鬼ノ目発進号の書斎〜道徳の崩壊と反日勢力の破壊工作を阻止せよ〜

男女平等と個人の自由を皮切りに破壊され尽くされた日本の道徳と、その先にある日本人の人権を無視して特定の差別のみを盾にした移民計画

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

女性からの「謂れの無い責任転嫁」や「根拠不明のいちゃもん」、特に「それはお前自身の問題だろ!」と
言いたくなるような言葉は幾らでも拝見できるが、それは個人の話に限ったことではない。
「自分は与えられて当たり前」・「自分は守られて当たり前」という考えが行き過ぎていて、
何かあれば被害妄想を起こして他者に責任を投げかけてくる。彼女達の頭に【自分が悪い】という言葉は無い。

そんな中で、余計な気を使わなければならない立場になってしまっているのが【生産側】である。
今回のお題は「生産効率や安全性を狂わせかねない女性達」という話です。

そもそも、なぜこの様なことが起こるのか?と言えば、答えは簡単です。
女性は【権利は主張するが、義務は受け入れないから】それに尽きます。

説明すれば簡単なことです。
まず【安心】は与えられるもの。。。つまり購入者に保障されるものや、受け取れる権利などです。
例えば「○○さんのところに任せてあるから安心だわ」とか
「GPSを持たせているから安心だわ」とか「いざという時にセキュリティーがあるから安心だわ」とか、
他の者や物の力を借りたり頼ったりすること、保障されている範囲の権利や保護を「安心」と言います。

しかし、逆に【安全】というものは保障されるものではありません。
これは言葉にすればより一層分かりやすいことです。


安全確認をして下さい

安全に扱うために、以下の項目をお守り下さい

安全運転をして下さい



安全というのは安心とは真逆で「購入した人・使う人がちゃんとルールを守る」という事を指します。
つまり「安心・安全」というのは【こちらも出来る限り良い物を提供しますが、
そちらもきちんとルールや使用法や禁則事項や常識を守って正しく使ってくださいね】
この両方がきちんと守られて、初めて【安心で安全】が実現可能なのです。

つまり「安全」というものは【購入者自身に管理責任が求められる】ことを指すわけです。
しかし、女性の主張はどうでしょうか???「安心で安全な社会を!!!」とか
「100%安心・安全な物を消費者に!!!」とか、全く自分の責任という言葉が出てきません。
それどころか、自分たちが守るべき【安全】の項目まで企業に押し付けてしまっています。

つまり、
【私達には買う権利と使う権利はあるが、管理したり危険を予測する義務は無い】と言っているに等しい主張を堂々としているわけです。。。女性の社会進出でやっている事と基本は同じですね。さすがクズです。

企業としては「製品そのものの不備」(バッテリーが爆発するやら、タイヤが勝手に外れるやら)
そんな不良品は企業が責任を持って回収・修理・代替品を配布して責任も取らなければならないですが、
なぜ説明も読まない・守らない・管理もしない、おバカさんの責任まで企業が肩代わりしなくちゃならないの?

まさに「権利と自由は女性のものよ!!!でも、義務と責任は男のものだからね?分かった?」の考えを
そのまま「権利と自由は消費者のものよ!!!でも、義務と責任は企業のものだからね?分かった?」に
変えただけじゃん。さすが同じ女性がやっているだけに、結果も全く同じことになるのですね。道理です。

これらの有名な話の代表格として、アメリカのマクドナルド訴訟がある。
所謂「HOT・HOT・HOT」ですねw・・・←この言葉で藤井隆の「HOT!HOT!」を
思い浮かべてしまった人。。。素直に挙手(−−)ノ”

女性が「HOTコーヒー」を注文して、それを店員から受け取ったわけなのだが、
熱くてコップから誤って手を放してしまって、体に火傷を負ってしまったのですね。

しかし、ホットコーヒーという熱い飲み物を頼んだのだから、手に取った時に熱いのは当たり前だ。
これくらい誰にでも予測が出来るだろう。第一、自分がそのHOTを注文したのだから。
しかし、その女性は「熱いという事を渡す時に注意してくれなかった」とマクドナルドに対して訴訟を起こし、
なんとその女性が勝ってしまった。。。今のアメリカの訴訟大国化はここから始まったとも言われ、
単なる訴訟なのに「マクドナルド・コーヒー【事件】」と呼ばれているわけです。
つまり「今のアメリカの訴訟の多さ」は【一人の我侭女性から始まっている」とも言えるわけですね。

