日々是不思議也

過去の記事に、新たに撮影地名や当時の未公開写真等を一部追加致しました。震災で失われた貴重な風景もありますので、ご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

皆さんお久しぶりです。今回の東日本大震災発生以来、長らく御心配おかけしましたが、本日やっと念願のインターネット回線が復旧いたしましたので、ここに御報告申し上げますと共に、震災発生直後に温かい御見舞いと励ましの言葉を頂きながら、半年の長きに渡り、御礼のご挨拶が遅れてしまった事をお詫び申し上げます。

連日の報道等で御存じかと思いますが、私の地元、岩手県大船渡市三陸町越喜来地区は、平成二十三年(2011)三月十一日(金)の東北地方太平洋沖地震で発生来襲した大津波により、死者・行方不明者九十四人。家屋の全壊二百三十一戸。半壊四十三戸。一部損壊八戸。慣れ親しんで来た大船渡市立越喜来小学校や大船渡市役所三陸支所(旧三陸町役場)を始めとして、大船渡市立三陸公民館(旧三陸町中央公民館)、三陸郵便局、越喜来保育所、大船渡農協三陸支所、越喜来漁業協同組合庁舎等といった公共施設、町の基幹産業であった栽培漁業施設、養殖施設、港湾施設、漁船等が多数流失、損壊し壊滅状態となりましたが、我が家は高台にあっため住家、地震発生時に一緒にいた家族共に無事であったのは不幸中の幸いでした。

とはいえ、これまで専業漁業で生計を立ててきた我が家にとって、正直、今回の津波による被害は深刻なほど甚大で、長年仕事で連れ添ってきた二艘の漁船、生活の基盤となるホタテガイなどの養殖施設や漁業資材の大半が大破流失。親類や知人、見慣れた風景や思い出をも、ほんの一瞬のうちに海波に根こそぎ奪い取られてしまうという、自然の起こす災害の無慈悲さと過酷な現実を目の当たりにして、いつの日かこういう日が来ることもありえるだろうと心の片隅で、覚悟していたこととは言え、千年に一度と言われる未曾有の大災害を経験する当事者となってみて、津波の翌朝眼にした、無残に押しつぶされた家々やそれに乗り掛かるようにして丘に打ち上げられた船、ひっくり返った車。ビニールシートや布団に包まれて、臨時安置所となった、私の母校である越喜来中学校の体育館に次々と運び込まれる遺体の山。予想を超えた津波のすさまじい威力に、あっけなく乗り越えられ無残に打ち崩された、津波から町を守るために建てられたはずの津波防潮堤の残骸は、人間の力なんて自然の前にはなんて無力なんだろうと、感じさせずには居られませんでした。

福島第一原子力発電所の事故は未だ終息に至らず、余震も続いておりますが、震災の発生から五ヶ月以上経過し、停電に伴う、一ヶ月以上にも及んだ蝋燭生活や、食糧や車のガソリンの調達に奔走した事も、いや、ホタテの養殖作業に汗を流してきたあの日常ですら、もはや人々の記憶の奥底へと消え去ろうとしているように見えます。

私はといえば、五月の連休明けから、罹災した漁師の仲間たちと一緒に越喜来湾から引き揚げられて来る、瓦礫と化した膨大な養殖漁労施設の撤去作業に従事しておりますが、日当を貰える今は良いですが、産業はほぼ壊滅状態にあり、漁師の足たる船を失い、活動の拠点となる漁港も地盤沈下等の深刻な被害を受けて漁業再建の目途すら覚束ず、目に見えず、実態があるのかすら良く解らない放射能の数値に一喜一憂する日本の現状は、なかなか先の光明の見えぬ真っ暗な洞穴を手探りで歩いているようなものです。

でも私は生きてます。きちんと二本の足があります。周りは瓦礫だらけで足場はすごく悪くて、ぐらつく石に足を取られ、よろける事もしばしばですが、地面を踏みしめて歩いているのは紛れもない私自身の足なのです。

未来ある人、夢を持った人、守るべき家族がある人、一生懸命生きてきた人、そんな人が今回の震災で沢山亡くなりました。場合によっては、いや、これは冗談でもなんでもなく、選択肢が少しでも違っていれば、私自身も今回の津波に呑み込まれ、暗い海底に躯を晒していた事もあったでしょう。

でも、現実は生き残りました。なかなか自分は器用に生きれない方だと思ってます。だから正直、明日が未来が不安です。でも生きているんです。二本の足で立っているのです。だから、せめて不器用なりにあがいてみたいと思います。

今日、半年ぶりにまちにまったインターネット回線が復活しました。積もりに積もった未読メールの山が時間の流れを示してます。時間は確実に進んでいるんですね。
せっかくなんで、まずは手始めに、ネットに接続できなかった五か月余の間に溜まった皆さんのブログ記事、時間をかけてじっくりと読み漁りますか…。

