鬼ノ目発進号の書斎〜道徳の崩壊と反日勢力の破壊工作を阻止せよ〜

男女平等と個人の自由を皮切りに破壊され尽くされた日本の道徳と、その先にある日本人の人権を無視して特定の差別のみを盾にした移民計画

全体表示

[ リスト ]

隠蔽をも超越した思想

イメージ 1

もう気付いている人もいるだろうが、近頃、歴史認識に変化が起こり始めている。

ウィキペディアの「レディーファースト」の項目が少しずつ書き換えられ、
今では1年前の文面の断片すら残っていない。
(他国では中世ヨーロッパの騎士の時代から女性に優しかったということになっている。
 それならどうしてウーマンリブや女性の権利解放の抗争が起こったのだ???)

※実際には、「レディーファースト」とは、貴族や王族の安全を確保するために、
 その道の先に盗賊や山賊などがいないかどうかを確認させるために女性を先に行かせたという、
 世界でも類を見ない「女性見殺しの行動」が発祥とされている。

 その後は女性の行動を男性が支配するという名目上で、「男性がドアを開けたりしていた」が、
 逆に「女性が勝手にドアを開ける」などの「女性が優先的に行動する」ことは一切禁止されていた。
 これを「女性に優しい」と見るのならば、いかに物事の表面しか見ていないのかということである。

「男性差別の項目」にしても、活動を始めたばかりの頃は、
全文を読むのに30分掛かるほどの莫大な量だったにも拘らず、
今ではその面影もない。少しずつ記事が減ったと思えば、今度は「要出典」マークが殆どの項目に付き、
そして今では・・・まぁ、せいぜい正しい情報が3割残っているかいないかというところである。

誤情報を意図的に撒き散らす役割として国家の政策の都合で悪用されている事に、
ウィキペディアの編集に以前から関わっているユーザーは憤りを感じないのだろうか?

また、こういうフェミ思想を広めるための教えとして使われている「女性学」は、
(学と言っているが実際には学問ではなく、女性による歴史の認識に関わる研究の総称)
「女性に優しい・便利なもの」=「正しい歴史」
「男性に有利なもの」=「男の勝手な偏見により作られた歴史」
フェミがよく提唱しているものの中には「日本の女性への差別は他国のものよりも酷かった
=これだけ酷い女性差別は日本だけ」なんて提唱もある。

また、今までの歴史は男性の偏見による・・・などと言っているフェミも見かけるが、
これらを双方見比べてどちらが偏見であるのかなど一目瞭然だと思うのだが?
「世の中の他の国は常に女性に優しかったのに、日本だけは唯一違った」みたいな内容になっている。
田島陽子の「従軍慰安婦なんて残酷な事をやっていたのは日本軍だけ」という見解に同じである。

※実際には従軍慰安婦という存在はギリシャ神話の頃からのものであり、
 また、女性だけではなく「少年を従えている描写」も残されており、
 この時代から性同一性障害の人間がいた事をも証明している。

しかし、実際には「女は家にいろ」という条件の代わりに「男は女を守れ・奢れ・働け」という
男性に権利を与える代わりに女性の身の安全を保障していたのも日本だけであるという事は伝えられていない。
(欧米では「お金は働いた人の物であり、そのお金を使う時には申し出なければならない」
 そこから「私たちも仕事をしたい・自分のお金を持ちたい」という思想によりフェミ運動が始まった)

先進国の以前の男性優遇・男性が権力を持つという思想はより強かったらしく、(現代では完全平等)
「日本の男性は女に甘すぎる」という、他国で生まれ育った女性の意見などもある。

第一、都合の悪い時は「女性は差別されていた」と言い、都合の悪い時は「それは男性の権力者も認めたこと」、
「結局、女の子を甘やかせているのは男でしょ」などとダブルスタンダードを使える状況というのは、
「日本の男性が女性に優しすぎる・甘すぎる」という既成事実がなければ使えるわけがないからである。

