日々是不思議也

過去の記事に、新たに撮影地名や当時の未公開写真等を一部追加致しました。震災で失われた貴重な風景もありますので、ご覧ください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

お気に入り登録、並びにブログご訪問の皆さま、新年明けましておめでとうございます。

思えば昨年の元旦に今年こそは頑張って更新すると宣言、予告しておきながら、ついに一度も更新しないまま、一年が経ってしまいました。
猫の神社に関する考察《猫淵神社考》は(その3)のまま、すっかり一昨年の夏よりほったらかしになっております。私のつたない文面にも関らず、お楽しみにされていた方々、申し訳ございません。

この一年を思ひ返せば、ライフワークとなっている猫淵神社にまつわる新たな謎や新発見に加え、昨年の正月八日に参拝した、かつて鉄の町として知られた岩手県釜石市の観光霊場である「釜石大観音」で密かに囁かれる、ここでデートしたカップルは破局するという都市伝説について考察した「釜石魚籠大観音登拝ノ記(仮題)」を始め、幸い越喜来湾に目立った被害はなかったものの、二月二十八日に南米チリから日本沿岸に襲来し、岩手・宮城両県の沿岸漁業養殖施設等に大被害を齎した平成二十二年チリ地震津波。四月三十日に撮影した春恒例の越喜来中学校、大船渡市役所三陸支所(旧三陸町役場)の満開の桜の紹介。岩手県沿岸では初の真夏日となった七月十九日に三十三年に一度の本開帳が行われた、陸前高田市矢作町の観音寺にある、坂上田村麻呂伝説所縁の巨大木造十一面観音三尊立像の貴重な生写真。九月二十五日に台風12号の直撃を受け、激しい雨の降りしきる中で無理やり決行された越喜来総鎮守新山神社式年五年大祭。気仙誕生千二百年を記念して、十月二十三日に大船渡市のリアスホールで行われた姫神コンサート等々云々、昨年も面白いブログネタや行事や事件が沢山あったにも関わらず、とうとう何れもお蔵入りとなってしまいました。

とはいえ、もったいないので貴重なネタは機を見て掲載したいと思いますので、興味がおありの方は気長にお待ちいただければ幸いです。

さて、例年なら新年のご挨拶には、太平洋の水平線から昇る朝日の写真を掲載しているのですが、今年は悪天候なども重なり、残念ながら撮影の機会を逸してしまったので、今回は代わりと言ってはなんですが、やはりこれもお蔵入りとなっていた、昨年八月二十二日に筆者自宅付近より撮影した、虹色に輝く夕日の写真を掲載させていただきました。

恐らくは古くから「瑞雲」「慶雲」「五色雲」などと呼ばれ、見た人に吉兆を呼ぶとされる、縁起の良い「彩雲(さいうん)」の一種と思われますが、どうぞ皆様に今年も沢山の福運が燦々と齎される事を願いつつ、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
                          
                                     平成二十三年元旦 ブログ管理人さっと拝
   


あ、そういえば蛇足ですが、私の今年の初詣に引いた御神籤は“吉”でした。
気になる御託宣の内容は、「▼このみくじにあたる人は、気性をしつかり持ちて物事をすれぱ、何事も思いのまゝに成就すべし、人に頼るべからず、だだし目上の引立あればわが身をたかぶらず従うべし…」
その直後、失せ物絵馬などの写真を撮ったのがまずかったのか、折からのみぞれ雪に足を取られ、神社の石段を二段ほど踏み外して見事尻餅を附いてきましたが、ま、今年は始まったばかり、好い事あればいいなぁ…。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事