あ、そうそう、ゼロから、いえ、マイナスからかもの再スタートですが、“がんばろう○△□!!”とか言うのはなんとなく好きじゃないんです。他にうまい言葉が出てきませんが、あがいて生きてみせるのが人間、私も結構往生際が悪いんですよ。

平成二十三年八月吉日。ブログ管理人・さっと拝

閉じる コメント(20)

顔アイコン

さっとさん、おばんです♪おばんです♪

いや〜、無事だというのは代理の方がコメントしていたので知っていたのですが・・・これからもよろしくお願いします。ホッ♪

2011/8/22(月) 午後 11:10 mamazo 返信する

顔アイコン

こんばんは
さっとさん、ご無事で何よりでした。
地震発生後こちらを拝見しましたら、トップコメントに地震についてのコメントがあったのでご無事なのだと判断していましたが、本当に、本当によかったです。
月並みな言葉になってしまいますし、色々と大変な中現実的ではないかもしれませんが、どうかご無理はなさらないでくださいね。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。

2011/8/23(火) 午前 0:30 [ 水々羅 ] 返信する

顔アイコン

ままぞーさん御心配おかけしました。こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
代理コメントお願いしたナラくんは都内の方なので、携帯電話が初めて通じた際に無理言って、私が無事だとブログにコメントしてもらいました。やはりナラくんも津波のことを知ってとても心配していたみたいで、本当に感謝です。

2011/8/23(火) 午後 6:44 さっと 返信する

顔アイコン

水々羅さん御心配おかけしました。二年連続の津波、ましてこんな大きな津波を体験する事になるとは思いもよりませんでした。まだまだ先は見えませんが、無理せず精一杯やって行くつもりです。こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。

2011/8/23(火) 午後 6:51 さっと 返信する

良かった、本当に良かった!元気なんですね。

↑の水々羅さんのおっしゃるように、ある日トップコメントを見て「あ、さっとさん大丈夫だったー」と分かり、それまでの不安が少し消えたの。
こうして、さっとさんのコメントを見てやっと全部の不安が消えました。

生きていてくれて、元気でいてくれてありがとう。
そして、これからも震災なんかに負けずに頑張って生き抜いてください。


それと、何か協力できることがあったら言ってくださいね。

2011/8/23(火) 午後 10:26 [ あゆみ ] 返信する

顔アイコン

歩さんありがとうございます。長らくご心配おかけしました。
普段通りに暮せるようになるには、現実的にまだまだ時間と労力がかかるでしょうが、是非、震災という苦難を乗り越えたと胸を張って皆で喜び合えるようになりたいですね。

2011/8/24(水) 午後 9:06 さっと 返信する

顔アイコン

さっとさん、生きててよかった!
自然災害の爪あとの写真はTVなどで連日見ていますが、実際、知っている人が撮った写真を見るのは初めてで、何倍も生々しく感じました。
マイナスからの再スタート、遠くから応援しています。

2011/8/27(土) 午前 7:39 まひこー 返信する

顔アイコン

まひこーさん、ありがとうございます。長らくご心配おかけしました。
聞く話によると、私が生まれる以前、今の家が建てられる前はこの写真の位置に、かつての我が家があったんだそうです。
明治、昭和の二度の大津波を体験し、生き抜いた私の亡き曾祖母は、ここまで津波が来たら浦浜(越喜来の中心部)が無くなると、昭和四十三年(1963)に発生来襲した十勝沖地震津波の際に言っていたそうですが、今度の震災ではこの地点までも津波が到達、曾祖母の言った通り、越喜来の中心街を完全に破壊する事になりました。 この津波がどれだけ大きかったかを知るエピソードです。

2011/8/27(土) 午後 11:00 さっと 返信する

顔アイコン

大変な日々でしょう。・・・
どうかどうかご自愛の上、頑張ってくださいね。

2011/8/31(水) 午後 1:17 コロンブスの卵 返信する

顔アイコン

初コメ六花さん、ありがとうございます。長らくご心配おかけしましたが無事戻って参りました。先日、岩手県における最後の避難所が閉鎖されました。時はどんどん流れているのに、未まだ不便なことは沢山あり、元の平穏な生活に戻るには何年かかるか見通しは立ってませんが、それでも、皆必死に今を生きようと頑張ってます。皆さんの篤いご支援に感謝です。

2011/9/1(木) 午前 11:57 さっと 返信する

おひさしぶりです(^−^)
わたしもブログひさしぶりなんですよ。
生きるって大変ですね。
でも生きていればなんとかなる事は沢山あります。
さっとさんが生きていてくれたことに感謝感謝!!

