Bikeと熱き夏

HONDAをやめてから10年、X-ADVで復活

TRAIL WING髭カット

保管場所で散らかさない様に作業出来る方法を思いつきました。
新聞紙を敷けば良いだけです。(汗

さっそくニッパーでチョキチョキ始めたのですが、根元までカット出来ません。
これじゃ駄目だって事でまた思いつきました。

イメージ 1
左から ニッパー 旧鼻○切りハサミ 新鼻○ハサミ

鼻○切りハサミだと刃先が丸くなっていてタイヤ自体を傷つけずにすみます。
切れ味から選択すると「新」ですが現役活躍中なので抵抗があります。
よって、切れ味の悪い「旧」で試みました。

やはり、そのままチョキチョキとはいかず指で髭を引っ張って根元をカットする事になりました。
時間は結構掛かりましたがメインスタンドがあるお陰で前後共楽に出来ました。

今回の思いつきはちょっと考えれば判る事でした。。


この記事に

開く コメント(0)

ブリヂストン髭

車幅が気になったのでハンドルの外〜外を計測してみると800ミリしかありませんでした。
NC750Xに無くてX-ADVとCRF1000Lにあるのはハンドガードなのでその寸法が車幅に影響してたんですね。
ハンドガードは外してしまったので実測値は判りませんがハンドル単体でも広いです。
交換可能そうな社外品は見つけたので、いづれ交換してみようかなぁと考え中です。

GW中は慣らし運転がてらお墓参りで300km程走行してきました。
高速が主体になる移動ですが3000rpmリミットとすると100km/h巡航です。
GW中のせいかサンデーOnlyらしいドライバーさんも多くビュンビュン抜かれる事はなく安全運転出来ました。
スクリーンが可変出来るので最上部にセットしての走行は快適そのもので走行風も風切音もほとんど感じない状態です。
しかし、ここで問題が発生〜
あまりに快適すぎて睡魔が襲ってきてしまいました。
SAに立ち寄ってスクリーンを最下段に戻し、休憩して再スタート。
今度は走行風は結構感じられましたが風切音は少なめでした。
帰路でも試しましたが、1段もしくは2段UPくらいが自分にはちょうど良い感じでした。
最上段は雨天時しかセットしないかも、です。

コーナーリングもネイキッドと変わらない感じで倒し込めます。と言ってもそれほど寝かせませんが。。
BUELLの特徴的な乗り方を覚えると、国産バイクは全て素直なハンドリングに感じてしまいますね。

しかし、相変わらずDモードはダルいです。
変速時の音と振動が気になります。
コーナー手前やコーナーリング中に勝手にギアダウンするタイミングは怖いかもしれません。
ECUはブレーキ作動情報も考慮するので、アクセル戻して不要でもSWを押す意味でブレーキを軽く握ると丁度良いタイミングでギアダウンしてくれる様です。
試しにアクセル戻しただけでノンブレーキでコーナーに入りましたが、入る直前でやらかしてくれました。
次にアクセル戻した直後にブレーキをチョンと握ると小気味良くギアダウンしてくれました。

何はともあれ早くS3モードで走りたいと思っていましたがGW明けにいつもの通勤路を走行してみると、凄く快適でした。
今までのバイクではストレスが溜まる朝のストップ&ゴーも楽しくなります。
アクセルを捻っても適度に加速する程度なので安心感もあります。
速くも無く、遅くもなく。。。ホント適度に加速ってのがピッタリです。
燃費は気にしない方ですが、さすが30km/Lって表示されていると”凄い”って思いますね。
燃費がメーターに表示される時代になってから初めて見た数値です。

相変わらず、本題が後回しになってしまいました。
タイヤの髭(スピュー)は走行して無くす物だと思っていました。
しかし、今回あまりに酷いので調べてみたところ国産ブランドはスピューをきちんとトリミングしてから出荷しているとの事。
う〜ん、BUELLの純正ピレリーは髭なんて生えてなかった様なぁ
逆に純正ダンロップはところどころに生えてた様なぁ

イメージ 1
ブリヂストンの新製品ですと

これは剛毛すぎるんじゃ?
真横から見るともっと酷く
「何これ?気持ち悪い〜。交換してもらえないの?」by嫁

通常タイヤ慣らしは100kmくらいで済むはずで、その頃には両サイド以外は無くなるんだけどなぁ。
あまりにも剛毛なんで、カットしようと思ったのですが、気持ち悪いのが散らかるから駄目との事で未だ放置です。
ニッパー片手にどこかで処理してこないといけません。
きっとわざわざバリエーション増やしたのに値切られて髭付出荷で折り合いつけたんでしょうか。

この記事に

開く コメント(7)

X-ADVの車幅って

前回の続きですが右側リアカバー内に設置するステーを見よう見まねで製作しました。

イメージ 1
加工のし易さを優先にAL1.0t板材を使用

最初は厚紙で作って適当に位置合せした割にはピッタリ納まりました。
ETC装置をこれに貼り付けたかったのですが、配線が短くて右側には持ってこれませんでした。

続いて自宅駐車時に邪魔になるハンドガードを外してみます。

イメージ 2
純正グリップヒーターが120ミリで元々標準グリップより短い

ハンドルが5ミリほど飛び出しておりバーエンドも逆向きに装着したので10ミリ隙間が出来ちゃいました。
これは恥ずかしい。
HONDAの車両に純正スポーツグリップヒーターは長さが1種類しかないらしく、ハンドルより短くなるらしいのですが、標準装備にするならここは改善出来るはずなのになぁと思います。

イメージ 3
バーエンド&ウエイトは4点構成

ボルトはハンドル端部に切ってあるネジに組込みます。
アウターウエイト部はボルトと平ゴムでハンドガードを鋏み込む構造です。
インナーウエイトはボルトの先端に引っ掛ける金具がついています。

