三浦哲郎文学を読む会

三浦哲郎文学ファンの輪を拡げましょう

全体表示

[ リスト ]

三浦哲郎『水中の神話』(S47.1角川書店発行)(『湖影』(S28.7集英社発行)を 改題)に描かれている青森・秋田県境の十和田湖に墜落した旧陸軍の練習機が69年ぶりに引き揚げられて地上に姿を現したというニュースが昨日駆け巡った。

亡くなられた4名の搭乗者の方のご冥福を祈りたい。

各新聞社の掲載ニュースを紹介する。

■岩手日報  2012.9.5

旧陸軍の練習機69年ぶり地上に  青森・十和田湖で引き揚げ

 青森県の十和田湖で5日、湖底に沈んでいた旧日本陸軍の訓練用飛行機「一式双発高等練習機」とみられる機体が青森県航空協会の有志らの手で69年ぶりに引き揚げられた。現存する同型機はなく、協会関係者は「貴重な航空遺産だ」と話している。
 練習機は1943年、秋田県の旧陸軍能代飛行場から青森県の八戸飛行場に向けて飛行中、エンジントラブルで十和田湖の湖面に不時着し、そのまま沈んだ。
 引き上げられた機体は、表面の金属板がところどころ剥がれるなどしているが、さびはひどくなく比較的きれいな状態。胴体と主翼には日の丸がはっきり確認できる。
 青森県の十和田湖から引き揚げられた旧日本陸軍の訓練用飛行機「一式双発高等練習機」とみられる機体=5日午後

次に紹介する東奥日報社のweb版は動画付きになっている。


■東奥日報  2012.9.5


 戦時中の1943(昭和18)年に十和田湖に不時着水して沈んだ旧陸軍の「一式双発高等練習機」とされる機体の引き揚げ作業が5日朝から十和田湖畔宇樽部地区の造船所で本格的に始まり、同日午前10時すぎに尾翼など機体の一部が69年ぶりに湖上に姿を現した。


 戦時中の1943(昭和18)年に十和田湖に不時着水して沈んだ旧陸軍の「一式双発高等練習機」とみられる機体の引き揚げ作業は5日午後、最後に残った本体部分を引き揚げて無事完了した。胴体側面や主翼には赤い日の丸がくっきり残り、東北財務局青森財務事務所が旧陸軍機とほぼ断定した。国内に現存する同型機はなく、引き揚げ作業を行った県航空協会の有志らは貴重な歴史資料として、復元後に県立三沢航空科学館で展示する方針。

動画付き
イメージ 1
最後に引き揚げられた機体本体部分。翼端長は約18メートルある=5日午後3時13分ごろ、十和田湖畔宇樽部













実は、一昨年、湖底に沈んでいる機体を発見したときのニュースにも、湖底の機体の動画が添付されていて、今でもそれを見ることができるようになっている。


はこちらにあります。
画面下の「再生の多い動画」欄から探し出してご覧下さい。

これで十和田湖から一つの「湖影」が消え去ってしまった。
この機体が復元展示されることになるそうなので、是非、三浦哲郎さんが書き残したゆかりの作品「水中の神話」と共に語り継がれていくようになってほしいと願っている。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事