ここから本文です
寅二の小部屋
すんませんが、答えられない・答えたくない質問を含むコメントはスル−させていただきますのでご了承ください

書庫いらっしゃいませ

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

アマガエル

イメージ 1


イメージ 2


多分同じ子。カエルでいるって楽しい?幸せ?だとしたら、いいのですが。
写真ではわからないのですが、完全なアーチを描く、虹の橋でした。あなたにも、見てもらいたかったので、せめて写真で。

イメージ 1

少ない。
…ということを、この頃思います。

思うこといわでぞただにやみぬべき我とひとしき人しなければ(在原業平)と、同じ心なのかな…

昔の自分

昔、よく「私なんか生まれてこなきゃよかったんだ」と思った。

今の私は、「生まれてこない状態(=無)」というものを、一体、どのように感知して、その当時の自分と引き比べていたのだろう。何を根拠に、「無の方がマシ」のようなことを思ったのだろう、ということが、非常に、気になっている。

昔の自分の方が、色々、物知りだったのだろうか。頭がよかったんだろうか。単に、傲慢だっただけだろうか。わからないなあ。人生は、可逆性のない選択の連続だから、選ばなかった方の選択肢など、所詮空想でしか知り得ないのだ。そして、空想は空想でしかない。

正しい休日

休日の前の晩、遊ぶ。写真は全くないが、今や「唯一のマンガ友達」さんと一緒に、食事&プチ花見をした。プチ、というのは、花がもうほとんど散り加減だったことや、桜祭りの出店がもう軒並み片付け中で、「祭りの後」感が全開だったため。行きたいな〜と思っていたお店は閉店後だったし…(^_^;)でも、誰かと夜桜見物(散ってたけど!)なんて、10年以上、していなかったかも。とても楽しかったです、Tさん!!コーヒー、すごく嬉しかったです、マンガもありがとでした!!

自宅に帰りついてから、しばらくDVD見てから、フロ入って寝たのが12時くらい?

朝、眠りが浅くなった瞬間に、結構激しい風雨で、ざんざと荒れているのを意識のどこかでキャッチしながら、寝続ける。布団から出たのが朝の10時半くらい…( ̄▽ ̄;)寝坊は私の休日の一番の幸せなので、もう誰も何も言わなくなった…(以前は母がかなりうるさかった)

起きたら、おもむろに、ブランチにかかる。内容は…BLTに、目玉焼きもプラスしたサンドイッチ(^O^)

イメージ 1



食べ終わったらまた眠くなってしまった…猫も、外に出られないので、一緒に二度寝。どんだけ寝るんだ。でも、これぞ正しい休日、なのだ(多分)。

次起きたら、雨上がりだったので、散歩に出た。同じタイミングで、猫もパトロールに出た。散歩は久しぶりの山越えコース。

イメージ 2


今年初のこのコースはきつかった…でも、汗流して爽快。
帰宅後、姉が用意してたフロに夕食、その後やっと家事、掃除洗濯を少しだけ…。友達とメールやりとりして、晩酌して、夜10時にはまた、猫と一緒に寝る…正しさ全開の休日であったことよ。

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事