鬼ノ目発進号の書斎〜道徳の崩壊と反日勢力の破壊工作を阻止せよ〜

男女平等と個人の自由を皮切りに破壊され尽くされた日本の道徳と、その先にある日本人の人権を無視して特定の差別のみを盾にした移民計画

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


 あれは俺が高校二年のときだから、ずいぶん昔の事になる。 
 高校の体育祭での事件だ。 

 体育祭がそろそろ間近に迫ったある日、家族で食事をしていた。

 
 俺「そろそろ、体育祭があるから当日弁当を作ってくれ。」 

 母「そうだね。応援とか行かなくていいの?」 

 俺「結構だ、高校生にもなって親が見に来るなんて恥ずかしい。」 

 姉「私がお弁当もって応援に行ってあげるよ。」 

 母「あらいいじゃない。それが一番いいわ。」 


 俺は姉のことは嫌いだし、出来る事なら来てほしくないのだが、
 当日弁当が無いと困るしと思っていた。 


 母「○○(俺)、そうしなさい。」 

 俺「(仕方なしに)うん…」 

祖母「じゃあ、当日は私と○○(母)が精魂込めて立派な弁当を作ってやろうかね。」 

 俺「うん、じゃあ、お願いする。」 


 当時、俺は最初に書いたように高校二年、姉は大学一年だ。 

 さて体育祭当日の事である。 
 昼休みとなり食事の時間になった。 

 俺と姉はどこで落ち合うと決めていなかった。 
 姉が「多分行けばわかるよ」と言うのでキッチリここだと決めていなかった。 
 高校は学年事に体育服の色が違うし、学年の人数も大していないので
 すぐわかると思っていたからだ。 

 しかし、どこをさがしても姉の姿は見つからない。 
 必死になって探すがどこにもいない。 
 見つかるまで探すのが本来なのだが、あいにく昼休み時間は限られている。 
 さっさと昼飯を食べないと、午後の競技は始まるのだ。 

 一緒に食べる友達を待たせてあったので、
 自分ひとりがいつまでも時間を費やす訳にもいかない。 
 校舎の時計を見るとすでに20分以上が過ぎている。 
 他の人は場所を見つけ、そこに座りとっくに食事を始めている。
 
 もう立ってあちこち歩いている人はほとんどいない。 
 お互いがお互いを探しあて休憩に入っているのだ。 
  
 立っている人がまばらとなってしまったので、姉の姿が無いのは一目でわかる。 
 姉はいないのだ。 
 俺は姉を探すのを諦めた。 

 待たせていた友達に事情を話し、校外に弁当を買いに行くことにした。 
 本来は外出禁止なのだが仕方が無い。 
 時間も無いので一番近いダイエーに行った。 
 コンビニと違いスーパーの中で、体育服姿の高校生は目立つ目立つ。 
 御丁寧に学年クラスと名前のゼッケンまで縫い付けてあるし。 
  
 スーパー地下で弁当を買って、急いで学校に戻り焦りながら弁当を食べる。 
 一緒に付き合ってくれた友達には感謝をしている。 

 午後になり競技が再開した。 
 結構参加する種目があるので、昼に姉と出会えなかった出来事は
 頭の表舞台からは消えていた。 
 現実が忙しいのだ。

 体育祭も終わり中々充実していたなあと思っていたら、昼間の出来事を思い出した。 
 どうして姉はいなかったのだろう。 
 昼間は自分を探しあてることが出来なかったのであろうか? 
 それならそうと午後の時間を使って一声掛けてくれればいいのに。 

 もう午後6時になりあたりは暗くなりつつあるが、今日一度も姉の姿を見ていない。 
 姉は来ていないのだ! 
 腹が立ってきた。 
 あの人間にはそのようなところがある。 
 平気で口約束を破るのだ。 
 自分で来ると言っておきながら、来ていないのである。

 後日、また食事の席である。 
 このとき姉はおらず、祖母・母・自分の三人である。 


 俺「この間の体育祭だけど、姉に会えなかったけど?」 

祖母「あれ? 当日、私と○○(母)が重箱の弁当を
   作ってあげて○○(姉)に持たせたけど?」 

 俺「いや、当日会っていないよ。
   だから、自分でダイエーに弁当買いに行って友達と食べた。」 

祖母「ええ? ○○(姉)は○○(俺)と会って一
   緒に弁当を食べたと言っていたよ。喜んでいたって。」 

 俺「?」 

 母「おかしいね…」 

 
一体弁当はどこに消えたのであろうか。 

 さらに後日の事である。 
 姉の部屋のテーブルに二枚の写真を見つけた。 
 俺と姉の部屋は和室の続き間であり、
 襖で遮られているだけでお互いプライバシーは無いのだ。 

