鬼ノ目発進号の書斎〜道徳の崩壊と反日勢力の破壊工作を阻止せよ〜

男女平等と個人の自由を皮切りに破壊され尽くされた日本の道徳と、その先にある日本人の人権を無視して特定の差別のみを盾にした移民計画

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


TBSのピンポンというテレビ番組を見たのだが、腹立たしい。 
何がセクハラなどというテーマであったが、肩を叩くとセクハラ!
髪切った?でセクハラ!、 カラオケでデュエットするとセクハラ!・・・ 
女って実に視野が狭いと思いました(笑)。
勿論強要は良くないが、それはセクハラ以前の問題ではないですか。
 
職場の人間関係にも多分によりますが、コミュニケーションの要素でもあり、 
アットホームで和やかな職場では日常茶飯事の光景です。 
そして、女って実に自惚れ強いと思いましたね。 
そんなんで深い意味があると勝手に思い込む辺りが。 

そして、テレビに出ていた女が、男性からはダメだけど女性からはいいなどと発言。 
ほぅ、随分ずうずうしいお考えだこと。男性蔑視も甚だしい。 

       ※まぁ、基本的に差別主義者ですからねぇ。同性同士ですら差別し合っているという曰く付きの。
        自分達の特権は自分達だけのものだということでしょう。
        「男性だって同じように傷付く」って事くらいはさすがに分かっているはずですので。

        その上で「女性だけ」って言うのは「我侭は女性の特権」と同じ、
        「女の子に生まれたから受けられる恩恵」の位置に置いておきたいのでしょうね。
        まぁ、どのみち差別行為・差別発言・差別的発想以外の何者でもありませんが。


女性が感じる不快ゾーンを知るには、ただひたすら相手の許容範囲を察知するしかないの。
でも、女性のセクハラボーダーラインは個人差があるし、
相手の男性によっても許容範囲を変えるから、厄介よね。
「○○君の下ネタは受け流すけど、○○君のはセクハラだわ」なんてのは、日常茶飯事。
残念だけど「嫌いな人なら何をやってもセクハラ」というのが、女性の現実的な本音だと思うわ。
だから、まず「自分は嫌われているか好かれているか?」を確認することからはじめなきゃね。

そんなのイチイチ面倒臭いと思うかも知れませんが…、男と女の関係は所詮面倒臭いもの。
それを乗り越えていかないと、恋愛上手にはなれません。
逆に女性の不快感を上手に察知できるようになれば、きわどいラインまで口説いても大丈夫。
もともと男性は「女はどこまで許すのか?」を本能的に察知できる嗅覚があるの。
その嗅覚に磨きをかければ、セクハラ騒ぎと無縁な男になれるはずよ! 


        ※ほぉ、【元々男性は「女はどこまで許すのか?」を本能的に察知できる嗅覚があるの】
         性科学・恋愛科学の知識がある私でもそれは初耳ですねぇ。
         せめて根拠や、それがなければ相関性事象くらいは提示して頂きたいものですね。
         まぁ、毎度の事ながら女性は説明できない事を平気で言う生き物なのですが・・・

         異性との恋愛を数多くこなせば徐々に扱いに慣れてくるのは誰にでもある話ですが、
         それならば「セクハラは恋愛経験のない(少ない)男性が社会に出てきたせい」なんて、
         そんなトンデモ論が通用する事になりますねぇ。まぁ、それが女性の感性ですか?
     

たしか、男性に「ハゲ!」とか言うのもセクハラでしょ?という指摘に対し、田嶋が 
「それは性的じゃないから言ってもいい!」「ハゲにハゲっていうのは事実の指摘でしょ! 
セクハラとは全然違う!」とかほざいていたんでしたっけ。 


セクシュアルハラスメントの最も重要な点は「ハラスメント(いやがらせ)」であるということで、 
これが賠償請求等に至る根拠となる主要な部分の筈で、セクシュアルだのアカデミックだのは、 
その嫌がらせを分類する際の単なる形容に過ぎないのだが、フェミ学者等の考えでは、 
嫌がらせであることよりも「性的か否か」の方が重要になってしまうという逆転現象が見られる。 

その端的なパターンが
「セクシャルじゃないんだから嫌がらせしたっていいでしょ!」というパターン。 
で、そこに「性の傾斜」だの「性の非対称性」だのを持ち込んで、 


女性はとかく男性から性的な目線で見られるの
→だから女性視点で気に入らない男性の言動は全部セクシャル、だからハラスメント! 