と言っても、こういう都合の悪い歴史認識や既成事実は日本では既に書き換えられているので
証拠など何処にも残っていないのが現状だが・・・
国民が道徳や秩序よりも「論より証拠」を優先して考えるようになっている点を、逆に上手く突いている。

現に「レディーファースト」のような都合の良いものはテレビでも良く報道されているが、
イギリスの辞書やイギリス版のウィキペディアには「レディーファースト」という項目や記述はないようだ。
日経の記事はもう既にそこだけ消失された形だが、以前に「女性でも7〜80キロの荷物を運んで当たり前」
それが「先進国の男女平等」であることは以前にも紹介したとおりである。

他の先進国が正しく「男性優位→本当に男女が平等」に移行しているのだが、
日本や上海などを含めアジア諸国では「男性優位→女性優位」に逆転しているだけに過ぎず、
これでは先進国についていくどころか取り残されてしまっている事になる。

いや、これら先進国ですら寧ろ「本当に男女が平等」になった故に起こっている問題も多々ある。
福祉により膨れ上がった税率・ワーキングプアー・ニアプアー・ホームレス・中途半端な子育て、
少子化・晩婚化・離婚急増・子供の半数以上が片親(父子・母子家庭)・・・
これが海外でのフェミニズム政策の結果である。まるで、どこかの国と同じ症状だ(笑)

日本で起こっている同じ現象を「男社会の・・・」などフェミニスト達がご丁寧に転嫁してくれているが、
これらがすでに先進国の例によって「フェミニズム政策が引き起こす症状」であることが断定される。
なぜなら、フェミニズム政策を放棄・断念した国ではこれらの現象がパッタリと治まったからだ。
(それ以降、なぜかこの国に関わる報道・ニュースもパッタリとなくなったけどね・・・なんでだろう〜♪)

以前の役割分担的な思想であった頃の方が、いかに平和であったのかを物語っている。
だが、よくフェミを非難する声の中に「結婚できなかった女性の僻みによる復習」と揶揄する言葉がある。
確かにフェミニストの中には独身高齢女性が多い。そして、そこに過ちが隠れているという見解も考えられる。

「女は家にいろ」という風潮の中で、なかなか結婚も出来ず面倒を見てくれていた家庭も崩壊寸前・・・
「女だけど私が働かないと生きていけない」・・・そんな状況下に陥る事も無きにしも非ずである。
しかし、そこで「女は社会に出て来るな」と言われれば、彼女たちはどうやって生きていけばいいのか?

彼女たちの憎悪の中にはそんな過去による憤りが具現化している部分も見受けられるゆえ、
私達も「マクロの女性像を、事情がある女性へ無理に押し付けていた」という配慮不足は認めなければならない。
そういう問題を我々が蔑ろにしてしまっていた点も、決して見逃してはいけないと思う。

そうでなければ、歴史は再び同じ過ちを繰り返してしまうことになる。
それでは「どのような症状が起こるのか分かっていながら活動しているフェミと同じ」だ。

しかし、これだけの事態を引き起こしておいて、それを歴史の改竄を用いて他者に転嫁するなどという行為が、
如何に人の道から外れているであろうかは、良識ある諸兄であれば誰にでも理解できる範囲ではなかろうか?
いくら「過去に差別されていたから」という言い分が事実であっても、それが正論として通るわけもないだろう。
その点はいくらフェミニストという立場でも、それ以前に人間なのだから道徳と秩序を最優先すべきであろう。

・・・私は活動の最中、常々「自分が1人の人である事を認識してもらいたい」・・・そう感じているのである。
政策っていうものは人の道を外してまでやるものなのか?それでは麻薬を売りさばくヤクザと変わらない。













     にほんブログ村ランキング 更に上位目指して頑張ります☆ご協力ヨロシクです☆
                            ↓
                 https://politics.blogmura.com/politicalissue/

閉じる コメント(20)

