鬼ノ目発進号の書斎〜道徳の崩壊と反日勢力の破壊工作を阻止せよ〜

男女平等と個人の自由を皮切りに破壊され尽くされた日本の道徳と、その先にある日本人の人権を無視して特定の差別のみを盾にした移民計画

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


正直なところ付き合って「失敗した?」と思う相手ランキング

1	頻繁にウソをつく
2	浮気性
3	一般常識を知らない
4	見栄を張りたがる
5	お金に細かい

恋愛において、付き合う前や付き合い始めはお互いの良いところばかり見えて、
相手の欠点にはなかなか目が行かないもの。
しかし、付き合いが長くなるにつれて「この人、こんな人だったの…?」というのは、
よくあること。そこで、付き合って「失敗した」と思った相手について聞いたところ、
男女とも1位になったのは《頻繁にウソをつく》でした。

続いて《浮気性》《一般常識を知らない》など、好きな時はわからなかったり、
なんとなく気付いていても見ないことにしてしまったり、という項目が並びました。

1位になったのは《頻繁にウソをつく》。自分に対して誠実でない人に対して、
好きという感情は持てないですよね。今まで2人で話していた内容もどうせウソなのね…
なんて思い始めたら、お付き合いが続かないということになりかねません。

2位は《浮気性》。恋人の浮気が発覚したときに「失敗した〜」と思って別れるのか、
許して付き合い続けるのかは人にもよりそうですが、
《浮気性》な恋人はできれば避けたいところです。

また、気になるのは男女の結果の違い。1位の《頻繁にウソをつく》以外は、
違う項目が上位にランク・インする結果になりました。

男性から見ると《おごってもらうのが当然》の彼女はNGのようですが、逆に
女性から見ると《お金に細かい》男性はちょっと…と、
できればおごってもらいたいという女性の本音が垣間見えそうな結果に。
男女での意識の違いは意外に大きいかも!?

自分のことは棚に上げてつい相手の欠点ばかりに目がいってしまうものですが、
自分の行動が相手に「失敗した〜」と思わせていないかランキングをチェックしてみては?

       ※嘘をつく(女性の60%以上が「相手の目をジッと見ながらでも平気で嘘をつける」 
               女性の90%近くが「恋愛関係にある相手の嘘を付いた経験がある」
               そのうち40%が「相手の人生が変わるような嘘をついたことがある」)

        浮気する(未婚女性の60%が浮気経験あり ヤフーパートナー 男性は30%
               今の恋人よりも良い人が現れたら乗り換える YES80% 男性はNO90%)

        一般常識を知らない(女性は一般常識を勝手に作り変えます。さらに非常識を勝手に常識にします)

        見栄を張りたがる(ブランド・ファッション・自分磨き・メイクで着飾って偽った人間性を
                    「これが本当の私なのよw」と、自分で自分を誤魔化す・・・見栄の塊です。
                     さらに「本当に必要な内面性」に関して、習得しようとしません)

        お金に細かい(普通、常識的に考えて「相手には奢れと言って、自分は奢らない人間」が、
                 一番お金に細かい+汚いです。まさに女性が普段からやっていることですが)

        自分のことは棚に上げて、つい相手の欠点ばかりに目がいってしまう
        (まさに女性がネット・ブログ・ミクシィ・大手小町・真面目な議論上でやっていることです。
         マクロの話を個人叩き・ミクロ論に変えるのも、勝手な妄想からレッテルを作って貼るのも、
         主に女性がやっていることです。故に、女の世界ではドロドロのイジメが年中絶えません)


        結論 こんな人と付き合って「失敗した」と思わせること=女性が普段からやっていること

        本当に、貴重なご意見をありがとうございました。


あと一歩結婚に踏み切れない理由ランキング

1	もっと自分に合う人がいるのではと思うから
2	金銭感覚が違うから
3	きっかけがないから
4	今のままで困らないから
5	結婚後は相手の親との同居が決まっているから

結婚適齢期に差し掛かり、長年付き合った相手を前に真剣に結婚を考えなくもないこの頃。
結婚に踏み切るあと一歩が足りない…。少子化にも大きく関わる問題ともいえそうな婚姻率。

厚生労働省から発表された「婚姻に関する統計について」によれば、
平成14年以降減少の一途を辿っているようです。
「あと一歩結婚に踏み切れない理由ランキング」では、
結婚を踏みとどまってしまうその“一歩”について迫ってみました。

最も多かった理由は《もっと自分に合う人がいるのではと思うから》でした。
結婚という人生の一大イベントを前に「本当にこの人でいいのかしら」なんて
思いをめぐらせてしまうものかもしれません。

付き合いを何年重ねようとも、まだまだわからないことだらけ。
その先の未来のことだから答えが出ないのはわかっていても悩んでしまう事柄かもしれません。
人生の先輩である両親や祖父母に相談してみたら、何かヒントがもらえるかもしれませんね。