男性は別に性的価値を重んじられていないでしょ
→だからハラスメントだろうがなんだろうが、
とにかくセクシャルじゃないんだからどうでもいい! 

という結論に到達しちゃう。 


>>そもそも、本当に苦しんでる女性は人前で平気でセクハラなどとは言わないもの。 
 セクハラという言葉・制度に便乗して「気に入らない、キモイ男」を陥れてるに過ぎない。 
 そんなバカ女が多いせいで、本当に苦しんでる女性までそう思われてしまう。 


僕は日頃から社内で女性社員からセクハラ扱いされないように、 
業務上必要な言動以外は慎むようにしていた。 
要するに仕事の話以外は一切しないようにしていた。 

そして数年の歳月が過ぎたあるとき、女性社員の数人から僕に対して 
「何を考えているのか分からないので視線が私たちの方に向くだけで 
いやらしい事を考えているんじゃないかと思ってしまって不快なんです。」 
と突然言われてしまった。 

僕はすごいショックで一週間の有給休暇をとっている。 
今後どうしようか迷っているんですよ。 

        ※早い話、「何を考えているのか分からない」はずなのに、
         「私たちをいやらしい目で見ている」と思うわけですね。
         普通は「分からない事は、本人に聞く瞬間まで分からないまま」のはずなのですが・・・
         どこをどの様に解釈しても「男性→性対象」として一方的に見ているのは女性の方ですね。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13

閉じる コメント(36)

顔アイコン

>男性も女性も「趣味を楽しんで誰にも束縛されずに自由に生きる人生」を選んで非婚化してる時代な訳でしょう?
苦しい事があっても好きな人と二人で乗り越えていこうとは思わないんですね。何歳になったときに寂しいと思うのでしょうか。

さて、一生独身でいるのと、結婚して退職金出たら即効で熟年離婚されるのと、どちらがより淋しいものやら・・・

で、すず様が男だったとしたら、

『苦しい事があっても好きな人と二人で乗り越えていこう』

と思う相手として、現代の日本女性は選択し得ますか?その選択肢は、学生に核爆弾扱わせる位危険極まりないとは思いませんか?

2008/1/21(月) 午前 0:21 [ tenjinshougun ]

顔アイコン

>男社会の頃にはホテルに泊まるなどという時も女性一人ではお断りとかいう時代でもあった

男を南方のマラリアが蔓延している地域に無理やり送り込んで、国内で竹やり訓練程度の戦争ごっこでお茶濁してた女に言われたくないわ!

戦時中の男女の平均寿命を見てみろ!究極の男性差別だろうが!

2008/1/21(月) 午前 0:24 [ tenjinshougun ]

女性は戦争で前線に送られるなどということは無かったでしょうが、出来る限りのことはしていたと思います。

「多くの女性が軍役や労働の場に加わり、農業活動を行い、伝統的に男性によってなされていた様々な職種で働くようになった。」(抜粋)

戦争が始まったときに既に妊娠していた女性などは出征できるわけもありませんし、あの時代の方たちのことを何ひとつ批判することはできません。

2008/1/21(月) 午前 9:58 bel**321*07

顔アイコン

>女性は戦争で前線に送られるなどということは無かったでしょうが、出来る限りのことはしていたと思います。

で、死亡率は如何程?
『出来る限り』と言いながら、男とは比べ物にならない程安全な場所で、のうのうとしていただけ。
(客観的に背負わされた責務を比較すれば)

>戦争が始まったときに既に妊娠していた女性などは出征できるわけもありませんし、あの時代の方たちのことを何ひとつ批判することはできません。

当時の時代の方たちのことを非難する気はありません。

但し、その時代を称して『男尊女卑』などとぬかす馬鹿どもには、是非とも靖国神社で死ぬまで土下座させるべきではないか!存在そのものが罪悪だ!

2008/1/21(月) 午後 7:35 [ tenjinshougun ]

顔アイコン

「女性は戦争で前線に送られるなどということは無かったでしょうが、出来る限りのことはしていたと思います。」

確かに一理あると思います。
逆に言えば勝てば女性もその恩恵に授かれたとも言えましょう。

大東亜戦争当時の母親は立派だったと思います。
息子を戦場に送る思いは
お国の為、男なら、我が息子を誇りに思うっ!!
内心は「生きて帰って来て欲しい」とは勿論思っていたでしょう。

しかし気丈にもそんな台詞は吐きませんでした。

立派に女として母親としての役目を務めていたのです。

勿論夫を戦場に送り出す嫁も同じであった。
夫は妻に「子供達を頼む」っと言い残し出兵して行きました。
勿論妻への思いも同様で。

現代にそんな気丈な母親は居るのだろうか?
妻は居るだろうか?