顔アイコン

男女平等の履き違い感から、女にとって逆に身分低下が起こっているようです。社会的身分、仕事などは女だからと差別されるのはほんとに腹立たしいが、男女別なく能力判断すればいいことで、これを政治的に男女差別撤廃などと生物的男女本来のものを壊そうとするからおかしなことになる。西洋は女性蔑視のファーストレディだが日本は女性を蔑視ではなくむしろ大事にしすぎている。それをわざわざそういう地位から落とさなくてもいいのに(ーー;)女にとって住みにくい社会になりますね。

2007/10/1(月) 午前 10:29 sakurazake

私は以前からモヤモヤとした疑問があるのですが、フェミは女性を社会に引っ張り出して働かせ、消費文化、拝金主義を作っていますよね?
男女平等と言っています。
じゃあ鬼ノ目さまも男女平等を尊重しておられるのでそこは同意なんですか?
でもそれによって少子化になってるとしたら女性はどうすべきなんでしょう。
なんだか矛盾のような気もしてよく分からないんですけど・・・。

2007/10/1(月) 午前 11:20 bel**321*07

ギャル党もそうだ
自分達は差別しているのに、自分達が差別されると喚く
無責任・自己中・排他的な所まで出ている。

2007/10/1(月) 午後 0:14 [ - ]

顔アイコン

>でもそれによって少子化になってるとしたら女性はどうすべきなんでしょう。

子育てに対する優遇を受けずに、一生働いて自分の食い扶持を賄うべきでしょう。子供を産まないのなら。

まさか子供を作りもしないのに、『出産・育児の手当ては全女性に寄越せ』とでも言いますか?
(女なら、実際に言いかねない)

2007/10/1(月) 午後 0:36 [ tenjinshougun ]

顔アイコン

>私は以前からモヤモヤとした疑問があるのですが、フェミは女性を社会に引っ張り>出して働かせ、消費文化、拝金主義を作っていますよね?
>男女平等と言っています。

それがダブル(最近ではマルチ)スタンダードと言われるものです。
一般的日本女性にありがちな根底思想として
「自分さえ、今さえ良ければどうでも良い」

フェミニストにとって
自分さえ良ければ後の女性がどうなろうと知ったことじゃありませんし
もともと女性は長期的視野を展望することが難しい性とも言われてませんでしたか?
甘い言葉で一般の女性の同意を誘い
そして嘘の「男女平等」の皮を被せた優遇、それが今の状態です。
そうでなければ情報の隠蔽や改竄などする必要はないでしょう。

2007/10/1(月) 午後 1:58 [ Q ]

顔アイコン

情報改竄、リンク切れの話ですが
最近、web魚拓ですらも保存がままならぬ状況になってきているので
自分がブラウザに読み込んだwebページそのものを.jpg等の画像ファイルで保管し
ソース、本文とともに書き込んだ方が良いのではないかと思うようになりました。
実験してみたところ、jpg画像ファイルが1枚200kb近くになり
ちまちまと更新しているうちのblogでもすぐに容量不足に陥ることが判明(汗

2007/10/1(月) 午後 2:57 [ Q ]

顔アイコン

フェミの持つ社会進出推進志向が話題になっているようですが、初期のフェミニストは「弱い女性を私たちが強く振舞って守ろう」という性格を帯びていましたので、「自分は強い、でもほかの女性は弱い、女性の立場を上げよう」と考えることができる同胞を増やす為に、敢えて社会の荒波に出ることを推奨したのではないですか?
(いわゆる『女は強し』)

そして、将来的に(今がその「将来」になるわけですが)数で勝るフェミ女性が、数の力を背景にした政治力でもって荒波までも取り除くことを目指したのだと考えると納得がいきます。
(いわゆる『女性に優しい社会』)


少子化などは、そういった政治運動の副産物であり、これはフェミの戦略というよりは、戦後出産規制が意味を成さなかったために、相反する価値観を持つ日本共産党を後押しし、日本社会の「(左派政党である米民主党にとって)許容される程度の左傾化」を画策した、当時政権与党だった米民主党と、その意向を色濃く映しているGHQの戦略の領域でしょう。

