おもと日記

ご訪問ありがとうございます♪

全体表示

[ リスト ]

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、おもとの本などがよく出ます。
初心者用の丈夫なおもとも人気です。
趣味の山野草、ブログをみているよ、といって遊びに来てくださる方が毎日こられます。
 
 
 
おもと園芸錦鉢K
雨垂れ アラレ青海波
イメージ 1
 
 
 
おもとの錦鉢(にしきばち) 一水氏絵付け
下に青海波、上はアラレ文と落ち着いた幾何紋が丁寧に描かれており、
華やかさと静けさが上手にマッチしている。
上の黒地を生かした余白の美がにくい作品。
一水氏の作品の中でも特に好きなものの一つです。
 
 
 
 
 
おもとは、鑑賞する時や、展示する時、錦鉢に植え込んで
楽しみます。
自分のお棚の一番の木は、縁足金や、錦鉢に植えて
床の間でも、自分の書斎でも、飾って楽しまれる方が多いです。
 
 
おもとの錦鉢の柄は、渋い物から派手なものまで様々ですが、
上の写真のような渋い物はおもとに良く合い、
飾って楽しむにも落ち着きがあり、長く楽しめます。
 
雨だれ柄は、上下の異なる柄を雨だれの線で区分けした柄です。
掛け流し、のような柄ですね。
昔ながらの柄ですが、上下の柄の違いや、雨だれの描き方で
ずいぶんとレパートリーのある柄です。
 
 
 
イメージ 2
同じく、一水氏の絵付けで、
雨だれ 花
 
上の花をぐっと強調して、分厚く垂れている感じがいいですね。
上と同じ雨だれでもかなり感じが変わります。
下は黒。
 
 
 
 
イメージ 3
 
縄縁 古鉢写し 花
喜山氏絵付け
 
こちらは、雨だれとは違った柄の区切り方ですね。
唐草様に区切ってあり、また面白いです。
同様の絵柄の古鉢(こばち)があり、それを写したものです。
 
 
多くの今の錦鉢は先人の残したデザインを使っていて、
天皇家にも錦鉢を献上した布施氏は、
古鉢写しで作った作品があまりに見事で古鉢と見分けがつかないほど!
悪い業者が時代をつけて高く売っていた、なんて話も残っています。
 
多くの作家さんが昔のデザインを真似、そして自分流に変化させて
新しい錦鉢を作っています。
 
 
 
 
 
イメージ 4
縄縁 亀甲 菊唐草
この鉢も、古鉢を写した、伝統的な柄です。
 
雨だれの中に亀甲を描き、唐草、菊を上手に添えた錦鉢。
色使いも古鉢当時のままです。
明るい元気な鉢ですね。力強い縄縁もよいですね。
 
 
 
 
以前、お客様の古鉢を買い取りにお供で付いて行ったおり、
そのお宅で素晴らしい古鉢を沢山見せて頂きましたが、
こういった雨だれの文様に特に惹かれました。
 
同じ雨だれなのに、上下の絵のちがいでぐっと落ち着いたり、
逆に遊んでいるような華やかな気持ちにさせてくれたり、と
その錦鉢の表情の変化は面白いものでした。
 
余白の美、というか、黒い地や白い地が上手に使ってあり、
静かな気持ちで鑑賞できました。
 
 
 
 
雨だれの錦鉢、いかがでしたでしょうか?
どれも個性があって私は大好きですね。
七々子も、この雨だれもまだまだ素晴らしい図案が沢山あります。
新しい錦鉢や、古鉢で、また、展示会で探してみてください。
 
おもと錦鉢 七々子(ななこ)
 
 
おもと楽焼園芸錦鉢K
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
吉祥合わせ
青海波や亀甲、七宝、雷門などが、直線的な線で区切られ、
合わさっている吉祥柄。
 
こういった錦鉢はどのおもとにも合い、
引き立ててくれる。
 
縁起もののおもとらしい柄。
華やかで部屋に飾るのにも最適。
 
 
 
 
 
イメージ 6
五龍写し 唐草  喜山氏絵付け
昔からの柄。
 
唐草文様は世界中で古くから描かれてきた図案。
 
 
実在の蔦(つだ)などではなく、想像上のもので、
四方八方に永遠のび、繁栄をつづけ、
衰える事のない理想の草花と考えられてきたそうです。
 
長寿、延命、子孫繁栄、再生、などを象徴する文様です。
 
荘厳や永遠の象徴として、
世界中の神社仏閣でも目にすることができます。
 
融通性のある柄で、こちらもレパートリーは数限りなくあります。
 
 
 
3面、少しづつ柄が変わっています。
このデザインは面白い。  
 
 
 
 
 
 
 
おもと楽焼園芸錦鉢K
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おもとの消毒  おもとの病害虫と防除 
 
 
萬年青の栽培
 
おもとの豊明園(ほうめいえん)
 
他の記事もついつい見入ってしまう記事ばかり
こちらで立ち読み出来ます
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 
 
 
《山野草マニアックス vol.26》 別冊 趣味の山野草
出版社 栃の葉書房
P93から102まで 豊明園(ほうめいえん) 水野雅章
おもと協会青木会長 久能山東照宮
静岡おもと大会 新潟赤塚おもと美術品評会
 
 
《趣味の山野草4月号》に、おもとのコラム『おもとのもと』第23回目の連載
今回は、【太陽】水野豊隆
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 

1日1回のクリックが励みになります^^
 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

おはようございます。
今朝は立派な鉢を紹介していただき、有り難うございます。
どれも良いですね。
傑作と村応援ポチです。

2011/8/3(水) 午前 5:03 [ 野村風蘭研究室 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事