鬼ノ目発進号の書斎〜道徳の崩壊と反日勢力の破壊工作を阻止せよ〜

男女平等と個人の自由を皮切りに破壊され尽くされた日本の道徳と、その先にある日本人の人権を無視して特定の差別のみを盾にした移民計画

全体表示

[ リスト ]

■車いすマークの駐車場、妊婦はダメ? 誰が使えるのか、
  国からは意外な回答が… 自治体では新たな動きも
(ウィズニュース - 11月12日 07:10)

それが妊婦の方々が望んでいる「優しさ」なのでしょうか?

子供を産めるのは女性だけ!!
あなただって女性から生まれてきた!!

と言えば何をやっても許されて当然!という考え方が
まるで当たり前のように蔓延しておりますね。

まぁ…それはそれで、別に構いません。

ただ、そのような「昭和時代のヤクザ屋さんか何かですか?」みたいなことを
平気な顔で出来る人達が「どういう目で見られるのか?」というのは
覚悟しておいた方がいいと思います。それも個々の判断の自由のはずです。

今の女性達の頭の中では「優しさ」と「特権階級」が
完全にゴチャ混ぜになっています。

ある意味、あの乙武さんの態度と大差ないですね。
そういう部分では女性は本物の障害者より遥かに厄介です。


妊婦の方々に優しくするのは当然でしょう。それに対しては
特に疑問もなければ一般人より優先すべき事項ではあるでしょう。

ただ「ワタシは妊婦様なのよ!!」という喧嘩腰の態度で
社会に迫っていくのなら「何様ですか?」という話に
なっていくのも、これは人として当たり前の事でしょう。

まして「子供を産めるのは女性・あなたも女性から産まれた」などと
そんな誰が悪いわけでもない生物的な話までをも盾に出すのなら

もはや【命を盾にしている・命をダシにしている】に等しい行為です。

その時点で、それは妊婦とか関係なく「人間として最低な行為」です。

妊婦に厳しい視線、って、それはこのように
女性が自分達で生み出してきた問題でしょう。

それは社会のせいで起きた問題でも、
周りの環境のせいで起きた問題でもありません。

女性達の態度が引き起こしている問題です。






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事