2008/1/21(月) 午後 10:20 [ 南西諸島 ]

将軍
一つ提案が御座いますぞ

日本女性(笑)を社会主義国の奴隷として売ればOKですぜ☆
そうすれば日本の男性の苦しみを理解するでしょうな

返還は無しでお願い致します☆
返されも迷惑なので思う存分に奴隷として扱ってくださいって
ベトナムに送りつける。

2008/1/21(月) 午後 10:23 [ - ]

balrog1887様
「昔の人は偉かった」って思いますよね。
世の中が便利になり豊かになり、自由主義になるにつれどんどん人間が荒廃していくような気がします。

「個人の尊重」と我がまま、自分勝手の境界線が分からなくなってしまっていますよね。何をしても許されるというような甘えが特に女性に蔓延している感はあります。

2008/1/22(火) 午前 9:56 bel**321*07

すずさんへ

世の中が便利になり豊かになり、自由主義になるにつれどんどん人間が荒廃していくような気がします。

なら社会主義国家を見ては如何か?
その国家では人民の権利は剥奪・弾圧がなされているのだ

ちなみに中国・ベトナム・キューバでも同じ

2008/1/22(火) 午後 4:38 [ - ]

顔アイコン

>gaborさん
>俺は基本的に「女性は弱者」と言う言葉は非常に疑問に思っています。

確かにその通りです。では何故、腕力面のみならず、精神面(「乙女心はデリケート」)・
経済面(「男なら働いて妻子を養え。女を働かせるような男は男の風上にも置けない」)に
至るまで「女は弱者」という概念が罷り通っているのか。それは、

「女は腕力が弱い。だから心もデリケートだし、男が働いて養わなければならないのだ」

と考えられているからです。

こうやって文章にすると論理の飛躍でしかないのですが、箸より重いものを持ったことが
なさそうな、いかにもか弱そうで今にも消え入りそうなイメージによって女を神聖視する
ようになり、精神面・経済面も守ってやらなきゃならないんじゃないかという強迫観念に
駆られるようになる。

「女は弱者」「男は女を守れ」というのは元々、明治における欧化主義と富国強兵政策によって
広められた思想に過ぎないと思うんですけどね。

いい加減、そういうイメージからある程度脱却してもいいと思うのですが、「バカマッチョ」が
いる限り困難でしょうな…orz

2008/1/22(火) 午後 10:00 [ - ]

顔アイコン

chevalier_du_bleu_clair さん
>「女は腕力が弱い。だから心もデリケートだし、男が働いて養わなければならないのだ」

これはおかしいですよね(笑)
腕力の必要な狩猟で餌を調達する縄文時代じゃあるまいし、餌(金)を得るのは腕力ではなく能力と努力の時代ですからね。

>、「バカマッチョ」が
いる限り困難でしょうな…orz

「バカマッチョ」は社会状態上、嫌でも減ってきますよ。
仮に「やりたくても」無理になってくるでしょう。
あまり気にする必要はないと思います。

2008/1/23(水) 午後 11:41 [ gabor ]

>女性は戦争で前線に送られるなどということは無かったでしょうが、出来る限りのことはしていたと思います。

いわゆる「銃後」はジュネーブ条約によって殺害が禁止されていたんですけど…。法律上生命を保護されていたのにこんなことをぬかすとは、ふぅ。

2008/1/24(木) 午後 4:27 [ 大手町 ]

大手町君
残念
ジュネーブ条約が守られた事は一切無いぞ

中国もアメリカもロシアも守った事が有りません。

2008/1/24(木) 午後 5:42 [ - ]

とはいえ建前上は保護されてることに変わりはない。それなのに兵隊さんと銃後を同列に述べるのは暴論だ。

2008/1/24(木) 午後 5:56 [ 大手町 ]

大手町君
・・・けど銃後の人間でも簡単に自分たちに降伏する訳が無いし
尚且つテロにあったりするからね、やはり虐殺は付き物だな

2008/1/25(金) 午前 9:05 [ - ]

