ここから本文です
寅二の小部屋
すんませんが、答えられない・答えたくない質問を含むコメントはスル−させていただきますのでご了承ください

書庫全体表示

記事検索
検索

石ばっか見てる^^;

スフェーンを買うのが、ちっちゃな夢のひとつなんですが…

いらなくスフェーン・ルースなんて検索したりすると、アフィリエイト

広告んとこに、毎回毎回、スフェーンのルースが出てくるんです。

そこから、リンクをたどって、どうせ買わないくせに、あれもいいな

これもいいなと、画像の石ばっか、眺めてます、最近。

煩悩もいいとこです。

で、その極め付けがこれ。


素人目で見ても、これはいい石ですネ。

36.20CT、380万だって。一体、誰が買うんだろう…^^;

私じゃないことは、確かだけど。


主観的虹

久々に虹を見た、私は虹を見ると必ず願い事がかなう、と言っても

願い事を抱えていること自体が私には珍しいのだが。



考えてみれば、湿潤な気候の日本では、常にどこかで、虹は見られる

たとえ私の目に映らなくとも、

雲の上(中?)には、必ず虹があるだろうし、一片の雲もない晴天でも、

滝や噴水がどこかに必ずあるだろう。

日差しがあるなら、如雨露で水を撒くだけでも虹は出来る。

こういう虹は、常に存在しているが、私の目に入ることはなく、

したがって、私はそこに、意識を向けることもない。



ちなみに、虹を見た→願いがかなう、というのでは、順番が逆。

願いは、その時既に叶っている。後から思えば、そういえば

あのタイミングで虹を見たな、またジンクスどおりだったな、

となるのが常だ。

今回、特に、抱えている願いごとなんていうものがなかったのは

冒頭にも書いたが、私はその虹を見て、心がゆったりのびのびと

ほぐれ広がっていくのを感じた。

おそらくこの意識の転換こそが、このジンクスの、最大の

ご利益なのだろう。



皆様の願いも叶うといいです
イメージ 1


巡礼

自宅から、5キロ程行ったところの山の中に、霊験あらたかな

お地蔵さんがあります。

地蔵盆なんで、昨晩、宵宮におまいりしたのですが、飽きたらず…

今日「ただ一人、かちより詣でけり」。

往復たった10キロでしたが、山ん中なんで、さすがに疲れました。

イメージ 1


ばあちゃんの命日

数日前、祖母の命日でした。命日当日は、私は不在の予定だったため、

その前の晩、仏壇に花を飾り、夕飯にはささやかながら、

ちらしずしを作って、家族皆で賞味しました。

父は、その翌日の朝、「今日はなんの日?」と聞いても、

答えられませんでした。母もまた、同様でした。

この先、私が死んで、息子や、将来息子の配偶者となるかもしれない者は、

今の私の父母がそうであるように、家族の命日など、気にも留めない

のかもしれません。

それはそれで、時代の流れというか、仕方のないことなのかも

しれないのですが…

私より古い人間であるはずの父母が、神仏を全く恃まない人間であり、

それはそれでもいいのですが、あまりにも、信仰心というものが

なさすぎると、娘である私が情けなく思うのは、何かおかしな話です。

私は、古いのでしょうかね。

イメージ 1

ばんげ

ここいらへんでは、晩御飯のことを、方言で、「ばんげ」と言います。

「朝餉」に対して「晩餉」なのかなぁ。

でも、「夕餉」という言葉ありますよね。

「晩餉」という言葉があったのか、それが語源で「ばんげ」なのか、

ググってみましたが、よくわかりません^^;気になる。



今日のメニューは…↓こんなかんじ^^

支度は済んだので、散歩に行ってきま〜す!!!

イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事