過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

保護団体「ケンの家」さん(http://kens-house.com/)が
ブリーダー崩壊の大規模レスキューに入られたようです。
以下記事のリンクには、レスキュー現場の写真も載っています。
 
自分に何が出来るのか・・・
と思うと無力感に襲われてしまいます。
でも、何かできることがあるはず。
 
こうした過酷な現実の中に、今もまだ沢山の犬たちが置かれているのも
ショーウィンドウに並ぶ可愛い仔犬たちが、どこから来ているのか
多くの人たちが、気づいていないからなのではないでしょうか。
 
一人でも多くの方に、現実を伝えていきましょう。
 
犬たちを救い出すために
大型犬の預かりさんが不足しているそうです。
沢山の資金も必要になります。
 
協力できる方は是非「ケンの家」さんにご連絡をお願いいたします。
 
 
自分は無力だとあきらめてしまったら
本当に無力になってしまいますが
微力でもみんなの微力が集まれば大きな力になりますし、
何かを動かすことができますよね☆
 
                                       
 
※以下は KDPさん裏ブログから転載です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
皆様 転載よろしくお願いいたします。http://blogs.yahoo.co.jp/mkmk_dogs/35430712.html
 
こういう所ばかりではありません。 しかしこういう所ばかりです。
子犬は30日で親犬と兄弟から離され 親犬は日光に当たることなく土を踏むことも無く
狭い檻のなかで死なない為の最低限の水とフードを与えられ無理やり交尾させられて
繁殖を繰り返しすぐに子犬を取り上げられます。
 
親犬は心が狂います。体はぼろぼろ。
そして店頭に並んだ子犬は見た目は天使のようにかわいいですね。
 
本当に天使かな? この子の親は?兄弟は?親犬 兄弟との大切な時間は?
一見天使に見えるこの子は心も体も健康?
 
良く見極めましょう。 これから迎える子犬の親の事。一番大切な部分です。
 
国民の意識が変わり需要が無くなることが一番の皆様の好きな言葉! 
 
動物愛護です。
 
殺処分問題も繁殖問題も保護ボラだけの問題ではありません。
何十年も保護ボラがやってきても終わっていません。
 
僕たち国民が狂った心に気が付いて変わっていくことができなければ終わりはこない。
 
毎日飲んでいるその牛乳の牛は放牧されていますか?
日光に当っていますか?
牛舎から一生出ないで機械で絞られていませんか?
その牛乳は本当においしい? 
 
僕は好きな犬を買って家族にすること 牛乳を飲む事を反対しているのではありません。
正しいのか? 見極めてほしいのです。
 
野菜を作った生産者のおじさんの顔と畑がスーパーに並ぶように
犬を買うなら犬舎の確認を! 牛のミルクを自分の子供に飲ませるならば牧場の確認を。
 
人間が生きるために彼らと共存して恩恵をもらうなら彼らに動物としての尊敬と権利を。
一番大切なことを人間が見ないから地球はぼろぼろ。
 
次の世代の子供達の為にも変えたいです。 殺処分問題も原発も温暖化も変な現代病も
全部一緒だとおもいます。 自分たちの体や自分たちの住む場所の首を自分達でしめて
最後に痛い思いをするのは自分達と次の世代。
 
なんだか書いていてよくわからなくなったけど、世界から見て日本は終わっちゃった国です。
 
がんばろー日本!
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(※以上転載終わり)
 
 
 
 
                                                  (た)
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事