で、日本でも女性が発言力を手に入れたら同じ事が起こるだろうと、もう既に推測されていたわけで
ましてこのアメリカの例があるから、ジェンフリ団体・フェミ団体や女性が社会に大々的に出てきたと同時に、
「お足元にお気を付け下さい」「段差がありますのでお気を付け下さい」「扉が閉まります、ご注意下さい」
「発進します」「停止信号です」などという当たり前の言葉をわざわざ言う必要が出てきた。

これはフジテレビで【たけしの日本教育白書】にも、その題材が取り上げられたことがあるが、
最後の最後まで「アメリカでの訴訟と、日本企業の警戒」や「日本の女性も同じ主張をしている」ことは
決して取り上げられることはなかった。。。さすがフェミテレビですな。

つまりこの時点で「女性は子供と同じように【危ないよ】と言ってあげないと分からない生き物だ」と、
社会から認識されているということだ。モンスター消費者などが出てくる前からこの手の忠告が出てきた。
企業は先手を打って注意勧告を強化したわけなのだが、まだまだ子供でそんな事を知らなかった私ですら、
「いちいち、そんなことを言う必要あるの???近頃なんか細かいなぁ」と、薄々分かっていたよ。
(特にこういう事は、自己責任が当たり前と教えられている男性にとっては不思議に感じるからねぇ)

バスに乗っている時でも、わざわざ「赤信号です」とか「発進します」とか「動きます」って言われなくても、
そりゃ目の前の信号が赤になったら止まるだろうし、青になったら発進するくらいバカでも分かる。
でも、その「バカでも分かること」を理由に女性は平気で堂々と裁判で多額の賠償金を訴えてくる。

「お金の為なのか?」・「それとも本当に危険予測が一切出来ないのか?」・「単に気に入らないのか?」
どちらなのかは、女性・消費者団体の当人達しか知らないが、女性達がまともな人間じゃないという事と、
少なくとも彼女達が世の中に出てこなければ訴訟大国化などは最初からなかったことだけは分かる。

男ばかりの社会の時は、そんな「あなた気が狂ってるの?」という感じのバカな訴えなんて、
そんなものは精神的にちょっとおかしい人間じゃない限りなかったもの。もちろんアメリカでもね。

でも、そういう事で訴えてお金を手に入れられるっていう事が広まってしまえば、
当然それを悪用する奴も出てくるし、結果として訴訟大国化してしまう。
その為に、例外なく「自己責任」「安全確認は自分で行ってください」となっているのに。。。
そういう事も理解できないのでしょうね。。。だって、女性からはこれに関しても反論がない。

蒟蒻ゼリーの時だって、女性からの反応は「この訴えそのものがおかしいよ!」じゃなくて、
「あれ好きだったから、無くなってほしくない」とか、やっぱり「自分が好きか?嫌いか?」だけの判断。
訴えがおかしくても、自分も「それ(その企業など)」が嫌いだったら、その訴えは正しいことになるの?

これじゃ、新製品を作りたくても作れない業種も相当出てくるだろうねぇ。
こんな事で訴えられるのだったら怖くて物を作れないよ。
(しかも、シュレッダーの件でも分かるように、女性は「家庭用」と「業務用」の区別や特性も理解しない。
 家庭用は安心設計が基本だけど、業務用は効率を一番に重視してある。そこに安心・安全を求めてくる)

何も創造・新開発を出来ないクセに、邪魔をする事と訴えることだけは3人前。。。これのどこが社会人なの?
幾ら日本人男性が手先が器用で創造が得意とは言え、「100%安心・安全なもの」なんて出来ませんから。
世界恐慌の最中、これからが正念場という時に手を貸すどころか負担しか生まないってどういう事?



















