ここから本文です
寅二の小部屋
すんませんが、答えられない・答えたくない質問を含むコメントはスル−させていただきますのでご了承ください

書庫全体表示

記事検索
検索

今日の酒のアテ。

イメージ 1

手づくりの、ゴマ入り堅豆腐の味噌漬けに、粒マスタードを塗った奴(^_^)うまい。
PCなしの私生活なんて考えられない!と思っていたのですが、意外と

大丈夫です。と、姉のPCで書いている(笑)

新聞で、羽田圭介さんの新作についてのインタビューを読んだんですが

流行作家と呼ばれるようになる人というのは、時代の一歩先を読む

感覚が並外れてすごいんだなと、改めて思いました。

10年前に書いていた作品が、今、新刊として刊行されて、それが

今に通じるって。まぁ、そこが普遍性を描く、純文学という

ものなんでしょうけども。


実は。最近、以前あれほど悩み、このブログにも、何度も書いたことのあった、母と姉の関係が、改善しつつある…そんな気配を、ビシバシ感じています。この頃すごく、母が穏やかで…以前の母からは、考えられない程に。びっくりする程に。そう感じるようになったのと、姉の調子の良さがつづいている、と気づくのが、同時進行で…もちろん、このまま小康状態が続いたとしても、昔のままの姉が戻ってくる訳ではないことも、分かってはいるつもりですが。


そんな喜ばしい状況のなか、困ったことがひとつ。


姉に対して「物申す‼」と、言う役割に、母に変わり、私がなりつつある…(^_^;)
ということ。


母と同じ轍は踏みたくない私です。が、良いお手本などもちろんありません。姉と長く接する時間があればあるほど、ツッコミたいことが色々、起こって来ます。イライラし、怒りたくなるし、呆れ果てるし、ガッカリします。
けど、敢えて何も言わない、私はそれを徹底しようかな、と考えています。正しくは、ないのかもしれず、いずれは方針転換を迫られるかもですが、今は、そうしてみるしか、ないのかなと…。


溜息が、何度も出ますが…言いたい言葉を飲み込む度に、私の頭に浮かぶのは、「思しきこと言わざるは腹ふくるるわざなり」というフレーズ。

寝込み正月

年越しは、仕事でした。が、風邪をひいてしまい。仕事以外の時間は寝てばかりの、寝正月ならぬ、「寝込み正月」になってしまいました。で、やっと、昨日からお休みで実家に帰ってこられ、今、少しだけ、お正月気分です。申しおくれましたが、みなさま、あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願い申し上げます(^^)。

今日は久々に息子と外食をし。私のちっちゃな夢が、ひとつ、かなえられました(^^)それは、息子に帰りの運転を命じて、自分は飲んだくれること‼(^^)
息子と2人で出かけた食事先でビールをたのんで、酔っぱらうというのは、私にとって、生まれて始めてのことでしたので、ちと、感無量です。次、叶えたい夢は、やはり、二十歳になった息子と、今度は一緒に、乾杯することですかね。

イメージ 1

三連休でした。

世の皆様方は、あすからの三連休に、心が浮き立っておられるところかもしれません。私の三連休は、今日でおわっちゃいますが…(^_^;)。

しかし、やりたいことをほとんど済ませられる余裕はあったので、よかったです。奇跡的ともいえる好天に恵まれた昨日、息子と私の部屋の大掃除と、窓拭きを済ませられました。大体は、11月半ばくらいの天気のよい日に窓拭きしてしまうのですが、(そしてひどいときには、大掃除を年明けに、とかさえしちゃう私ですが)今年は、休みと好天がなかなかかち合わなかったんです…で、こんなに年の瀬が差し迫ってきてからの大掃除になってしまいました。しかし、まあ間に合ったからいいのです。年内セーフで。よしよし。

あと、私はお出かけすると、チケットや、パンフレット、その時買い物した時のレシートなんかをスクラップしておくのですが、その作業をほぼ1年くらいサボっていたため、部屋に2つある机のひとつに、地層が形成されてしまい…まぁ、凄まじい散らかり具合だったのですが、やっとその発掘調査も終わりました(^_^;)
ビフォアーはとてもお見せできる状態ではありませんでしたが…今はこんな感じになってます(^^)この平穏もいつまで続くやら?

イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事