おもと日記

ご訪問ありがとうございます♪

全体表示

[ リスト ]

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、お正月の生け花でも使われるおもと。
そのおもとは、観葉植物として『緑の宝石』のように楽しまれています。
 
大発見!
徳川家康がお宮参りをした
岡崎・六所神社にも、おもとの彫刻がありました
三代将軍家光が社殿を再建しました
六所神社  
 
安産の神様として祈願をする人が多いです。
愛知県岡崎市明大寺町耳取44
豊明園から車で15分の場所
楼門  重要文化財 貞享5年(1688年)
松平氏(徳川)発祥の地松平郷の六所神社より祭神の勧請を受けて創建したものです。徳川家康の産十神として江戸幕府の厚い保護を受けました。石段は家康の命日にちなんで17段で作られています。昔は五万石以上の大名しかこの石段より上に上がれなかったそうです。
楼門 重要文化財
貞享5年(1688年)
楼門は4大将軍家綱が寄進したものといわれています。
松平氏が三河入国以来、代々崇敬厚く天文11年(1542)12月26日岡崎城にて竹千代君(徳川家康公)ご誕生の折には産土神としてご拝礼になった。三代将軍家光公の御真筆の『六所大明神』御額
拝殿 重要文化財
寛永11年(1634年)
三代将軍家光公が再建したものです。
寛永11年から13年(1634〜36)にかけて、御普請奉行本多伊勢守と神主大竹大膳久次により社殿および神供所をご造営されました。
この時に本殿、幣殿、拝殿を連結し華麗な彩色を施した権現造の社殿が完成。彫刻や色彩が華やかです。
幣殿
幣殿の中央右上に彫物のおもと
金覆輪のおもとに赤い実を付けています。
金覆輪のおもとに赤い実を付けています。
すこし葉が波うっています。
神供所 重要文化財
寛永11年(1634年
神供所 重要文化財
右から2番目の位置に蛙股の中に2株のおもとが彫られていました。
おもとの歴史
久能山東照宮
久能山東照宮2
おもとの品種紹介
全国大会 琴治
琴治 神戸大会
おもと(万年青)の育て方

1日1回のクリックが励みになります^^
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

えっと、初めてブログに書き込みさせて貰います(人´∀`)
迷ったんですけど、どうしてもありがとうを伝えたくて書き込みしました(o^∇^o)

スポーツとかでもそうですが、ブログも小説みたいに書き手のセンスが問われるんだなって。
同じようにブログを書いてる者としては刺激的でもあり、実力の差を知ってちょっとがっかりしたり笑o(^-^)o

でも純粋に一読者として楽しくブログを拝見させた貰いましたし、あっというまにファンの一人になってました(о´▽`о)

自分のブログでもないのにちょっと書くか迷ったことがあるんです。
というのもちょっと抱え込んでる悩みがあって。
私の悩みにどんなことを、おもとブログさんなら言ってくれるんだろうって率直に知りたい気持ちです。

koikaren@i.softbank.jp

時間がある時でもちろん構わないので、もしよかったら連絡を貰えませんか。

2015/2/25(水) 午後 5:21 [ kik*q*qwpg*r ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事