2007/10/1(月) 午後 2:58 [ atm*rk*ienn* ]

義務や責任は男性に背負わせ、権利だけを得ようとする日本の女性。
今の日本は 女性優遇=男女平等 と思っているの、その様な社会へと構築されています。

●図表2-2 女性の年齢階級別労働力率の国際比較
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2005/03/h0328-7a.html#hyo1

日本をスウェーデン化しようしていますが、そもそも日本とスウェーデンは国そのものも違いますし、文化や生活も異なります。
何百年もその国に合った生活文化を育んできたのに、日本はたった数十年でスウェーデン化しようとしています。

URLに図表2-2というのがあります。
いわゆるM字型曲線です。
日本と韓国はM字なのに対し、アメリカやスウェーデンは何故M字ではないのでしょうか?

2007/10/1(月) 午後 4:46 [ マスター ]

うつ病になりかけてしまったなフェミの優遇によって男性が差別されるとさらに・・・。

2007/10/1(月) 午後 4:50 [ - ]

顔アイコン

マスターさん

スウェーデンは一見すると男女平等的なモノが進んでいるかに思われますが
あえて悪化した点のみに絞ってみてURLを挙げます。
http://homepage2.nifty.com/ikaruga/new_page_100.htm
http://www.tctv.ne.jp/enoku/newpage13.html
他にも色々ありますが、これは各自で探索すべきでしょう。
M字就労でないのは、スウェーデンとアメリカではそれぞれ原因が異なると思いますし、原因の推測については別の機会にしますが、男女共同参画が求めるモノはこのM字曲線の解消です。
女性にとっての前時代的な価値観と北欧に代表される新たな価値観
それを選択する自由を日本女性に与えられました。
そして今後はその選択の責任が求められます。
個人個人が意識的に選択しなくても
もたらす結果については責任を負わなくてはならなくなるのです。

2007/10/1(月) 午後 5:32 [ Q ]

アバター

桜酒さんへ
うーん、なかなかしっかりと考察能力ですね。
今までのコメントの中でも特にこれは感慨深かったです。
これからの桜酒さんに期待☆

すずさんへ
・・・私の言いたいことの3倍くらい、↑でゲストの皆さんが見解を仰ってますので、
あえて割愛。討論制にしてる恩恵ですな。そして、優秀なゲストの皆さんにも感謝☆
情報もすごいスピードで集まるし。

2007/10/2(火) 午前 0:29 鬼ノ目発進号

マスターさんへ
>日本と韓国はM字なのに対し、アメリカやスウェーデンは何故M字ではないのでしょうか?

育児観と制度の利用の違いではないのでしょうか。日本と韓国の
育児観は結構似ていて母親が子供を育てることに重きを置きすぎて
社会復帰するのが遅いっていうのが遅れるっていうのがあるのでは?
日本、韓国、アメリカ、フランス、スウェーデンに対して行った
子育てに当たって利用した制度では韓国、日本では幼稚園なのに
対してほかの三か国では育児休業、産前産後の休業制度。
育児を支援する施策として重要なものの意識調査では日本育児手当
韓国保育サービスに対して他の三ヶ国はフレックスなどの柔軟な
働き方の推進と出てるんですよ。まだソースいまいち読み込めて
ないので明日張って説明します。

鬼の目さん
pdfファイルってソースとして張っても大丈夫ですか?
統計関係のブログで面白いブログ見つけたんですけどこのブログ
紹介してもいいですか?aaaclimax

2007/10/2(火) 午前 0:56 [ sbm**493 ]

顔アイコン

aaaclimaxさんも考察されてますが
先の書き込みにて推測してみると書いたので。

M字就労が現れるのは、貨幣獲得労働のみを統計の対象としているためと考えられます。

日本と韓国、というよりアジア諸国では
家族での枠の中で分業が進んだことがM字就労の主たる要因。
それに対してアメリカとスウェーデンは女性解放運動で
女性が生涯を通じて働くことのできる環境が整備されたため
M字を描かなくなったと見ることができます。