2位は《金銭感覚が違うから》。この先の長い人生に必要不可欠なお金。
結婚を目前に控え、なにかと費用がかかることを考えれば堅実にお金を使いたいところですが、
一方で相手がダラダラと浪費グセが抜けないとなれば、
この先の将来まで不安になってしまいそうですね。

また3位《きっかけがないから》や、4位《今のままで困らないから》と、
何か背中を押されるような出来事を待ち望む人や、
今現在のお互いに自立した関係に満足している人も。

また、5位《結婚後は相手の親との同居が決まっているから》と
決められた路線が目に見えていて、億劫になってしまう人や、
7位《相手の親と相性が良くないから》とやはり結婚は2人だけのものではないという部分が
大きくネックになる人も多いようです。

結婚は“忍耐”なんてネガティブな言われ方もされますが、
2人ならば喜びが2倍に悲しみは半分にと、長い人生を共に歩むパートナーがいるというのは、
何よりも心強いものではないでしょうか。

        ※最後の3行は凄いよね。近頃のアンケートの必死さも素晴らしいけど。

         その「心強いと思わせるだけの女性」と結婚が出来るどころか、
         まともな貞操・道徳・良識を持っている女性が基本的に絶滅状態だから困っているのに、
         そこをスルーして「結婚後」・「結婚すること前提」で語りますか。

         なぜにここまで酷い女性だらけの状態で、
         「喜びが2倍・悲しみが半分」って言葉が出てくるのだろう?
         この時点でも都合の悪いことはスルーですよね。

         「アレも手伝え・これも手伝え、男性も家の事を自分でやるのが当然よwと足引っ張られて、
          仕事の効率や将来性のある能力・知識を育成するための時間などが半減。
          (男性の場合、趣味からプロに転向するパターンや、それが副職になるパターンも顕著であり、
           また男性は分脳なので「趣味の知識が仕事にも反映する」ので趣味も立派な仕事の一環です)
          極度に少ないお小遣いで買いたいものも買えずに悲しみが倍増」の間違いでは?

         それどころか「女性は基本的に良い人ばかり」
         「女性は夫の役に立つに決まっている」っていう前提で話をしてますよね。
         その「良い女性」ってのが、数千人に1人くらいの生存確率なのですが。。。

         女って、都合の悪い事項は無視して勝手に次のステップの話をしますよね。
         縦列駐車すら出来ない問題が目の前にあるのに、最終検定の心配をするくらいのレベル。
         さらに自分の腕が悪いのに「講師の教え方が悪い」と平気で言うくらいのレベル。

         大抵の女性がやっている事ってこんな感じで、そんな人と結婚って・・・
         常識的に考えて、この女性の思想の現状では男性の方がマリッジブルーになるはずなのだが。

         つうか、第一位の「もっと自分に合う人がいるのではと思うから」
         これって、相手の存在をきちんと愛してたら出てこない感情・発想のはずなのですが。。。
         結局、女性にとって「愛」とか「恋」とか「結婚」っていうものすら
         「自分にとっての都合の良さ・悪さ次第で、いくらでも変わるもの」なんですよね。

         ハッキリ言って、女性の「愛してる♪」そのものが嘘八百か一時的なことなのですねぇ。
         「都合が良い=愛してる」ではありませんから。
         「あなたがいない人生なんて考えられません」って条件なしで言えるのが愛ですから。

         言うなれば≪【本気で】【相手がこの人だからこそ】【結婚するつもりです】≫
         という本来当たり前であるはずの「愛情」という感覚が無いのは女性なんだよね。
         そんな人と結ばれて、相手の人が幸せになれるわけないじゃん。それすら分からないの?

         「結婚する前から相手を裏切っている」と言われても当然の状態なのに、
         その状態で「結婚して幸せになりたいの♪」なんて、どういうブラックジョーク?
         あくまで女性が考えている【幸せ】とは「あくまで自分の幸せ(パートナーの幸せは無視)」が
         デフォルトの思考なのだと、よ〜〜〜く分かりますね。

         (ついでに涼子がどれだけ性格+道徳+人間の出来てる良い嫁さんなのか改めて実感したわ。
          ※「そんな自分勝手な考えじゃ、結婚する男の人が可愛そうだよ。相手の事を第一に考えな!」
            という言葉は、そもそも涼子が恋愛相談で実際に使っていた言葉からの受け売り。
            そういう出来た娘さんです。。。このレベルじゃなきゃ男性は結婚しない方が良い)


イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


「成長恋愛」で愛されながら夢を叶える!


