鬼ノ目発進号の書斎〜道徳の崩壊と反日勢力の破壊工作を阻止せよ〜

男女平等と個人の自由を皮切りに破壊され尽くされた日本の道徳と、その先にある日本人の人権を無視して特定の差別のみを盾にした移民計画

全体表示

[ リスト ]

ドメスティックバイオレンス(DV) — DVは、
婚姻や恋愛関係にある男女間での暴力であるため
本来であれば女性から男性への暴力も含まれるが
「夫または恋人などの男性から女性への暴力」と説明される場合が多い。

これは本来ジェンダーバイオレンス(GV)と
呼ばれるものであり、誤用である。

ほとんどのDVが男性から
女性への暴力と考えられる場合が多い。

しかし、平成17年度に内閣府が実施した
「男女間における暴力に関する調査」によると
DVの被害を受けた経験がある女性は33.2%、
男性は17.4%であり、圧倒的多数の被害者が
女性というのは誤りである。

また、事実、内閣府の調査によると
ドメスティックバイオレンスの被害の相談については
「どこ(だれ)にも相談しなかった」は、
女性で46.9%、男性では84.4%となっており
男性のほとんどはDVの被害に遭いながら相談しない
むしろできないという傾向がある事から、
男性の被害者の割合は調査結果を上回ると見られる。

さらに男女共同参画センターに男性センターがない場合や、
あっても開設時間が短時間である場合が多い上、
担当者が女性であることが多く、男性の被害者への態度には
「相談者側に非がある」と追い詰るなどの冷淡な対応があり
男性被害者の利用を阻害している。

なお「デートDV」について神戸市が市内の高校生に
行った調査によるとデートDVを受けたことがある
と回答したのは女子が38%で、男子が28.7%と
女子の方が10%ほど高かったが、このうち
「なぐられたり、けられたりする」(男性3.9%、女性3.3%)
「命の危険を感じるほどの暴力をされる」(男性1.4%、女性1.3%)
など直接的な暴力を振るわれるのは男子生徒の方が多いことがわかった

≪ウィキペディア -男性差別- より≫

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事