2011/9/1(木) 午後 4:26 [ なちゅおば3 ] 返信する

顔アイコン

なちゅおば3さん、お久しぶりです。震災発生時は、非常時とはいえ返答もろくに出来ず、長らくご心配おかけしました。
今、岩手のテレビでやってましたが、震災当時しばらく電気が通じなかった経験から、電池式の石油ストーブが売れに売れているそうです。昔に比べ格段に便利になったとはいえ、電気があればこその生活環境です。ガスや上下水道もそうですが、あって手当たり前のものが無くなるというのは参りました。備えあれば憂いなしですが、生きるってほんと大変ですね。

2011/9/1(木) 午後 6:38 さっと 返信する

この度はご訪問&コメントをいただきましてありがとうございました。

最後の一文「あがいて生きてみせるのが人間、私も結構往生際が悪いんですよ」に非常に勇気づけられました。

2011/9/1(木) 午後 8:31 もぐさ 返信する

顔アイコン

もぐささん、こちらこそご訪問、並びにコメントありがとうございます。
私も民俗学が好きで、趣味で地元の伝説を調べたり、大小の神社仏閣や石仏、石塔などを巡っているんですが、今回の津波で破壊されてしまったり、信仰の対象が流されて、行方不明になってしまったものも少なくないようです。正直、この事についてもショックだったんですが、このまま時の彼方へ忘れ去られるというのは面白くないので、それらについても、後世へ何らかの形で残せるよう、自分なりに出来ることをやってみようと思ってます。

2011/9/2(金) 午後 9:29 さっと 返信する

顔アイコン

無事が何よりです。無事であれば、未来が開けますよ。私の近所には、山田町が実家の人がいますが、何人かいまだに不明のままですが、踏ん切りをつけて、漁業の再開を準備しているようですよ。
これから大変ですが、頑張りましょう。

2011/9/8(木) 午後 9:27 Hirojii 返信する

顔アイコン

ヒロ爺さんご訪問、並びにコメントありがとうございます。
原発関連の問題もあって、何れも未だ先行きの見通せぬ厳しい状況には変りありませんが、過去ばかり向いていては、新しい未来へと向えませんからね。立ち止まることもあるかも知れませんが、一歩一歩進むのみです。

2011/9/9(金) 午後 8:17 さっと 返信する

顔アイコン

こんばんは。さきほどはおもしろいお話をありがとうございました。
もっとお話を聞きたいなって思っていたので、ブログを教えてもらってホントによかったです!
まだまだ大変なことも多いでしょうが、このブログを通じてさっとさんの近況を教えていただけたらなって思っています。
いつか岩手を案内してくださいね! 削除

2011/9/16(金) 午後 11:59 [ まこ ] 返信する

顔アイコン

まこさんコメントありがとうございます。話題は沢山あっても、凝り性なのが災いしてなかなか更新できないでおりますが、ブログに銘打つたは日々是不思議也。辛いことも楽しいこともあるのが人生ですが、それに伴う様々な人々とのご縁もまた不思議。みちのく岩手はこの世ならぬ鬼の世界と関わりの深い土地柄、いずれ岩手の持つ不思議な常世の世界に御案内出来れば幸いです。

2011/9/17(土) 午後 9:17 さっと 返信する

顔アイコン

3・11は人生観が激変してしまいました。

お気に入り登録していなかったなどとは気がつきませんでした!
新着に入らなくて、、、ごめんなさいね!

祖父の 書に書き込みしていただき ありがとうございました。
1969年に イスラエルに 住んでいた時に 祖父に書いて
もらったものです、、、おわかりでしたね!


漁業に携わっていられた 方達の これからのことも
土地が 汚染されて、農業ができなくなった方達のことも
放射能の体内被曝の可能性の 多い福島の子供達のことも
世界中で おきている 洪水や地震のことも、、、
何もできなくて 無念です!

せめて、お亡くなりに なった 方達の為に
イコンや お祈りをして生活しています。

仙台に 亡くなった従弟のいちども 会ったことの
ない、未亡人と子供が いる ことは
知っていましたが、、、いろいろ兄が 調べて
元気だと 解かりました。

2011/11/10(木) 午後 5:21 [ Atsuko ] 返信する

顔アイコン

Atsukoさん、気になさらず。ネットなど様々な方の支援を受けて本当になんていっていいのか、感無量です。トルコやタイなど、東日本大震災以降も未曽有の自然災害が世界各地を襲ってますが、これから先も自然の脅威と闘っていかなくてはいけないでしょう。自然の定めとはいえ辛いですよね。海外にいる分、日本で起きた大震災に対する心配も大きいと思います。親戚の方の無事が確認されて良かったですね。

2011/11/10(木) 午後 10:14 さっと 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事