テント村便り

宮城県女川町を支援する個人ボランティアのテント村「だいじょうぶ屋」です。

テント村

明日から女川地方も寒くなるようです・・テント小屋の一部屋にコタツを出してくつろいでるんや・・コタツは置いてへんのやけど、やっぱりあったらアカンね〜なかなか出にくいもんです・・

今日の作業は、3名でお寺の補修・1名が民家の補修・・15;00頃には作業終了、潮が満ちて来たらテント村に帰れへんようになるので・・

3階立ての仮設住宅は6日から入居が始まった・・ここで何年間住むんやろ・・
イメージ 2


イメージ 4

イメージ 3イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

テント村

テント村のお父さんこと・・バングラおじさん・・兵庫県、篠山の岩下です・・最近は地元での後方支援が多かったんやけど11月に入って少し時間もとれるようになったさかい5日朝にテント村に来てます

震災後の間もない頃とは作業内容・支援物資・・ずいぶん変化してます、瓦礫の片付けなども一部の地区はまだまだ進んでない地区もあるけど町の中心部は片付いて来てる感じです

支援物資も冬に向けての品物が必要です・・石油ストーブ・毛布・・冬物服などは今テント村の倉庫が一杯なので整理中・・しばらくは物資を受付するのは難しいので了承ください

作業の内容は日曜大工的な作業がふえて来てます・・漁師さんが使う箱メガネの製作・仮設住宅の物置等の製作・・内容は多種多様です作業内容によっては引き受けが出来ない場合も・・又、お金の発生する場合もあります・・最近、だいじょうぶやの名前をかたった悪徳商売をしてる人もいてる様なので気をつけてほしいです

現在は牡鹿半島の端っこにあるお寺の補修で毎日追われています・・6日からは女川町の3階建て仮設住宅の入居がはじまり大勢の人たちが引越しをしています・・引越しのお手伝いのほうも人手が必要です・・今日は総合体育館まえで炊き出しをしてました・・

昼から雨でテント村で缶詰状態・・宮本さん・ぺこちゃん・吉田さんは今日帰ります・・テント村は今日から、まさちゃん・お父さん・倉さん・たつちゃんで作業を進めて行きます・・数日後には神戸から応援が来ます。

テント村の活動も無地かしい事もたくさんかかえてますが出来る範囲で進めて行きます。次回は出来るだけ映像でもみなさんに女川を紹介したいと思います。   テント村のおとうさん




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

テント村は寒いです。

どうもご無沙汰しています、テント村に滞在中のウェブ担当ひろちゃんです。


トミィがいったん高松へ帰省してしまいました。。
ブログの更新のほか電話の応対なども不十分で申し訳ありません。


代りに今日は私が更新します。
といっても今日で私も帰ってしまいますが。。


とりあえず現地PCでブログ更新ができるように再調整しておきました。
滞在中のメンバーはここから報告を上げてくださいね。
全国の支援者さんたちが待ってくださっています。


さて、テント村はすでに朝晩かなり寒いです。
息が真っ白になります。


が、なぜか蚊がたくさんいます(泣)。
動きは鈍いですが、刺されるとかなりかゆいです。
というわけで震える寒さの中で蚊取り線香を炊いてます。


こちらでの作業ですが、出島での瓦礫撤去やアルミなどの回収は一段落しました。
最近は仮設住宅のDIYや、大工仕事、イベントの手伝い・・・
などなど、みなさんそれぞれの得意分野で活動されているようです。


ちなみに私は今回、牡鹿ボラセンで作業に参加しました。
牡鹿半島ではいまだに瓦礫撤去のニーズがたくさんあります。
道中はガタガタのグネグネ道。しかも遠いです。
作業はかなりハードです。全身筋肉痛です。。


状況は相変わらずコロコロ変わるので一概には言えませんが、物資のニーズはある程度落ち着いて来ました。
いっぽうで、コンテナ商店街やマリンパルさんのように営業再開された店舗も増えていますので、物資の配給がご商売の妨げにならないよう配慮が必要です。


