ここから本文です
オニクイリ日記
欧州旅行記を公開中〜

書庫トップページ

すべて表示


今回は、古城街道観光の3日目、11月2日(金)の様子です。


この日は、ツルナウの古城ホテルをチェックアウトして、クルバッハを経由してクローナハ(Kronach)へ向かいました。
イメージ 6

クルムバッハからクローナッハへの道のりは、まさに 古城街道(Burgenstrasse)です。


10時くらいまでは晴れ間が持つ予報だったので、早めに街全体が見渡せる眺めが良い所に行くことにしました。
イメージ 7


展望スポットしてはあまり知られていなそうな所で、大草原の中を歩きます。
イメージ 46

そして、草原を下った先から見えるのが・・・


クローナハの街並み!イメージ 2
屋根が茶色に染まっていて、とても統一感のある街です。


そして、山の上から街を見下ろしているのが、ローゼンベルク要塞(Fortress Rosenberg)です。
イメージ 1
かつては、バンベルク司教の城であり、その後はバイエルン州の要塞となった、ドイツ最大規模の要塞 で、過去一度も攻略されたことが無いそうです。
城壁の高さが半端ないし、確かに攻めづらそう。


要塞と街並みの景観が見事に調和しています。
イメージ 3
城は保存状態がとても良く、街並みと合わせて中世からずっと同じ景観を保ってきたであろうことがわかります。ここまで景観を維持し続けている人々の努力に本当に頭が下がります。
やっぱりヨーロッパの旅は最高です。



周辺の木には、まだどんぐりの実が落ちずについていました。
イメージ 4

他の場所ではほとんど落ちてしまっていたので、品種が違うのかな?


ドングリと街も絵になるね。
イメージ 5


オヂサンと街並みは絵にならないね・・・
イメージ 8
というか、今回は髭のオヂサンじゃない。。
今日は曇ると思ってついてこなかったかも?


この後、早速要塞に行ってみることにします。
イメージ 9

クルムバッハみたく車で行けると思いきや、進入禁止になっており、下から歩いて坂道を登ります。


そして、これが城門。
イメージ 10


城から眺めるクローナハの街も素敵です。
イメージ 11


ドイツの城って、一部が館みたいなってるのが多いね。
イメージ 12

出来れば、あの黄色の部分を周りと同じ石造りにしてくれたらフランスの城みたく統一感があって、ルックスも更に良くなるように思うのだけど。。。
予算の問題なのか、そこは他国とのセンスや使徒目的の違いなのか?


別の角度からの眺め。
イメージ 13


ハート形の蔦が印象的。
イメージ 14


何だか、作りものみたいです。
イメージ 15
ちゃんとここから水を吸っているんだよね。


11時からのツアーに参加してみました。

ドイツ語のツアーしかないので、周辺散策だけならタダだよ、と受付のオジサンから何度も言われましたが、ネットで調べた限り、真っ暗な地下をローソクをもって歩けるって書いてあったので、ドイツ語でもOKと食い下がって参加することにしました。


ガイドとともに中に入ります。
イメージ 16


12メートルがうんうんと説明していましたが、よくわからず・・・
イメージ 17


建物内に入るのかと思いきや、外を歩くツアーでした。
イメージ 18


城壁に小さい入り口があります。どうやらここから地下に入るみたい。
イメージ 19


ガイドはそそくさと中に入っていき、階段を降りて行きます。
イメージ 20
さてさて、ロウソクはいつもらえるのかなぁ〜
階段を下り終えた後かな?


結構な段数の階段を降りた後、ガイドは更に進んでいきます。
イメージ 21


ってか、この明かりがあるから暗くないし・・・
イメージ 22


結局、ロウソクをもらえいないまま、また階段を上っておしまい。。。
どうやら、時代が変わって今はライトをつけてロウソクなしで歩くようになったようだ。。。

だったら、ただの薄暗い道を歩いただけで、無理やりドイツ語ツアーに参加する意味はなかった・・・。調査不足だな。。。



要塞の敷地内を散歩です。
イメージ 23

イメージ 24


木でできた橋。
イメージ 25

イメージ 26

ここを渡り終えたらツアーは終了。

ガイドツアーのため、長い説明をほとんど聞き取れないまま時間を過ごしてしまいました。そういえば10時くらいまでしか晴れない予報だったのに、11時以降のガイド中が一番天気が良かったという皮肉なおまけつき。。。


要塞観光の後は、街を少し歩いてみました。
イメージ 27
どこに行っても蔦に目が行くなぁ。


旧市街の端の方からの眺めも素敵でした。
イメージ 28


木組みの家もあります。
イメージ 29


教会がありました。
イメージ 30

イメージ 31


内部は、ステンドグラスに陽が当たってとても綺麗でした。
イメージ 32

イメージ 33


パイプオルガンの周りもステンドグラス。
イメージ 34



これにて、クローナハの観光は終了。
もう少し街歩きをしても良かったのですが、天気が良いうちに他の城も見ておかないとね。


今度は、40Kmほど西にある Schloss Callenberg に行ってみました。
イメージ 35
5ユーロだったかな?撮影禁止で城内を自由に歩けます。


ここは、中庭です。
イメージ 36


観光シーズン中は、噴水もあってもっと綺麗だと思います。
イメージ 37


Schlossだけあって、オシャレな作りですね。
イメージ 38


鹿が飼われていました。
イメージ 39

イメージ 47


そして、遠くには、明日観光する コーブルク要塞 が見えました。
イメージ 40
午前中にみたローゼンベルク要塞と似てるから、最初40Kmも離れた城がこんなに大きく見えるのか、とビックリしましたが、直線距離で3〜4Kmでした(汗


城の観光後、コーブルク (Coburg) のホテルに向かいます。


泊ったのは、Romantik Hotel Goldene Traube という四つ星ホテル。
イメージ 48


専用駐車場もあり中心地から近く、部屋もまずますで、値段の割に良かったです。
イメージ 49


窓からの眺めも最高でした。
イメージ 50


遠くにコーブルク要塞が見えるのも嬉しい♪
イメージ 51


疲れていたので、ホテルからすぐ近くの、Kam-Yin Jade という中華料理店に行ってみました。
すぐ満員になってしまったので、意外と人気の店っぽい。


Scheidmantelという、コーブルク要塞のマークがついたローカルビア。
イメージ 41


メニューが多くてとても選ぶのに困りましたが、食べたかったマーボー豆腐とエビ料理にしました。
イメージ 42

エビチリを頼みたかったのですが、メニューが難しくて適当にエビ料理を注文すると、店員のオジサンが、エビならこれにしろ!って勧めてくれました。

お勧めの通り、とても美味しかったです。
あまりのおいしさに、付け合わせの大盛ライスを全部食べてしまいました。


食後の運動で、中心地を散策。
イメージ 43

イメージ 44


建物がカラフルで素敵な街並み。

これは明日の観光が楽しみ♪
あまり遠出をせずに、すぐ戻ってホテルの近くのスーパーで買い物。
途中で、油物の食べ過ぎの影響なのか、おなかが痛くなって速攻ホテルに駆け込みました。
のんびり遠くまで歩いてたら大変なことになる所だった・・・


ということで、コーブルク観光は次回で紹介します。


次号につづく
イメージ 45

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事