“相手を成長させ、プロデュースしてあげる気持ち”も大切です!
■人生の成功は「互いに磨きあえる相手」との恋が握る

一緒に静かに読書をして、心にとまった「生きる知恵」を教えあうことがある。
天に向かって一緒に夢を叫ぶことがある。憧れに身を震わす瞬間もあれば、
堅実な転職やキャリアアップのための慎重論をぶつけ合うこともある。

仲間と恋人と「バカ騒ぎして踊り狂う」日もある。
過去も未来も忘れ溶け合うような抱擁をする夜もある。
人としてすべてのふり幅に向けて「互いを育てあう」。

これに共感したあなたはすでに「愛されながら夢を叶える成長恋愛」を実行している人です。
今回は今の時代を生き抜くための新しい「恋愛のカタチ」。
「愛されながら夢を叶える成長恋愛」をテーマにお送りいたします。

■信念を持ちながらも変化を恐れない相手と恋をする

まずは出会った当初の判別方法から。
最初は誰しもサービス精神旺盛で会話を盛り上げようとします。
しかし、二人で深いところまでを話す段階で、
「成長恋愛」にふさわしい相手かどうかを見極める必要があります。

最初に「仕事や夢に対してすこしでもワクワクできているか?」ということをチェック。
これは「今の仕事はこうだけど、次にはこういうことしたい!」という
「夢の途中」も合格です。そのために今の会社や仕事を否定したり、
愚痴ったりするのはアリ!最終的にDreamの印象が強ければOKです!

そして次に「友達を大切にする情があるか?」ということ。
「自分が自分が…」とスコア主義でドライすぎる人、一匹狼過ぎる人、
衝動的すぎる人は NGです。一ヵ所でもお人好しな部分が垣間見れればOKです!
友達なしには人間は本当の心の成長はありえません。
成功してもかならず心のバランスを崩してしまいます。
この友達力は絶対に妥協してはいけない素質です。

さあ、そして次に友人の質、ズバリ「好感度があるかないか?」をチェック!
見るのはオーラ。雰囲気、空気感です。バックグラウンドよりもこっちのほうが大事です。
すがすがしさのない、暗い、どよんとしたオーラの仲間と
ツルんでいる相手は避けておきましょう。その反対であれば合格です!
明るく、すがすがしく、肯定的な言葉が多く、
笑わせてくれる仲間に囲まれていたならば合格です。

最後に、本人が「変化を恐れない人」であるかも大事です。
しがらみや常識から飛び出る勇気のある相手かどうかを見極めます。

たくさん条件をあげましたが、決して難しい条件ではないはずです。
ハーバードMBAホルダーで、年収2000万以上などの装備(スペック)的条件は
一つもあげていませんよね!

        ※スペック的なことは1つも言ってないが、
         ある意味スペックを求められるよりもキツイ内容。
         どのみち、女って普通に人を愛すること1つすら出来ないんだなぁと。。。

         じゃあ、男性は?


■結婚したいのは○○みたいな女

作家である友人のAくん(33歳)は、それまで結婚願望が皆無だったにも関わらず、
長年、知人だった仕事仲間の女性といきなり結婚した。

まだ2人が単なる仕事仲間だった頃のこと。
一緒に仕事した帰り道、家の鍵を失くしたことに気づいて困り果てていた彼女。
偶然にも、近所だったAくんを頼って家に泊まることになった。
ちなみに、Aくんは大人でジェントルマンでフェミニンで、女友だちも多い。
家に泊めるからといって野獣に変身するようなタイプじゃない。

「ほんと、その日はキスもしていない。僕は締め切りがあったから、
 原稿を書いていて、そばに彼女がいただけ」

だけど、その日のことが決め手になったのだという。

「原稿書いている時、家に人がいるなんて有り得ないと思っていたけど、
 彼女はそこにいても、全然、ジャマだって感じなかった。
 むしろ、彼女の気配は心地よかった。
 それに、何だか感激して。恋愛対象としてはさほどトキめかなかったものの、
 ああ、こういう人と結婚したいなって思って、デートに誘ったんだよね」

実は、前述のIくんも、「顔もスタイルも好みじゃなかった彼女となぜ結婚しようと思えたのか」
その理由について、同じようなことをいっていた。


■男が結婚を決意する、最大の理由

モテ男だったJくんが、結婚を決めた理由。それは、「彼女が空気みたいな存在だったから」。

「お前は空気みたいやな」っていうと、女の人は「私が空気ってどういう意味?
 目にもとまらない存在ってこと? 必要ないの?」って怒るけど、
 空気って、目には見えないけれど、生きていく上でいちばん必要なものでしょう。
 男にとっては最高の愛の言葉ですよ。


        ※何度か書いたと思うけど、男性はその気になれば釘の1本1本すら愛することが可能です。
         なぜなら、男性が何かを愛する理由は「そこに存在してくれていること」
         つまり「存在そのもの」だからです。だらか、相手が生きている・生きていないも関係なく、
         存在しないもの・機械的なものとか、そういうものも「愛さない理由にはならない」のですね。

