La Fragile 〜Citroen C4 Blog〜

メッキリ更新なくてすみません(-_-;)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

3月27日(日)、WRC第3戦ラリーポルトガルの競技最終日デイ3がファロを中心に行なわれた。
合計4本のSSを走行し優勝は前日1位のセバスチャン・オジエ(シトロエンDS3 WRC)。
2位は31.8秒差でセバスチャン・ローブ(シトロエンDS3 WRC)、
3位はローブと3分22秒1差でヤリ‐マティ・ラトバラ(フォード・フィエスタRS WRC)という結果になっている。









イメージ 2

オジエが2010年のラリージャパン以来となる優勝を飾った。
デイ2が終了した時点で1位オジエと2位ローブの差は37.6秒差と大きく開いていた。
前戦のメキシコでは最終日ローブとオジエの一騎打ちとなった際、
オジエがコースアウトしまさかのリタイアに終わった。
そこでシトロエンは無用な戦いを避けるようオーダーを発し、
両ドライバーともポジションキープの走りに切り換えた。
オジエはこれでポルトガル2連勝。去年WRC初優勝を決めたポルトガルで再度ポディウムの最上段に立った。

優勝の望みを断たれたローブも、最終ステージでベストタイムをマーク。
今季より導入されたパワーステージ該当SSということで追加の3ポイントを獲得した。
ドライバーズランキングではトップのヒルボネンと同ポイントに並んだ。









イメージ 3

フォード勢はパンクやマシントラブルが重なりラトバラが3位に入ったものの、トップから4分14秒6遅れと完敗。
ミッコ・ヒルボネン(フォード・フィエス タRS WRC)はSS15でドライブシャフトを破損し
5位に落ちるもサービス後のSS16ですぐさま4位に浮上した。
ストバートのマシュー・ウイルソン(フォー ド・フィエスタRS WRC)は5位。








イメージ 4

また、デイ1で計4本のパンクを喫しデイリタイアとなったペター・ソルベルグ(シトロエンDS3 WRC)は、
その後ベストタイムを連発して追い上げ、最終のSS17でキミ・ライコネン(シトロエンDS3 WRC)をとらえて
6位を得ている。       
(RALLY PLUS.NET)










イメージ 5

…WRCの世界も今では日本メーカー等の関わりがすっかり薄くなってしまいましたが
東日本大震災に対して、お見舞いのメッセージが多く寄せられました。
ラリーの方はDS3の戦闘力にすっかりお墨付きがついた格好で頼もしい限りですが
ローブとオジェのチームメイト同士の争いが激化の様相となっています。
今回ローブは2位となりましたが最終ステージのエクストラポイントもキッチリ獲得しており、
この辺の積み重ねもチャンピオンシップの行方を面白くしてくれそうです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事