 一枚目の写真には4人の人物が写っており、女が二人男が二人である。 
 女の一人は姉、もう一人は姉の友達の女だ。
 
 男のほうは体育服を着ている。 
 しかもうちの学校の体育服である。 
 色は青、一年上の三年生だ。 
 背景は見覚えがある。学校の敷地内だ。 
  
 もう一枚の写真には、姉と三年生が二人でじゃれあっている姿が写っていた。 
 あの年頃特有のにやけた笑顔が怒りのロウソクに火をつけた。 

 さらに後日の食卓でのことである。 
 このタイミングを探すのに苦労した。 
 最近父の帰宅が早く家族全員で食事をするからだ。 
 出来る事なら父抜きで話したかったからである。 

 幸い俺・姉・母・祖母と一番最初のメンバーだけになったので、俺から口火を切った。 

  
 俺「この前の体育祭のとき、いなかったんだけど?」 

 姉「いや〜、探したけど見つからなかった。必死で探したんだけどね。」 

 俺「ふ〜ん、じゃあ、何で○○(祖母)には会えたって言ったの??」 

 姉「それは…」 


 あのときの姉の顔を一生忘れる事が出来ない。 
 汚職をした政治家が国会で野党の厳しい追及を受けてしどろもどろになるあの顔だ。
 
 「覚えておりません!」 
 「記憶にございません!」 
 と歯切れよく言い訳をしていたが、動かぬ証拠を突きつけられて
 どうしようもなくなっているあの顔だ。 

 俺は母と祖母の顔を見る。 
 母は娘がとんでもないことをしたという顔をしている。 
 祖母はボケているのか、全てをわかった上でそうしているのか
 何も無かったように御飯を噛んでいる。 

 しばらくの沈黙の後、母が話した。 


 母「○○(姉)ちゃん、あんた…」 


 姉は無言である。 
  
 その後会話は止まった。 
 誰も話さない。 
 箸が止まらないのは、祖母がさっきから何も無かったように
 無言で食事を続けているからである。 
 俺も喋らなかった。 
 さっさと食事を済ませ部屋に戻った。 
  
 その日一日、家の中の会話がほとんど無かった。


  >>結局弁当はどこへいったんだ?


   >>「私が作ったの♪」と言って
    三年生の腹の中 


 姉は、俺だけじゃなく、母・祖母の三人の気持ちを裏切った。 
 俺だけならともかく、息子・孫の為に作った弁当が赤の他人の腹の中。 

 俺も油断していた。 
 赤の他人の女ならそんなことをする奴もいよう。 
 でも、血を分けた姉弟とは! 

 戦国の世は、親子・兄弟が殺しあう事もあったという。 
 伊達政宗も実の母から毒を盛られた。 

 まさか、平和なこの時代に実の姉からこのような卑怯な裏切りをうけるとは。 
 家族だと信じていた自分の愚かさが憎い。 
 姉の正体を見抜けず、17年間過ごしていた自分が憎い。 

 姉の正体の恐ろしさをわかっていない父にも腹が立つ。 

 戦国の世なら殺してやりたいが、平成の世では自分が殺人者になる。 
 最近あった、茨城や岡山の殺人鬼とは違う。 

 でも俺は姉を許さない。 
 自分の命が続くまで、霊魂となりても許さない。 
 末代まで呪ってやる。 

     ※女性は特に【恋愛のため】ならば、平気でウソをつく・・・例え相手が「大切な家族」であっても・・・

      ちなみに、スイスの研究所が採った国際的な【女性のウソ】に関する統計では、
      【大切な人にウソをついたことがある YES・・・96%】
      【相手の人生が変わるかもしれない大きなウソをついたことがある YES・・・84%】

      女性は「呼吸するのと同じくらい【ウソをつくのが当たり前】の生き物」・・・
      少なくとも、【性格が世界で最も悪い】とも言われている
      「いまの日本女性を助ける」のは「犯罪者を助ける」のと同じこと。

      単に日本では「年齢をサバ読む」・「恋愛詐欺」・「相手を陥れる」などの、
      女性がよくやる行動が【犯罪】として扱われていないから、逮捕されないだけの話・・・
      いや、明らかに犯罪である【売春】も見逃されている。殺人や傷害くらいでしか逮捕されない。

      だから他の国でも同じように振舞ってしまった日本の女性がよく検挙される傾向が事実としてある。
      本来ならば【日本国内でも逮捕】されなければならないのだが、女性優遇社会の日本では無理。
      こうやって「無視する」ということくらいしか、有効な手立てがないというのもおかしな話だ。





https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13

閉じる コメント(8)