         だからイギリスでの調査結果でも、100万人超の伴侶を失った人の中で、
         精神的なショックで衰弱死・病死・死亡しているのは、男性ばかりという結果が出たのも、
         ある意味では当たり前の話。「彼女の代わりはいない」という考えは男性の考えですから。
         女性は「次行こう!次!www」って感覚ですから、夫が死んでも大したダメージはありません。

         普通は伴侶が死んだら、髪の毛の色素が全て抜けるくらいのショックらしいのですが、
         女性でそれが起こることも殆どありません。大したショックじゃないってことです。
         場合によっては、命の危険すらもあるほどのショックなのですが、
         それで女性が死ぬということは殆どない。(研究結果はイギリス「ガーディアン」より )

         そりゃ女性にとっては「代わりが存在する」わけですから。だから条件が付けられる。
         というか、条件を付けるという事は【あなたの代わりになる人がいる】と言っているようなもの。
         貞操・道徳・良識を重んじるなどの人として当たり前のこと以上の条件なんて、
         普通は必要ありません。既に女性の恋愛は、その点から普通じゃありませんね。

         「あなたがあなたであれば、それだけで愛せます」というものが、女性にはない。
         そりゃ、男性にも血の気が多い、遊ぶ時期・若気の至りで条件付けるというものはありますが、
         幾つになってもいつまでも条件を付け続けるなんてことはありません。

         これでは「結婚」どころか、愛や恋すら語れない(つうか、語る資格が無い)
         そんなレベルの人間が結婚を語る・求めるって、お笑い話か「ギャグでしょ?」って感じです。



イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


男を引かせる!30女の恋愛ガード


■輝いているわりに恋愛できない30女の秘密

自分が30代になって気付いたことが多々ある。

ひとつは、想像していたより、30代女性には恋愛チャンスが多いということ。

モテているというと語弊があるけれど、筋金入りの若い子好きな男性はのぞいて、
年上の男の人はもちろん、同世代の男性や、年上好きな20代の男性にとっても、
30代女性はちゃんと恋愛対象圏内に入っている。

30代になったばかりの、ある女優さんが言っていた。
「10年前と今とじゃ、30代のテンションも、生き方も見られ方も全然違う」
たしかに、あのアムロちゃんも30代の時代。
見た目的な部分での年齢破壊の時代はどんどん進んでいるし、
経験値や包容力などの内面も身につけていれば、チャンスはさらに広がっていく。

でも、そこで疑問がもうひとつ。輝いている30代女性が多いわりに、
なぜ、恋愛していない30女が多いのか?

心の奥にうっすらとたまっていた疑問が、先日、少しだけ解けた。

仕事がきっかけで、最近仲よくなった20代男子たちと、
周囲の30女の友人たち、数人でゴハンを食べていたときのこと。
ひとしきり飲んで盛り上がったころ、ほろ酔いになった、Dくん(28歳)がつぶやいた。

「最初は、すごくビビってました。みなさん、年上で、いかにも仕事できそうだし、
 話も面白いし、いろいろ経験していますよね。下手なこと言ったら、バカにされそう。
 特にS美(36歳)さんなんて、恋しても遊ばれそう」

聞いた瞬間は、驚いた。たしかに、S美は超美人だし、
ファッションも髪形も100%キメているけれど、内面はまったく飾らず、愛想もいい。
自分から話題をふって笑いをとるタイプである。
30代とはいえ、特に小悪魔でも恋愛の達人でもない。

「でも、その感じの良さも含めて、上手感があるんですよ」

Dくんだって、オシャレで感じも良い。いかにもモテそうな年下男子に、
こっちのほうこそ、心の奥ではちょっぴり気後れしていたのに……。

さらには、才女で鋭いツッコミが上手な B子(35歳)に関しては、
「恋愛なんて間に合ってるって感じ。みんなの様子を高見の見物してますよね?」
とまで言われていた。ちなみにB子は5年ほど彼氏がいない。
そう見られていることは、恋愛においてはけっこうな問題だ。


        ※少なからずとも「女性は輝いて眩しくて、それ見て男がビビってるのよ m9(^〇^)プギャー」
         って、ナメてるの?しかも、その恋愛対象である男性に対して。

         ここ10年、女性からの意見・アンケートにおける解釈って、こんなのばっかりですよね?