イメージ 4
組み合わせるとこんな感じです。

ハンドルはKAWASAKI車より簡単に切詰め出来ると思ってましたが駄目ですね。
またバーエンド&インナーウエイトを新調しなくてはいけません。
しかも、ハンドルホルダー部が150ミリと幅広なのでそれに合うハンドルを見つけるのが大変そうです。

イメージ 5
以前仕様してたグリップを抜き取る際に片側を駄目にしてしまった物

イメージ 6
これを利用して隙間を埋めてみました。

微妙〜な感じですがしばらくはこれで凌ぎます。

調子に乗って

イメージ 7
ストックしてあった1080ラズベリーブルーメタリック

イメージ 8
久しぶりでしたが2時間掛けてうまく貼れました

イメージ 9
アカン 全然似合わない

嫁からも不評のお言葉を頂いたので僅か1日のデコレーションでした。。

おっと、本題を忘れてました。
全幅のカタログ値は
X−ADV   910ミリ
NC750X  845ミリ
VFR800X 870ミリ
と同排気量クラスではダントツに幅広です。
メーカーが比較対象としているのはCRF1000Lぽい感じがします。
ちなみにCRF1000Lは930ミリです。
私感ですが、やはり同系車種のNC750Xあたりに合せた方が快適ではないかと思ってます。
65ミリ短くすると構造変更届けが必要になりますが車幅程度でしたら簡単に通るので悩みどこです。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3、4日は1泊で里帰りするので納車当日にやらなくてはいけない事はセキュリティ装置の装着です。
先にアクセサリー取付説明書をDLして空きスペースを確認。
張り出したリアカウル内が空いてそうです。

イメージ 1
左側はヒューズBOXのみと思いきや配線がビッシリで駄目です

イメージ 2
右側は。。ここがオプションスペースだよ〜と言わんばかりの空き空間&ステー用穴

イメージ 3
オプション用電源も2Pと

イメージ 4
4Pがあって

2Pはイグニッション連動電源のみでアクセサリーはLEDフォグバラスト用らしいです。
4Pはセキュリティアラーム用ですね。
イグニッション連動電源に加えBTT直電源、それにブレーキランプ用電源が入ってました。
ブレーキ用は純正アラームのON/OFF切替時に使用する筈なんですが手持ちのは社外品なので不要ですね。

しかし、収納スペースはあったのですが手持ちのセキュリティ装置は貼付タイプなのでこの場所には設置出来ません。
どっちみち留守にするんでアラーム鳴っても意味がないのでGPSを放り込んで完了です。

標準装備のアクセサリーソケットはイグニッション連動なので充電用接続としては使用出来ません。
なので、この配線をBTTに直結しました。

イメージ 5
標準装備のETCは邪魔なので移設

充電器側のシガーソケットプラグも以前の物では張り出しすぎてヘルメット入れっ放しが出来ないのでエーモンの短い物に交換です。
ETC用配線通し穴は埋め込み型USBポート(これもエーモン)がドンピシャでした。
これもGPS充電用に使用するのでイグニッションオフ時でも使用出来るように配線。
しかし、こっちは電力消費してしまうのでスイッチをつけました。

イメージ 6
防水タイプのプッシュ式で切り忘れ防止にON時LED発光にて接続

充電のお知らせが届いたらこの釦を押せばOKって感じです。

カプラの話に戻りますが4Pは防水090HM型で下調べ通りでしたが2P側が未だに判明しません。
ちなみにアクセサリーソケットは非防水110型でした。

イメージ 7
これはメクラ用なのですが専用品ではなくメス側そのものです

イメージ 8
配線通し部にメクラ蓋が嵌め込んでありますから端子さえ入手出来ればと調べていますが不明です

イメージ 9
試しに090HM型の端子を差し込んでみましたが大きすぎて入りません

イメージ 10
特徴的なロック部分です

似たようなものはあるのですがロック部分ではじかれて型番が判りません。
車両供給側ごと手持ちの防水カプラに変えてしまうって最終手段もあるのですがねぇ。

この記事に

開く コメント(0)

早めの納車

GWはバイク屋さんも定休日の水曜を挟んで3連休が多いみたいです。
という訳で連休明けの6日が納車予定日でした。
目前に迫って予想外の問題が発生しました。
というのも購入資金は手元になく銀行に預金されています。
6日納車時に支払いするだったので2日には引出ししなくてはいけません。
しかし、3,4日は1泊で外出するので金庫もない自宅に置いておくしかありません。
振込予約をしても6日は振込先銀行も休みなので駄目です。
頭を悩ませていたところ、1日に登録が済んだとの事で車検証の写しをメール送付してきてくれました。
しかも、本日中に納車整備は終わりますとの事でした。
う〜ん、仕事が早いし親切だしやっぱり一番最初の印象って大事です。
2日に現金持参で納車する事で決定したのですが。。。
2日当日引き出す前に事前確認したところ、当日ATMからの引出し限度額は500Kまでですと。
が〜ん、1000Kまでと思ってたのに〜  またやってしまいました。
仕方がないので結局振込みにし端数は持参って事で解決しました。

イメージ 1
いつもスカイビューガレージからの画像だったのでたまには違う場所でのショット

仕事を抜け出しての納車だったので、そそくさ自宅に戻っただけで試乗会に毛が生えたくらいの乗車でした。
慣らしって事でDモードのみの走行でしたが、全然面白くないです。
変速時の音も気になるし。。。足付性も悪く信号停止がチト不安なのも変わらない。
うぅ、試乗までして完全に外してしまったのか。。。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事