でも、牡鹿半島の先端のほうなど、遠隔地で孤立している仮設など、物資支援を申し出てこられる方もいらっしゃいます。状況をよく吟味しつつ、必要とあればウェブで引き続きご支援を呼びかけます。
昨日も飯子浜の仮設の方に新品の毛布などを贈りました。


あと、古着はもう引き取り手がありませんのでご了承ください。
古着をテント村に持ち込んだり送るのはご遠慮くださいね。


先日関東から来られたグループが電子レンジを寄贈してくださいました。
テント村でもチンができます。今朝ご飯をあっためました。すごく便利です。。


これからますます寒くなるので、テント村で滞在する方は十分に防寒してください。
あ、お風呂のボイラー故障中です。お風呂が使えませんので華夕美の日帰り入浴(500円・18時まで)をご利用ください。。


この記事に

開く コメント(0)

9月26日

9月は大変でした・・・
ちょっと平穏になったので9月を振り返ってみます。

4日から3日間石巻の浸水家屋復興のための
事務所作りのお手伝い
初旬は、12日の篠山からの団体を受け入れるための準備
17日の出島のお祭りの準備と
大きなイベントがあり、段取りに右往左往大忙し・・・

リピターのボランティアさん達のご協力もあり
13日のテント村コンサート&BBQもささやかながら
地元の中学生や近所の方、ボランティア、篠山のみなさんの交流を
持たせていただけました。

17日は出島で炊き出しや、運動会、花火大会を楽しみに
震災後、初めて島へ戻る方や、高校生、先生もお越しくださり
長くなったボランティア生活の中でも
私も、たっちゃんも最高に充実した一日になり楽しかったです。
夜遅く、船を出してくれたかっちゃんありがとう
船を誘導してくださった漁師さんたちありがとう
炊き出しに参加してくださった徳永さんご一行
郡島さんご一行ありがとうございました
当日参加したボランティアのみなさん
出島のみなさんありがとうございました。

運動会の参加賞は、支援物資で
夜、仮設へ送った小学生が、待ってたお母さんに
「僕、走って支援物資もらったよ!お母さんの毛布!!」
と、きらきらして報告してたのを聞いて
涙が出ました。
仮設住宅には、人数分の毛布は揃ってないそうです。
佐用町からいただいた、三つ折マットレスを持って行く人もいました。
当日なんとか間に合った石油ストーブは、区長さんに贈呈しました。

これから冬支度ですが、ニーズを聞き取ったものを
HPに掲載しています。
皆様からのご支援を、これからもよろしくお願いいたします。

21日からは、台風の直撃にあいました。
やっと入った仮設が雨漏り、道路の浸水、また避難した様子は
全国ニュースで、ご存知いただいてると思います。

テント村も電気のブレーカーを切って、皆避難しました。
幸い、西端のトイレとお風呂の一部が飛んだり壊れたりで
物資倉庫や調理場、小屋は少し雨漏りした程度で無事でした。
排水や瓦礫撤去に2日はかかりましたが、
皆様からいただいた物資も全て守ることができ、25日には島の清掃
26日にはアルミ等の積み込みを終え、
今日は、出島へ物資を運び込んでお渡しする予定です。

今日からまた数名が島に泊まり、仮設の整備や
見張り小屋を作る作業を続けます。

これからもいっぱい島で楽しいイベントを企画して
出島に、人が帰ってこれる場を提供し
漁業復興に向けて、漁師さんたちを応援しなければと思います。
壊滅的な被害を受けた女川町が
壊滅しないように働きかけるのは地元のみなさんですが
だいじょうぶや岩下さんやたっちゃん
その他大勢の力で
共に動き、共に考え、協力させていただき続けます。

ボランティアの皆
離れた場所から応援してくださる支援者の皆様
ブログの確認は
バングラ父さんの方で(^。^;)
よろしくお願いしま〜す
なるべく報告できるよう頑張ります・・・











この記事に

開く コメント(1)

8月27日

こんにちは〜!!
まだまだ暑い日が続きますが
みなさん体調など大丈夫でしょうか〜??


今回は、だいじょうぶ屋参加6日目の実崎が担当していますw
ちなみに、私は大学2年生で大分県から来ています。
ここはいろんな所から様々な人が来るので、面白いです!
これからちょっと長くなりますが、
今、私が感じてることをつらつらと書いていこうと思います。



いや〜時間ってのは早いですね^^;
もう6日経っちゃったって感じです。。
ここに来て、いろんな人と出会って、いろんな経験させてもらって
ほんとにいい所です!