         それにしても「横暴→強い」「いけない事→進んでる」の次は、
         「嫌われてる・敬遠されている・やんわりと断られている→男がビビってる」とか、
         女ってどうしてそういう【都合の良い方向+相手を馬鹿にすること】に固着するの?
         まして、それは【論理的理由や相関性事象や、言動における特徴・特性をまとめた結果】でもない。

         ホント「逆らう奴→『キモくて童貞でモテない男』に【決まっている】」の基準と何ら変わらない。
         女性に公平な分析力・総合論を期待するなんて、数々の事象上ムリだって分かってるけど、
         ムリならムリでそれ相応の立ち位置でいてほしいものですね。
         幼稚園児の作文を緊急国会に出すくらいの横暴をしないでほしいし、
         ヨイショされてそれらの結果を得ても、それは「強さ」でも【実力】でもない。

         自分達が「持ち上げられている」って分からないのかな?
         本当に実力がある者から見たら、異常に持ち上げられるのって屈辱でもあるのだけど。
         実力があるのなら、国家を挙げて持ち上げられなくても一人で生きていけるはずだもの。
         まして、10年も掛けてこんな洗脳的なことを続けて、何が「強さ」なの?単に卑怯者なだけでしょ。


美人なのに恋愛対象外!の理由とは?

■憧れの先輩は美人でキャリアなのに恋愛対象外……

先日、読者からこんな質問がありました。

「職場の先輩は32歳で、本当に美人で仕事も出来るキャリア系なのですが、
もう5年以上も彼氏がいないと聞いてビックリしました。
同性の私から見ても美人で仕事ができて憧れの存在かつ尊敬できるタイプです。
決して男性からもモテないタイプではなく、何か欠点があるわけではないのに
彼氏ができないというのは正直、理解できないのです。

実は私も今は3年ほど彼氏がいないので、そんな美人の彼女ですらと思うと、
私も将来に素敵な男性とめぐり合えて結婚できるかちょっと不安になってきます。
一体、男性にとって「美人なのに恋愛対象外」ってどういうことなのでしょうか?」

■なぜ幸せな恋愛や結婚とルックスは比例しないの?

まず言えるのが、幸せな恋愛や結婚と容姿は必ずしも比例するわけではない、ということ。
もちろんルックスがいいと、それだけ男性からも注目されてチャンスも巡ってはきますが、
それを生かせるか否かはあなた次第だったりします。

例えば自分の周りを見ても、明らかに女性としてメークやファッションに気を遣ってなくても
モテる人もたくさんいます。街中ではあきらかに色気やフェロモンが少なくても、
そんな女性が幸せそうなカップルや夫婦だったり、
カワイイ子供を連れたママさんだったりします。

もっと身近なわかりやすい例で言えば、女優さんやモデルなど本当に容姿端麗な芸能人でさえ、
みんながみんな必ずしも恋愛や結婚では幸せにはなってないのが現実だったりします。

■幸せとは他人との比較でなく自分次第で創るものです

やはり共通しているのは男性側も選ぶ基準としては単なる容姿だけではなく、
人としての魅力がどうなのかが非常に重要と言うことなのです。

今回のケースの女性のように、どんなにルックスが良くても
何かしらの原因で自分で男性を引き寄せることができなければ、
残念ながら彼氏ができない結果になってしまいます。

持って生まれたルックスを大きくは変えられないですが、
ちょっとしたコミュニケーションや笑顔、ファッションなど自分の努力次第で
ほんの少しだけ気をつけることで、きっと素敵な男性からアプローチされる
「恋愛対象内」になる魅力的な女性になることは間違いありません。

美人という定義もルックスなんて人の好みですから、
他人と比較するものでなく自らの幸せを創りあげることが大切ですね。


          ※普通、相談とかアンケートとかで書く文章って、こういう言葉ですよね。
           言い訳や中傷や都合の良い決め付けをするわけでもなく、(事実の場合は仕方ないが)
           淡々と分析してその中から効果のある可能性を抽出していく。

           無論、この相談の書き手(筆者)は男性です。
           つうか、同じ教育を受けているはずなのに、
           男女の違いだけでここまで文章の形態(方向性)が違うってどういうこと?
           (これが「筆者=女性」だったら【男に見る目がないだけwww】」の系統で終わる)

           女性は習った文章・言葉を誤った方法や自らの保身ためばかりに使っていることが顕著です。
           少なくとも、そんな女性とは結婚どころの話じゃないでしょう。性格悪いの丸見えだし。
           ルックスに関しても、まるで「仮面を付けた聖者の行進」
           付けることで、周りに染まることで、聖者になれると思っている。
           同じ奇麗事をみんなで悪用に使う性質なども含め、
           そんな歪んだ正義感を振り翳してる人間が結婚求めるってどうよ?

           いろんな意味で「自分(の内面)磨き」が足りないのではないの?


イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


結婚するまでは婚活しますよ。
だって婚活ってゴールは結婚でしょ?
おつきあいとは違う。 


>>ってことは、お見合いしていきなり結婚ってことはありえないと思うので、
 お付き合い期間(結婚するかどうか見定めてる期間)には
 二股三股も当たり前って感じなのでしょうか? 


