません。ただ、見るだけ。技術の一番難しいところは一角氏も夜、誰もいない工房でされるため、完成品をみるだけ、というところから、
技術を習得されました。
 
布施氏の龍足の記事にもありますが、この龍足も喜山氏の技術です。
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
松竹梅
こちらも立体鉢イメージ 8
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
おもと楽焼 錦鉢販売 Q
ご紹介した手島鉢、立体鉢や、高級鉢まで沢山のっています
 
 
 
 
 
 
 
 
萬年青の栽培
 
おもとの豊明園
 
他の記事もついつい見入ってしまう記事ばかり
こちらで立ち読み出来ます
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 
 
 
《山野草マニアックス vol.26》 別冊 趣味の山野草
出版社 栃の葉書房
P93から102まで 豊明園 水野雅章
おもと協会青木会長 久能山東照宮
静岡おもと大会 新潟赤塚おもと美術品評会
 
 
《趣味の山野草4月号》に、おもとのコラム『おもとのもと』第23回目の連載
今回は、【太陽】水野豊隆
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 

1日1回のクリックが励みになります^^
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事