     にほんブログ村ランキング 更に上位目指して頑張ります☆ご協力ヨロシクです☆
                            ↓
                 https://politics.blogmura.com/politicalissue/

閉じる コメント(12)

顔アイコン

日本のメス豚を絶滅に追い込んでいくためのアプローチとして、日本女に対して法的制裁という手段が効果的と最近考えています。

日本のメス豚どもは、自分の責任を追及されることや、自分が悪者になるのを極度に恐れている節があります。

たとえば、痴漢やレイプでっち上げをしたメス豚には虚偽告訴罪で刑事告訴。加えて民事訴訟でメス豚から慰謝料をとる。またマスゴミでメス豚が男性を侮辱した発言などに対しては、まとめサイトを作ったり電凸などで徹底的に責任追及をするなどの方法が考えられます。

つまるところ、ふだん自分は守られて当然などとスカした考えをしてるメス豚どもに実力行使を行っていくということです。

2008/12/26(金) 午後 10:55 [ masao@これほど醜い日本人女性 ]

顔アイコン

併せて、餓殺しに持ち込むのも肝要かと。

結婚しない、恋愛しない、端的に言うなら女に関わらないことで、男性から女性への金銭の移動を封じれば、所得水準の男女差から言えば女性側がより困るのは確か。

その際に、下手に温情をかけず、豊臣秀吉の鳥取城攻めに倣って徹底的に締め上げるのが重要。更にブランドバッグや宝石など物欲を煽って金を巻き上げれば効果的なのは言うまでもないかと思われ。

2008/12/26(金) 午後 11:04 [ tenjinshougun ]

顔アイコン

”日本反日協会”のNHKもフェミテレビですよね。
離婚ゼロだという中国の山村のミャオ族の夫婦円満の秘訣を、
とある日本の夫婦(妻は主婦)が学ぶという企画の番組。
日本の社会との違いを無視して、なんだかんだいっても男は忍耐!が、
夫婦円満の世界のルールだと取れる内容でした。

視聴料を取って公共の電波で反日思想をタレ流すのは、
さすが”日本反日協会”といったところ?

2008/12/26(金) 午後 11:11 刑事

>なんだかんだいっても男は忍耐!

「任意で苦行せよ」と言われて志願する人はいないっすよねw

2008/12/26(金) 午後 11:57 [ sukekiyo ]

顔アイコン

>なんだかんだいっても男は忍耐!

耐えただけの見返りが期待できるなら兎も角、、何も無いのに忍耐するのはただのマゾヒストですしねえ・・・

2008/12/27(土) 午前 0:05 [ tenjinshougun ]

顔アイコン

ここでいいのかどうか知りませんが、教えてGooで男性差別のリンクを見たら「男性差別など存在しない」というブログがあって、読むと、「男が女におごるのも当たり前である」

危険な職場についている97パーセントが男であるというのなら、その職場を安全にすれば良いではないか。
その程度のこともできない男に男性差別などという資格はない。ただの弱い男の泣き声である。
と述べていました。

それが多く多くの女性の本音なら恐ろしいことです。

すべて責任を男に押し付けて当然という文章でした。

職場を安全にしたら良いではないか と言いいますが、「そういう以前に女も平等ならそういう職業に就いてみろ」と言いたいです。

2009/6/26(金) 午前 1:20 [ kentoppu ]

アバター

>危険な職場についている97パーセントが男であるというのなら、
>その職場を安全にすれば良いではないか。

この言葉が如何に無知なのかを表していますよねぇ。
安全って、少なくともそういう意味じゃないでしょうに。

危険であるからこそ、安全に気を配るわけであり、危険を取り除く事が安全なのではない。
(それは「安心」と言います)

それに、取り除く事が出来ないから身の安全に対して気を配らなきゃいけないわけで、
ホント「パンがなければケーキを食べれば良いじゃない」並の発言ですよね。

女性なんて、自分の身の安全の1つすら他人任せのクセに。
つうか「物理的に物を考える」って事が不可能なのでしょう。
だからこんにゃくゼリーのような事が起きるし、それも他人のせいにするのでしょう。