 >>はい あると思います。

  結婚というか婚約するまではいいと思います。
  でも、おつきあいっていっても肉体関係はなしですよね?
  それで二股三股っていうのは ただのヤリマンですよ。 
  
  婚活って好きな人と結婚することじゃないもん。
  あくまで結婚が目的。相手のことを思っての活動じゃない。自分が結婚するため。
  まあ、男側から見たらサイアクだろうケド。
  でも、ぶっちゃけそうでしょ? 

       ※・・・そりゃ、結婚する為の婚活だろうけど、
        結婚はあくまでスタートでしかないからね?

        ウェディングとは「ing(現在進行形)」で呼ばれるけど、
        結婚ってどちらかが死ぬまでは継続するもんだから。
        結婚=ゴールなんて、↑これとは真逆の考え方。

        ゴールだと本気で思っているから、どんな手段でも使えるのだろうけどね。。。)


どうしても誰かに聞いて欲しい話がある。
実は俺、恥ずかしながら稼ぎの悪い安サラリーマンなんだけど、
デイトナが欲しくて少ない小遣いからヘソクリなどしている。

自宅のPCの壁紙にもデイトナの写真を使っているほど惚れ込んでいる。
時計なんかに全く興味の無い女房は、時計の写真なんて見て楽しいの?と
馬鹿にし続けていた。まあ、女房というのはこんなものだろう。

そして一昨日、俺の誕生日だったんだが、
女房が何年かぶりに「誕生日プレゼント」を俺にくれた。
新婚以来の珍事だった。包みを開けてみると中身は腕時計。クロノグラフ・・・デイトナ?
文字盤の銘は「ELGIN」
女房は俺に「欲しかったんでしょ」と微笑む。涙が出そうになった。

もうデイトナなんかいらない。こいつを動かなくなるまで毎日使ってやろう。
他のどんな腕時計より大切にしようと誓ったね。



良い話・・・ですよね。・・・でも、その裏では・・・



「夫が時計欲しがってる。
 PCの壁紙にして毎日見てる。
 調べてみたら、約100万円のロレックスみたいな時計なんかのために貯金してるみたい。
 絶対買わせたくない、どうしよう?」


「【ELGIN】っての買って与えろ。
 (デイトナに)似たのが3万であるから」

      ※・・・へぇ、、、女子大生がエルメスのバーキン(100万円)を持つ事はステータスで、
       働いている人間が自分のお金でブランド物を買うのは許さないんですね。
      
       男だから?女だから?・・・それとも、女子大生は独身だから好きなように使って良いと?
       どのみち、「女」も「結婚」も信用されなくなる(というか恐れられる)のも当たり前ですよね。

      (ちなみに涼子なら、生活が苦しくて、自分の欲しい物を色々とずっと我慢していても、
       私に対しては「鬼たん?それが欲しいの?買おうか?」と自分から進んで言ってきますが。
       ああ、結婚して良かったと思ってられるのは、こいつの余りの性格の良さのお陰なのだと。
       もし一歩間違えていたら、私も結婚した事を後悔しながら生きてたんだろうねぇ)


DT松本が若い女みると将来どういうオバハンの顔になるか想定つくらしい
種類は5種類くらいだっけかwそんな多くないらしいww
さらに女の30歳は男の60歳とも発言。

        ※・・・若い頃からずっと付き合い続けているのなら別に良いのでは?と私は思うが。。。

         いきなりアラサーと付き合えっていうのは・・・キツイな。
         ホントに「30歳の女性に【60歳の男性と付き合え】と言う様なもの」
         付き合いたいか?・・・財産があったら付き合う?・・・ああ、そうですか(ーー;

         女性は社会に出る・大人になるよりもずっと若い頃からメイクしてるからねぇ。。。
         化粧品の成分の97%は、国が「体に悪い」と認めている「指定成分」ですよ?
         それをペタペタと顔に塗り続けているのだから、そうなるのは当たり前。

         嫌味で言ってるわけでも何でもなく、メイクは程々にしておいた方が良いよ。体のためにもね。
         それに中身で勝負出来ていないのに、外見だけ一生懸命磨いてても、
         それって余計に悪印象ですよ?本気で「モテ」狙ってるんなら、まずは中身・性格。
         きっちりとした教養と道徳を身に付ける事だね。そうすりゃ、男から頭下げてくるよ。

         それすらも「女らしさを押し付ける○○で・・・」とか言うのなら、一生独身でいれば?


