おもと日記

ご訪問ありがとうございます♪

全体表示

[ リスト ]

草木錦葉集と萬年青鉢

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、おもとの本などがよく出ます。
初心者用の丈夫なおもとも人気です。
趣味の山野草、ブログをみているよ、といって遊びに来てくださる方が毎日こられます
 
 
 
 
 
英国王立園芸協会日本支部内 RHSJコンテナガーデニング協会
http://www.rhs-japan.org/rhsjcgs/index.html
〒170-6038 東京都豊島区東池袋3-1-1 
サンシャイン60 38階 
TEL 03-3984-9690  FAX 03-3590-378
 
2011年8月19日(金)14:00〜16:00
会 場   スター研修センター神田 801会議室 
101-0053 東京都千代田区美土代町3-2 神田アベビル8
 
 

〜陶工と絵付師の結晶〜
「日本人が愛したコンテナ〜古典園芸植物鉢〜」
    講師:(社)日本おもと協会理事 水野雅章
 
講習会のテーマ
おもとの鉢について
1.おもとについて
2.久能山東照宮のおもと彫刻
3.引越しおもと鉢
4.おもとと鉢の値段
5.黒鉢の製造 澤製陶所 
6.鉢の絵付け 布施覚
7.江戸時代から現代の鉢、作家
 江戸時代の文献と鉢
 明治時代の文献と鉢
 東城一角・手島二・龍山・興楽園
 短冊屋和楽 工房
  
草木錦葉集  全7冊
文政12年(1829)刊水野忠暁(ただとし)著
著者の忠暁は幕府旗本。 草木の培養に長け斑葉植物を集大成した本書を著した。
1031種、すべて図入り 絵は大岡雲峯と関根雲停。
イメージ 1
 
 
水野忠暁
おもとの類二十三品、おもとふくりん並別布の類四品、おもと変り実の類三品、おもと上方にある品二十二品をあげ、三八品種のおもとを図説している。
『ふくりん小おもと』
1853年 小万年青高価をにて売買を禁ず と幕府の禁令がでています。
イメージ 2
 
 
 
 
世界的にも珍しい斑入植物のみの植物図譜。
編者の水野忠暁(忠敬とも) の珍稀植物のコレクター
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
家康ゆかりの「永島」  永縞布引
家康公が持ち込んだとされる伝説のおもとが「永島」です。
持ち込んだおもとの培養を臣下の永島某に任せたので、おもとを「永島」と呼ぶようになった、「永島」というのは「ジャンル」のようなものであるなど諸説があります、古い文献から「永島」についていくつかの情報が得られます。
イメージ 4
 
 
 
 
『太鼓胴花唐草文黒鉢』
江戸時代の『金生樹譜』に掲載されているおもと鉢イメージ 5
 
 
 
参考資料
『萬年青の歴史』 豊明園
 
 
 
 
 
 
 
 
 
萬年青の栽培
 
おもとの豊明園(ほうめいえん)
 
他の記事もついつい見入ってしまう記事ばかり
こちらで立ち読み出来ます
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 
 
 
《山野草マニアックス vol.26》 別冊 趣味の山野草
出版社 栃の葉書房
P93から102まで 豊明園(ほうめいえん) 水野雅章
おもと協会青木会長 久能山東照宮
静岡おもと大会 新潟赤塚おもと美術品評会
 
 
《趣味の山野草4月号》に、おもとのコラム『おもとのもと』第23回目の連載
今回は、【太陽】おもとの豊明園 水野豊隆
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 

1日1回のクリックが励みになります^^

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

おはようございます。
今朝も、古典園芸の良さを再確認できました。有り難うございます。
何時も村応援を有り難うございます。
本日の傑作と村応援ポチを完了しました。

2011/8/19(金) 午前 7:23 [ 野村風蘭研究室 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事