チェンマイ風物詩

大好きなチェンマイでの暮らしぶりの中で『チェンマイのすばらしさ』を紹介いたします。

全体表示

[ リスト ]


ハノイ市内に2つの歴史博物館があるのをご存知でしょうか?
1つは今まで通りの歴史博物館で、もう1つは革命博物館が名前を変えて、歴史博物館になりました。やっやこしいですが、歴史博物館が2つあることになります。

私は南部解放記念日の4月30日にハノイでイベントがなかったので、午後から歴史博物館に行きました。入場券は2つの博物館がセットになっており、4万ドン(約200円)でした。

『ホアンキエム湖』から南東側にオペラハウスや歴史博物館などのフランス統治時代の西洋風の建物が残っているエリアがあります。
格調高い西洋風の建物『オペラハウス』です。現在でもいろいろなイベントに使われています。
イメージ 1


同じ通りにある今まで通りの『歴史博物館』です。
イメージ 2


この博物館にはベトナムの先史時代から現代までの歴史が綴られいます。
イメージ 3


もう1つの『歴史博物館』(旧革命博物館)は、今までの『歴史博物館』の向かい側にあります。フランス統治時代は税務署として利用されていました。
イメージ 4


この博物館の最初のコーナーでは、フランスの圧政に立ち上がった人や武器が展示してありました。
イメージ 5


80年間のフランス統治時代は、フランス人(1番上)が君臨し、その下にいるベトナム人の特権階級が多数の人民を犬、馬のように奴隷扱いをしていました。
イメージ 6


ベトナム人はフランスの圧政に対して、抗議をしましたが、フランス軍(右)を使って、武力で押さえました。
イメージ 7


ベトナム人民は武力を持って、フランス軍と戦いました。
イメージ 8


その時のベトナム人民の指導者が若き日のホーチミンです。
イメージ 9


第2次世界大戦中、ベトナムを統治していた日本軍が負けたので、1945年9月2日にホーチミンは独立宣言をしました。
イメージ 10


その後、フランスが再び介入したので、フランス軍と戦争になりました。その当時、ベトミンベトナム独立同盟会)が使った武器です。
イメージ 11


1953年、若き日のニクソンアメリカ副大統領がフランス軍陣地を視察しました。
イメージ 12


その後、アメリカと戦争になり、B52から北爆が始まりました。その時の爆弾が展示されていました。
イメージ 13
私は沖縄出身で沖縄の嘉手納基地からB52が北爆しているのを複雑な気持ちで見ていました。ベトナム戦争は沖縄にも様々な影響を与え、ベトナムについては、特別な感情を持っています。

1973年、ベトナムから米軍が撤退しています。
イメージ 14


米軍撤退後は、北ベトナム軍、ベトコン(南ベトナム解放民族戦線)の快進撃が始まり、1975年4月30日サイゴンが陥落し、ベトナム人の悲願であった南北が統一して、独立を果たしました。ベトコンの女性兵士の手がサイゴンを指し手います。
イメージ 15


『歴史博物館』(旧革命博物館)の外側では、路上の散髪屋があり、のどかに散髪をしていました。
イメージ 16



他のブログを見たい方はクリックしてください。





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事