結婚の場合、リターンのほとんどは「精神的満足感、幸福感」だろ?
つまり、たとえば【冬山登山のメリット】と同じなんだよ

「登山には最高の幸福感がある」
「登頂時の達成感は何物にも代え難い」という人は確かにいる。

でも、実際にチョモランマの無酸素登頂には何年もの準備期間と訓練と、
何億もの資金が必要だし、もちろん命の危険もある

【登山なんてしなくても生活には困らないんだから、
 登山で得られる精神的幸福感などいらない】

【結婚なんてしなくても生活には困らないんだから、
 結婚で得られる精神的幸福感などいらない】

結婚は「命がけの雪山の登山に挑む」のと、要は同じ事なんだよ。


>>前も俺ここでその例えをふられたことがあるが、
 そのとき俺は登山をしない人間が登山家もしくはその志望者を馬鹿にしたり、
 登山は無意味だからやめとけと説くのはナンセンスだ、と言ったはずだ。
 ちゃんとした反論を得た記憶がないので、もう一度聞きたいんだが。


>>逆だろ
 そりゃ好きで登山したい人は勝手にやってればいいんだよ
 でも登山したくない人に向かって、登山をすすめるのは間違ってる

 そして、登山をするか?しないか?と迷っている人に必要なのは
 客観的な登山のメリットとデメリットの提示だ。

       ※・・・(^^;というかさ、
        こういうの見てたら、男と女じゃ頭のレベルが違いすぎるのが良く分かるよね。
        男性なら正しい議論で会話が進んでいくが、これが女性が1人でも入っていたら、
        もう↑のような会話の流れにはならない。被害妄想・捏造・改竄・誇大解釈、何でもアリだから。

        少なからずとも、こういう論理的思考と予測・傾向・対策論を
        間違えないで語れるくらいの能力がなければ、相手にもされないだろうな。
        (若さや女らしさ・教養を持たずに、社会的に男性に認められる条件として。
         まぁ、難しい言葉で説明できなくても、道徳上で見合っていれば良いのだけどね)


「高級車が来たら乗り換えるの法則
(女性は今よりも良い男性を見つけたら80%以上の確率で
 今の彼氏を捨てて乗り換えるという日本女性のアンケート+研究結果)
は、いかに失敗するか。

20才の女には、BMWから、ヒュンダイまで寄ってくる。
ところが馬鹿な女は【ベンツが来るはず】とか、
【ポルシェやフェラーリじゃなきゃやだ】って思って待つ。

25才には、BMWの7シリーズ、レクサスとか、そういうのも来る。
ベンツも来るけど残念ながら中古車。
ところが、馬鹿な女は【ベンツの最上級クラスがいい】と公言して待つ。

実はこの時点で、本当に良い車は数が減って、
ただでかくて見栄えのするだけの車の数が増えている。
20才の時に見向きもしなかった小型車が、燃費抜群で稼ぎまくっていたりするが、
「見栄えが悪い」ので、女は「初めから認識しない」

30才になると、突然レクサスとBMWが消える。残るのはニッサンとミツビシとヒュンダイ。
この時に女は愕然とするが【レクサスで手を打とう】などと馬鹿なことを考え、さらに待つ。
はっきり言ってレクサスは思いっきり稼いで、30代の女になど目もくれない。
25才の女の所に行けば飛びついてくるから。

35才になると、ヒュンダイですら時々しか現れない。
女は、若い女ばかり追いかけてなどと怒ってみるが、
高級車が現れないので仕方なく、オークション会場に行ってみたりする。

「古めですが、カローラなんかどうですか?」と言われるも、
【あたしがカローラ?】なんて逆ギレしたりする。
当のカローラも実は、売買が不成立になってほっとしている。
ロシアや中国に行けば高級車だから。

40代になると、高級車は現れない。現れた車はぼったくりのレンタカーのみ(ホスト)。
高級車が来たら乗り換えるためには、待たなければならない。
でもあまりに待っていると高級車は来なくなる。

女にはこれがわからない。いつまでも待てると傲慢に信じ込み、
時間に裏切られるのが女の性なのである。

         ※・・・例え方が上手すぎる。よく最後まで例え話だけで貫いたなあ。
          これ書いた人、何者だ?と。。。

          つうか、女性が↑コレを読んでも意味が分からない(理解できない)のでは?
          気に入らないものは理解しない(脳が受け付けない)からねぇ。。。
    

開く トラックバック(1)

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


第一生命 サラリーマン川柳


「減っていく  笑顔 年金  髪 愛情」


「【今帰る】  妻から返信  【まだいいよ】」


「ゴミ出し日  すてにいかねば  すてられる」


「円満は  見ざる言わざる  逆らわず」


「【いつ買った?】  返事はいつも  【安かった】」


「なぜ怒る  早く帰って  来ただけで」


「へそくりを  内部告発  する息子」


「嫁さんよ  地球への優しさ  俺にくれ」


「夫婦仲  鈍感力が  ものをいう」

          ※2008年のサラリーマン川柳のベスト1〜30の間だけでも、
           3分の1が「妻に対する苦言」・「妻の横暴」・「夫への冷遇」という有様。

           【不景気の 荒波よりも 酷い妻】と言ったところでしょうか。。。
           まぁ、「良い嫁・出来た嫁」という存在は、今では都市伝説と化してしまってますね。