しかしアメリカでは逆に専業主婦への回帰を見せる現象が起きているようで
その流れが顕著に現れればM字に戻るとは思うのですが
共働き家庭も依然として多く、これがM字就労を描かない要因ではないかと思われます。

スウェーデンでは、家事や育児の一部、介護までもが
国の事業として貨幣獲得労働に組み込まれ、そこで女性が働くことで
M字就労は見かけ上ないことになっていると思われます。
(もちろん他の労働にも参加しているわけですが)

ソース無しで、自分が今までWebで得てきた情報を基にしているため
信頼性はまったくありませんw

2007/10/2(火) 午前 1:16 [ Q ]

アバター

>ソース無しで
まぁ、ソースそのものが消されてる・改竄されてる訳だからね。仕方ないですよ。
スウェーデン化計画っていう言葉自体、主に経済に詳しい人が知っている言葉だし、
一般の人に言ったら「(゜д゜)ハア?」って感じですよ。
男女共同参画賛成だの「男は外、女は家という風習に半数が反対」だのとしてる癖に、
肝心な中身についての知識は空っぽ・・・まぁ、無知ほど恐ろしいものはないですな。

2007/10/2(火) 午前 1:21 鬼ノ目発進号

顔アイコン

鬼ノ目さんへ

ウィキペディアは履歴タブから履歴を遡れば昔の内容が見れると思うのですが・・・
決定版を思われる内容のリンクを提示頂ければ、参考になるかと思いますよ。

例えば、レディーファーストの最古の内容は
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88&oldid=1159507
男性差別だと、最古ではなく2006年1月19日版の内容は
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%94%B7%E6%80%A7%E5%B7%AE%E5%88%A5&oldid=4243858

上記は内容が最適なのを選んでいる訳ではないことにご注意ください。

2007/10/3(水) 午後 10:50 [ deb*nya**o5656 ]

顔アイコン

ウィキペディアですら不公平で
主観に基づいた記述をされていることを
ここで初めて聞き、失望を覚えました。
辞書と謳う書物・媒体は、全て客観事実で埋めて
誰にでも不快を覚えさせないように書いてほしいですね。

ただし、それらのような女性優先の考え方は
かつての男性優先による強烈な法律の圧迫が基で
女性が開放を求めているが故の爆発であるとも考えられます。
とはいっても感情で行動する女性のことですから、
はっきり言って幾ら女性が様々な分野で大多数の男性に勝っても
「歴史は繰り返す」ように、いずれ現実を知った男性たちが
さらなる爆発を起こしてしまうことでしょう。

2007/10/4(木) 午後 10:49 [ smart-intelligence ]

顔アイコン

マスターさんのコメントってオカシイ時多いよね。

2007/10/4(木) 午後 10:49 [ プ= ]

アバター

まぁ、言葉足らずな部分がある時も・・・
しかし、基本的な考えの軸そのものがズレているわけじゃないので、
その辺は大目に見てやってください。

2007/10/5(金) 午前 2:07 鬼ノ目発進号

「フェミニスト」という言葉に関わらず、一部の団体によって
本来の意味を削除、または改ざんして都合のいい言葉に返られて
しまった物って案外多いような気がします。

物事の本質を見抜く力が弱くなり、「今がよければいい」といった
刹那主義的な考えが広まっているからでしょうか?

こちらでよく挙げられている女性の特徴を見ていると特に感じます。

未来の事、相手の事、周囲に対しての事を思えばありえない
言動が多いのはその為でしょうか?

2007/10/5(金) 午前 2:31 りりぃ

顔アイコン

管理人さんへ
こう言うとなんですが
レディーファーストが元々どういうものだったかと言っても
あまり効果はないんじゃないですかね。
中世にはレディーファーストはこういう制度だったと言ったところで
もう何百年も前のことですしそれらの行動は結局
女性にとってメリットになるわけですから
レディーファーストへの姿勢などはあまり変わらないと思いますが。

2007/10/16(火) 午前 2:33 [ ノブ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事