日々是不思議也

過去の記事に、新たに撮影地名や当時の未公開写真等を一部追加致しました。震災で失われた貴重な風景もありますので、ご覧ください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

私の一生の中で、決して忘れられぬ年となった平成二十三年(2011)も、残り一週間ばかりで終ろうとしています。更新が遅くなりましたが今宵はクリスマス・イブ、皆様如何お過ごしてせうか?

今年は所謂“ホワイトクリスマス”どころか、“クリスマス寒波”と言う事で、日本海側を中心に列島各地で大雪や吹雪など荒れた天気が続いているようですが、私が住んでいる岩手県大船渡市三陸町は、一昨日から時折、粉雪混じりの強い風が吹くものの、全体的には穏やかな天気で一安心といったところ。勿論、三陸沿岸にとって本格的な冬の到来はこれからなので、油断は出来ませんが、今年は心配された震災被災地への台風の直撃もありませんでしたし、空もその辺は配慮してくれているのでしょうか、願わくば、せめて今冬は仮設住宅の人たちが少しでも暖かく過ごしやすく春を迎えれますように…。

さて、先日、地元の仮設食料品店に晩の買い物に行ったら、近日完成予定の仮設商店街脇の津波で被災した旅館の跡地に、震災支援で来たと思われるクリスマスツリー用の樅の木を設置する人の姿が見えたので、年の暮れのご挨拶用にと、愛用のコンパクトデジタルカメラの調子が悪かったので、昨夕の買い物ついでに妹のケータイのカメラを借りてパチリ。

ちなみに常緑の樅の木などが、クリスマスツリーとして飾られるのは、日本の正月飾りである門松や節分の柊同様、一年を通して緑色の葉を保つ常緑樹を生命力の象徴とみなし、一年で最も太陽の力が衰える冬至の日に、太陽の復活を祈って捧げた、北欧の古代ゲルマン民族の風習に由来すると考えられている。

クリスマスの雰囲気を楽しんでもらおうと、各地の被災地でサンタクロースの姿に扮したボランティアの方々が被災した子供たちなどにプレゼントを手渡した話題が、ローカルニュースを賑わしていますが、私の家の近所にある運動場へ建設された集合仮設住宅にも、昨日サンタさんが訪れ、支援物資を頂いたとか。

なのに、この被災地に、連日のように沢山送られて来る善意の支援物資を巡って、高額な贅沢品を請求したり、物資を現金に換えるため、インターネットやリサイクルショップで転売したりといったトラブルがニュースなどを通じて聞こえて来るようになったのは、同じ被災者として何とも情けない限りであるが、思い返せば、今年三月十一日の東日本大震災発生以来、親類知人を問わず、このブログにいらした方を始め多くの方から思い掛けないご支援や温かいお言葉を頂き、有りがたいと思う反面、自分はこの恩義に今後どうやって報いてゆくのか、正直、震災から九ヶ月余を経過して尚、暗中模索の状態ですが。この津波の跡地に立つ、雪交じりの強い寒風に晒され、右へ左へと揺れ動きながらも、尚光り輝く一本のクリスマスツリーは、生活の明かりの消えた深い闇の中で、まるで夜の大海原で航路を指し示す一基の燈台のようにも見えてくるのです。

…さ、今宵も更けましたね。東日本大震災の発生に限らずとも、世界的に見てもまさに激動と言っていい荒れた一年でしたが、毎年十二月十二日の「漢字の日」に、財団法人日本漢字協会が選定する日本や世界の世相を漢字一文字で表す“今年の漢字”は「絆(きずな)」。

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を始めとして、台風などによる大雨被害(平成二十三年七月新潟・福島豪雨、台風12号等)、ニュージーランド地震、タイ洪水などといった国内外で発生した自然災害などにより、家族や友といった身近でかけがえのない人物に対する絆を改めて感じたり、チームワークと信頼でFIFA女子ワールドカップに優勝したサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)の姿などに感動し、勇気を得たりしたことなど、多くの日本人が絆の大切さを改めて感じた一年であったためというのが、その選考理由だそうですが、私自身も人との繋がりの大切さを改めて感じさせて貰ったのが、この震災で得た一番の教訓だと思っています。

今年の更新は今回で最後になりますが、これまで、このブログを通じて知り合った皆様との御縁に深く感謝致しますと共に、相変わらずつたないブログですが、来年もよどうぞろしくお願い申し上げます。そしてメリークリスマス。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

平成二十三年十二月二十四日 ブログ管理人・さっと拝

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事