           頑張ってもこういう扱いをされるか、2,30年後に「家庭を顧みなかった」と
           平気で言ってくるのがオチなら、そんな罰ゲームみたいな将来はいらないでしょう。
           またそれらが世界的にも異常である事はこちらの記事を参照。

           もし結婚するつもりなら、少なからずとも相手の「貞操観念・育ちの良さ・性格の良さ」が
           揃っていないと痛い目見るようですね。関わらない方が吉という考えも広まるわけだ。


飲み物の中に、粉末状の女性ホルモンいれて性欲なくしてやれ! 
セクハラしたくなくなるはずだぞ! 


>>女性ホルモンって効果あるの? 
 レズはどうなんの?


 >>効果はありますよ。ただ、飲み物の中に粉末で入れるので、強力なものをいれましょう。 
  女性ホルモンにより、男性ホルモンの勢いが抑制されるのでセクハラはしたくなくなります。 
  レズについては、申し訳ありませんわかりません。 


  >>ホルモンってどこで売っているの? 
   ライバル君に試してみようかな〜 


   >>ホルモンはネットで普通に買える。すごい世の中だよね。


    >>とりあえずこのスレ、犯罪の香りがするから通報しておいた。


     >>腐敗液の点滴と言い、毒物殺人と言い、バター100g入り玉子焼きと言い、
      雑巾の汁入り弁当と言い、 女って本当に暴力やセクハラよりも酷い事を
      平気で普段から考えているね。 

      そりゃ男性みたいに人を殴ったり刺したりはしないはずだわ。 
      それとも、女性の中ではそういうやり方が暴力よりもマシだと思っているのか? 

         ※まぁ、思っているのでしょうね。
          ケンカしたら、自分が悪い・正しい関係なく復讐が始まるし(これは同性が相手でも同じ)
          その方法も「毒物混入・嫌がらせ・精神的追い込み」などですから。

          女性の犯罪者は少ないですよ。だって誰にも分からないやり方だもの。
          まるでスパイや特殊工作員の世界みたいだ。
          少なくとも、こういう事を笑いながら平気で出来るのがデフォなのだから、
          日本の女性の大半は既に真っ当な人間ですらない。

          まして、こういう女性と結婚したら終わり・・・なのだろうけど、
          残念ながらそれを見分ける方法は「結婚しない・関わらない」以外にはない。


\(^o^)/ 以下の3人から結婚相手を選びなさい 

 ● 30代高齢女 
 ● 若い頃セックスしまくりの中古女 
 ● 浮気癖や中絶経験を持っていて、しかもそれを隠している女
         ___ 
       /::::::::::\ 
      /:::::::─三三─\    ハァ?  
    /::::((( ○)三(○)\  どれもダメに決まってるだろ! 
    |:::::u :::(__人__):  | ________ 
     \::::::   |r┬-|   ,/ | |           | 
    ノ::::::   `ー'´  \ .| |            | 
  /:::::::::::           | |          .| 
 |:::::: l               | |           | 


\(^o^)/ ぶっぶー!残念!中古で高齢女で中絶経験のある女が貴方の嫁に決定しますた。 


続いて第2問!嫁のタイプです 

 ● 自分ではお金使いまくりで貴方に小遣いを毎日500円に限定する妻 
 ● 家事を全くしない妻 
 ● 毎日夜まで忙しく働き続ける夫を「家庭を顧みない」の一言で切り捨てる妻
         ___ 
      /::::::::::: \  ハァハァ 俺が悪かったよ!
  :  /:::::::─三三─::\    もう結婚したいなんて言わないから。
 :  / ::::(  )三(  ) \   だからお願い、助けてっ!!!! 
:   |::::::::U(__人__)U:: |. ________ 
 :   \::::::::  |r┬-|   ,/. | |           | 
 :   ノ:::::::  `ー'´  \   | |           | 
: /:::::::::::::           | |           | 
: |:::::::::::::::::::l       | |           | 


\(^o^)/ ぶっぶー!残念!お金使いまくりで家事を全くしないで夫を責める嫁に決定しますた。 

          ※データからの計算上、90%以上の女性が↑の何れかに該当する「鬼嫁」になります。
           これは・・・己の人生を掛けた壮絶な×ゲームですYO♪

           さらに・・・もし、この×ゲームを途中でやめる時は、自分の財産を半分失います。
           もはや、桃太郎電鉄などのボードゲーム以上にメチャクチャな搾取ルールですね。


全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事