最近は近所の方々や、お世話になっている漁師さんと仲良くなってこれて
少し前より充実感が増してきました!
お風呂を貸してくれたり、何もわからない私にどうやって動いていいかアドバイスしてくれたり、、、
この繋がりが私を更に成長させてくれているんだと思います。


日数が経つにつれて、女川町が今どうなっているのかを理解出来てきました。
海岸沿いはほんと壊滅的で、元に何があったのかさえわかりません。
住民の人気も少なく(瓦礫撤去が行われているので当たり前ですが)寂しい気がしてたまりません。。
大きなビルが倒れていたり、建物の中がぐちゃぐちゃになっているのを見ると
津波の恐ろしさを改めて実感します。
大分も比較的火山活動が活発なので、地震があってもおかしくないのに
普段から災害について考えることに欠けている気がします。
津波の力は強大で、一瞬にして全てのものを飲み込むんだなって思うととても恐ろしいというか・・・・
今回実際に現地に来て、今まで見ることの出来なかったものが一杯見えてきています。


それは、環境の変化だけではないと思います。
支援物資がだいじょうぶ屋には一杯届きます。
高価なものから安価なものまで様々ですが、全てのものにいろんな人の思いが詰まっていて、遠くの人とも繋がっているんだと嬉しくなります。
ただ、今は夏なのですが、今後秋に近づくにつれて寒くなってくるので、物資のニーズも変わって来ています。扇風機や虫除けスプレーなど、今大活躍のもののシーズンも終了です。。
今はこたつや毛布など、冬物が届くことも多く、持って行かれる人もとても喜んでいます。
支援してくれている方々、本当にありがとうございます!


また、未だに多くの傷跡が残っていると感じます。
普通に生活を送っているような方々でも、実際は深い傷を負っているのかもしれないと思うことが多くなりました。
避難所や仮設住宅の生活も大変だと思います。
便利な沿岸地帯は津波でやられていて、山奥や丘の上など不便だなと感じるところに多くあることがほとんどだと思います。
心の傷は目には見えません。
しかし、今はそれ以上に復興に向けて動く多くの人々の姿が、
とても印象に強く残るほど見えてきます。


今日は女川にある第一中学校と出島にある第二中学校の合同の運動会がありました!
だいじょうぶ屋のメンバー全員(三浦じいちゃん以外)
オリジナルの応援旗を作って、応援に行きました^^
代行バスの時間の関係で午前中のみでしたが、生徒達は支援物資のシャツを着て
みんな、とてもいきいきとしていて、震災のことを忘れさせてくれるようでした。

親 対 先生対 生徒で競争する出島名物の

大漁旗リレーは一番印象に残りました()
長い竹に大漁旗を3枚も付けたバトン!!
不思議度100%!
私も誘われましたが、無理だなと思って交代してもらいました^^;
今思えばやってみたかったかも・・・


そんなこんなで、有意義なボランティア活動が出来ていることに感謝です!!
私は、今月の30日までしか居られませんが、
残りの日数を精一杯頑張っていこうと思います\(^0^)
引き続きハエと蚊との戦いに全力で挑んでいきま〜す()


長い文章でしたが読んでくださってありがとうございました!!!


ではw


PS とみ〜より


  今日は午前中の作業は上記のとおり♪
 昼からは、私はたっちゃんと支援物資配布へ出かけました。
 昔ながらの、電気を使わない石油ストーブのニーズが高くなってます。
 街灯がないので、LEDのライトや、懐中電灯・ランタン等を
 求めてる方がとてもたくさんいます。
 皆様の応援がなければ私達は、届けることは出来ません。
 今後ともよろしくお願いいたします。


 トイレットペーパー・こたつ布団届きました!ありがとうございます!
 多くの出島用に物資をご提供下さった佐用町の方が
 30日には出島へ作業に参加されます。
 私も、案内に同行する予定です。
 今夜は星が綺麗です、明日も晴れますように♪



この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事