2009/6/26(金) 午前 6:56 鬼ノ目発進号

アバター

>それが多く多くの女性の本音なら恐ろしいことです。

それが殆どの女性の本音ですね。
「安心で安全」という言葉を大多数の女性が使う通りです。

何が安全で・何が安心かも分からないのなら、そういう考えに至りますし、
そういう考えに至っているから「安心と安全」という相反する言葉が
同一線上で並列するわけですから(本来はそれぞれ真逆の意味の言葉)

安心とは「取り除ける範囲の危険を取り除き、安堵できる物や環境を作る事」

安全とは「取り除くのが非常に困難であるから、各個人に気をつけてもらうこと」

「可と不可」・「水と油」のような言葉なんですよね。
それらの「自助努力が必要なもの」を取り除く事すら他人任せにしているような人間が、
まるで当たり前のようにこういう事を考えているのが現実でしょう。

危険な事を代わりに受け持ってくれているから、
自分たちが安心して暮らせているという考えの1つすらない。

これは「女性は子供を産めるから」も同じですよね。
安心して育てていける環境が整えられているのは男性のお陰なのに。

2009/6/26(金) 午前 7:13 鬼ノ目発進号

アバター

何なら山奥にでも篭ってからこれら2つの言葉を発してほしいものですね。
自分の頭で理解する能力も無いのなら、体で覚えるしかないでしょう。
提供される側・受給している側が、提供している側より偉そうって、
日本の女性くらいなものでしょう。

「日本の女性は情がなさ過ぎる」と
多国の女性から突っ込み喰らってますが、そりゃ自分たちの安心できる環境すら、
異性が作ってくれている事に感謝の1つもせず、「当たり前」だと思いながら生きているのですから、

そんな人間に情などという言葉が存在するはずも無く、また存在しているのなら、この程度のことは即時に理解できるはずですから。
しかし、こんな当たり前の事1つすら理解できる女性は絶滅状態です。

言うなれば「魚はスーパーに売っている」と思っているのですよね。
魚は漁師が汗水流して、危険を顧みず海から獲ってきてくれているものなのに、
それを「当たり前・それがあなたの仕事でしょ」だけで済ませるのが女性です。

2009/6/26(金) 午前 7:15 鬼ノ目発進号

アバター

そうでなければ、自分の身における危険は自分の処遇・処理能力に原因があることも、
他の者のために身を危険に晒す事の偉大性も、それらの根本は取り除けない部分があることも、
理解していれば「男性を敬わない」なんて発想は生まれるはずもありませんもの。

・・・一度、アフリカ辺りにでも移住してもらわないと理解できないのでしょうね。
男性の能力がまともに機能していなければ、どういう環境になるのか?
子供を産むことが出来ても、子供の5人に1人が5歳まで生きていられないって世界をね。
それだけ取り除ける危険は取り除けるように努力はしているはずなのに、
取り除けない分野も取り除け、それが出来ないのは情けないだけなんて、
そんな事を言えないです。まぁ、女性は平気で言うわけですけどね。

何せ「安心で安全なもの」とか平気で言うくらいですから。
頭の中に「自分で危険を取り除く」という考えも、危険を取り除く事の難しさも、
何も理解していない+出来ないからこそ、こういう言葉を使えるわけですし。

2009/6/26(金) 午前 7:15 鬼ノ目発進号

顔アイコン

>「お足元にお気を付け下さい」~「停止信号です」
↑これについては、PLPもあるかもしれないです。(所謂、『猫を乾燥機に入れた』の類ですね。)
あと、
>頭の中に「自分で危険を取り除く」という考えも、危険を取り除く事の難しさも、
何も理解していない+出来ないからこそ、こういう言葉を使えるわけですし。
もし女性の大多数が↑のような安全観の持ち主だった場合、
自動車の運転なんか危なくて任せられなくなります。
何故ならば、自分で安全確認しなかったら、交通安全なんか守れるわけないですからね。
ただ工事現場に関しては、ガテン系の女性がHPで訴えれば、
少しは改善されるかも。女性だって自分の命は惜しいですから。

2009/12/14(月) 午前 1:45 [ The-Realist ]

顔アイコン

>護身無き転嫁と謂れ無き責任
タイトルが日本語としておかしい。

2011/11/23(水) 午後 1:46 [ war*w*rato ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事