顔アイコン

最近このブログを見つけ拝見しております。
親族、血族の嘘と言うのは本当に空気を汚す裏切りですよね。
自分の場合、母がフェミ思考で幼少時から常に対立していました。
自分が常に優勢である立場だと勘違いし、感情論でモノを言い、
勝ち誇った様な態度である様が大嫌いでした。
何故、相手の立場、相手の状況を論理的に解釈出来ないんでしょうかね?
自分だけの感情で行動している女は本当にどうかしてるとしか思えません。

2008/4/10(木) 午後 4:22 [ 170 ]

子供っていずれは自分が伴侶を見つけて家庭を作っていくものだから
親より恋人が大事になるのは当然かも知れないとは思います。
遠い祖先の時代からそうして続いてきたのですから。つまりハッキリ言えば兄弟より大事になるのかもしれません。それが感情に支配されるということだと思います。
本当は親兄弟と恋人とに対する気持ちは比べられるものではありませんが、理性が消える時もあるかも・・。
でもどんな時であろうとも最低限の思いやりだけは失ってはいけませんよね。

2008/4/10(木) 午後 10:04 bel**321*07

アバター

>子供っていずれは自分が伴侶を見つけて家庭を作っていくものだから
親より恋人が大事になるのは当然かも知れないとは思います。

ええ、そうです。それが「当たり前の事」ですね。
しかし「女性にはその【当たり前のこと】が理解出来ない」

・・・それで起こるのが「嫁 VS姑 戦争」ですなwww

2008/4/11(金) 午前 1:59 鬼ノ目発進号

アバター

170さんへ

そうですね。人間である以上「論理に基づいた話」をしなければなりません。
この地球で「唯一、理性・理論を持っている生物」なのですから。

自分の感情を垂れ流しにするだけならば、「おなかがすいた時に【ニャ〜〜〜〜!!!】
と思い切り怒るウチの猫や他の動物と変わりありません。

ま、現状を見ている限り「女性はそれらの野生動物と変わらない」のですけれどもね。
その証拠なら私のこのブログ1つの中にだけでも十分すぎるくらいにあります

2008/4/11(金) 午前 2:05 鬼ノ目発進号

アバター

また、2ちゃんの「男女の違いスレ」にもありましたが、

【男は自分を責め、女は他人を責める】

>家族だと信じていた自分の愚かさが憎い。
姉の正体を見抜けず、17年間過ごしていた自分が憎い。

自分が被害者でも自分を責めるのですよ、男性は。
「なぜ、このようなことになる前に気付かなかったのだ???」と・・・

これが「女性=幼稚園児の頃から成長していない」
「男性=どんどん成長していく」の決定的な違いですね。

女性の場合は「自分が悪くても他人のせい」ですから。成長するわけがありません。

2008/4/11(金) 午前 2:13 鬼ノ目発進号

顔アイコン

またまたでっち上げ女登場!!

http://www.asahi.com/national/update/0411/OSK200804110049.html

この事件追っていた事件でした。

当時の記事を読んだだけでも首を傾げる内容でしたが「やはり」
って感想です。

本当に日本の女は虚偽の性犯罪で無実の男性をでっち上げる輩が
多い!!

2008/4/11(金) 午後 7:26 [ 南西諸島 ]

顔アイコン

本当に女性とは呼吸をするように嘘を付く生き物だと常々思う。
常に自分中心で物事を考えるから留置所や法廷で必死に真実を訴え
闘っている被害者の男性に対して哀れみの心すらもたず平然と嘘を
つき続ける神経は人とは呼べないと思う。

畠山容疑者やサオリ容疑者もとにかく言い訳ばかりで罪を悔いる
よりも被害者に責任を転嫁する手法に終止した。
それと嘘の上塗りも得意分野で「隠蔽工作」も歴代女性犯罪者が
用いる常套手段である。

最後に性犯罪でっち上げのケースも長い間拘留されている被害者の
男性の苦しみすら何とも思わず平然と法廷では嘘を付き続け、
更に男性が無罪になっても女性は「絶対に謝罪しない」のだっ!!

本当に無責任で悪質で人間の心すらない生き物だと思ってしまう。

過去このブログで女性の性犯罪を貼り付けて来たが、犯人の女性を
断罪する同じ女性の台詞は皆無に等しかった。

2008/4/11(金) 午後 9:01 [ 南西諸島 ]

顔アイコン

これだから、人間は末恐ろしい。
身内であっても、自分自身以外は他人と同格という思想。
自分のことを優先して、偽りをしてもお構いなし。

こういう人は、とっくの昔に・・・、いや習った時に
習っていることを忘れて育っているからそのようなことを起こしているのだと思います。

だから、
「自分自身、命がなくなっても悔恨を植え付けた人間を許さない。 ずっと、呪う!」

2008/4/11(金) 午後 10:29 [ smart-intelligence ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事