大手町様
>婦人会組織が作られ、戦争や軍援助の準備など、さまざまな活動をおこなっていった。
愛国婦人会や国防婦人会は兵士の見送りや出迎え、戦死者の葬儀参列、留守家庭の慰問、慰問袋作り、防火訓練、農繁期の託児所設置等、非常時下の生活を守り、軍事援護活動を行うのが当面の課題であった。(抜粋)

男性は国外の前線、女性は国内の銃後と役割こそ違え、あのつらい時代を一生懸命国に尽くした生き方だったと思います。
最近の教科書とか教育方針を知りませんので私の個人的感想として申し上げました。

2008/1/25(金) 午後 3:23 bel**321*07

顔アイコン

>愛国婦人会や国防婦人会は兵士の見送りや出迎え、戦死者の葬儀参列、留守家庭の慰問、慰問袋作り、防火訓練、農繁期の託児所設置等、非常時下の生活を守り、軍事援護活動を行うのが当面の課題であった。

片道燃料で敵艦に体当たりしたり、前線に送り込まれてマラリアや飢えで死ぬのに比べれば、



のようなものですが。少なくとも、女が差別の代名詞のように連呼する『男尊女卑』の待遇でもなければ、男としては馬鹿馬鹿しくてやってられませんな。

第一女性運動家も、散々戦争を煽っているわけですが。自分で戦争に行く必要が無いことを熟知している時点で、糞ですな。

市川房枝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E5%B7%9D%E6%88%BF%E6%9E%9D


『女性による義勇軍が女性の発言で作られ、仏印戦線への参戦を直訴した』みたいなことが一度たりとも無かった以上『女は男を戦地に送り込み、後方でのうのうと遊んでいた』と言われる程度の存在と見るべきでしょうな。

2008/1/25(金) 午後 8:03 [ tenjinshougun ]

将軍
今の日本の女の役割:韓国に永住して貰い国力ダウンが望まれる

2008/1/25(金) 午後 9:27 [ - ]

アバター

urasimauさん

そんな事をすれば、「日本の女性=大和撫子と言うのは真っ赤なウソ・デタラメだった」
「彼女たちは普段から【欧米の売春婦】と同じ事をしている」などと言われるでしょうね。

【真冬なのにミニスカート】・【電車の中で化粧】・【お金をもらって援交する※】は、
欧米ではプロの売春婦だけがやることです・・・まぁ、セックスする年齢の早さも売春婦並ですね。
他国では「セックスしても良い年齢」がきちん法律で定めてありますから。

※【援交】という方法を「日本人女性が海外へ伝えてしまった」ため、
今では他国でも援交が流行りつつあります。無論、流行った時期から考えても※※、
【援交を作って、世界に広めたのは日本人の女性です】
さて、日本の女性の皆様・・・どのようにこの責任を取るつもりですか???

※※ 日本で流行ったのは90年代後半、海外で確認されたのは2002〜2004年以降


韓国から速攻で【不良品はいりません】と返却されると思います。

2008/1/26(土) 午前 1:08 鬼ノ目発進号

鬼の目さん
その韓国は男性限定に徴兵制度が有り韓国人女性はそれに踏ん反り返っているしね、韓国人男性達は軍に徴兵される代わりに公務員の仕事を優先されるのだが、それが無くなってしかも逆らうと抗命罪に問われて最悪銃殺ですからね。

捕捉:ちなみに韓国には戦闘警察隊と言われる警察が有ります。
所謂韓国版SWATですがね、そこには陸軍が訓練を扱っているようですからね。まぁ人権もクソも無いとこですからね、そこでもストレスが溜まる

2008/1/26(土) 午後 1:12 [ - ]

アバター

ああ、確か「2年の軍役を終えると就職ポイントが5ポイント加算される」のに女性が反対して、
その制度が廃止されましたね。男性は軍に行く事が強制、そして何も得られない。
女性は女性に生まれた時点で軍に行かなくても良い。
言ってしまえば「男性は有料・女性は無料」という感覚ですね。
そこに「死刑」が絡んでくるのですから、「女性はただでも生きられるが、男性は只では生かさない」
ま、「日本女性は日本生まれだけど、頭の中身はチョン」と言われている所以になった話ですね。

さすがに国の命令&死刑が両方絡んでくる事はないですが、
やっている方向性は同じであり、これと同じ思想を実行している範囲においては、
日本は韓国よりえげつないですからねぇ。日本の場合は徴兵制は議論されるわ、
去勢説は議論されるわ、男性差別は国家政策〜私生活までありとあらゆるものが揃ってるわ・・・

2008/1/26(土) 午後 9:05 鬼ノ目発進号

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事