チェンマイ風物詩

大好きなチェンマイでの暮らしぶりの中で『チェンマイのすばらしさ』を紹介いたします。

全体表示

[ リスト ]


私は9月1日(土)〜4日(火)3泊4日でハジャイに行って来ました。ハジャイ(正式名称ハートヤイ)はタイ南部最大の商業都市で、小バンコクと言われています。

タイは歴史的、文化的に4つの地域に分けることができます。バンコクを中心としたタイ中央部、チェンマイを中心としたタイ北部、イサーンと呼ばれているタイ東北部、この3つの地域には、生活したことがありますが、
最後の1つタイ南部はまだ、行ったことはありません。今回、エアアジアのプロモーションで安くして行くことができました。

チェンマイ、ハジャイ(バンコク経由)の往復はエアアジアの飛行機で行きました。
イメージ 1


この南部行きは長年の念願だったので、日本専門旅行代理店『L.C.M.T
TOUR』のヌンさんに前から頼んでいました。往復切符は旅行代理店の手数料も含めて、航空費用は3100バーツ(約11500円)でした。
イメージ 2


エアアジアの航空機で9月1日13時35分チェンマイ空港発、バンコクのドンムアン空港経由して、19時5分ハジャイ空港着でした。

ハジャイ空港内で女性が頭にスカーフを巻いているのを見て、タイ南部に来たことを実感しました。
イメージ 3


空港内の出口前にハジャイ市内行きのミニバスのカウンターを見つけました。市内までは約40分で、運賃は60バーツ(約200円)です。空港タクシーを利用すると、250バーツ(約800円)掛かります。
イメージ 4


このミニバスでゲストハウスの近くまで行きました。
イメージ 5


ミニバスは20名乗りでエアコン付きで快適でした。
イメージ 6


ハジャイ市内の中心街は鉄道の駅の中央部(左)の東側です。私が泊まったキャセイゲストハウス(真ん中の赤色)は、駅の中央部から歩いて5分以内の所です。
イメージ 7


このゲストハウスは繁華街のど真ん中にあり、その周りには、銀行、ホテル、旅行代理店、飲食店、お土産品店、ショッピングセンター、地元の市場などがひしめき合い、とても便利な所にあります。
イメージ 8


このゲストハウスの入り口です。
イメージ 9


1階は旅行代理店になっており、そこのフォーンさんはとても親切な人で、ハジャイのいろいろな情報を教えてもらいました。
イメージ 10


3階に受付(右)があり、レストランもあります。
イメージ 11


私はこのレストランで、3日(月)昼食を食べました。食事代は54バーツ(約180円)でした。
イメージ 12


私が泊まったダブル部屋です。ネット予約して、3泊代1071バーツ(約3500円)です。トイレやシャワーも付いていますが、設備は老朽化していました。
イメージ 13


ネットには載っていませんでしたが、、シングル部屋250バーツ(約850円)もあります。
イメージ 14



他のブログを見たい方はクリックしてください。

イメージ 16





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事