鬼ノ目発進号の書斎〜道徳の崩壊と反日勢力の破壊工作を阻止せよ〜

男女平等と個人の自由を皮切りに破壊され尽くされた日本の道徳と、その先にある日本人の人権を無視して特定の差別のみを盾にした移民計画

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


社会人の週末の楽しみといえば“合コン”もそのひとつ。
学生のころもあったけど、やはり社会人の合コンというのは一味違うのでは?
というイメージがあります。でも、実際のところやっぱり違うんでしょうか?

中略(文章長すぎ)

社会人同士の合コンでは、女性は学生時代とは違った視点で男性を見ているのでしょうか?

「女性は細かなところから将来をシミュレーションします。
 『頼りがい』『将来性』『収入』は気にしますよね。

 ただ、『頼りがい』といってもたんに『守ってくれそう』ではなくて、
 『家事を手伝ってくれるかな』『料理もしっかりできるんだ』
 『子どもの世話もちゃんとしてくれそう』など、
 より具体的な“ 頼りがい”を求めているんです」

この人は長男か、仕事は転勤の可能性があるのか…など、
社会人の女性は会話の端々から気になるキーワードを拾い上げて、
将来のイメージを作り上げていくんだとか。
いやはや、そんなに細かくチェックされていたら、
とうてい息抜き気分じゃ立ち向かえませんね。

「しかし、学生合コンにはない男性にとってのメリットがここにあるんです。
 女性はいろいろなポイントをまとめて、総合的に男性を評価します。
 学生時代だと、たんに『かっこいい』とかだけで勝負が決まってしまうものです。
 しかし、社会人になれば総合力で勝ることで、
 多少の見た目や収入の差も覆すことができるんですね」


      ※「頼り甲斐」ですか、、、聞こえの良い言葉ですね。
       女性が狙っているのはどう見ても「楽させてくれるか?くれないか?」ですが。

       何て言うか、このブログでも今まで数々の「女性の言い様」を見ていて感じるのは、
       本当に「物は言い様」なんだと。。。渡世術として便利と言えば便利なのかもしれないけれど、
       それに慣れ親しんでしまったり、それを努力だと考えるようではねぇ。。。

       女性がいつまで経っても成長しない理由が分かるよ。

       >多少の見た目や収入の差も覆すことができるんですね

       ないないw
       データはそれの真逆の結果+相関性事象も真逆、なので極々稀なケースしか有り得ない。
       というか、その「女性の御眼鏡・査定」には適いたくないですね。負けるが勝ち。


女性向けWEBサイト「OZmall」が会員を対象に
「デートのとき、普段のスタイルと区別している?」についてのアンケート意識調査を実施。
やっぱり皆セクシーに見えるよう努力しているようだ。

デートのときのスタイルが普段違うという人は全体の73%と圧倒的。
通勤には着れないようなワンピースや、彼の前だからこそ着たいちょっぴりセクシーな服、
さらにはメイクやヘアスタイルなど、みんなデートをするときのおしゃれには
きちんと気を使っているようだ。

中でも目立ったのが「デートのときは意識してスカートをはいていく」という意見。
女の子らしさをアピールできるし、少しでもかわいくみせたいという女心のよう。
ヘアスタイルではアップにしたり、巻いたりする人が多いようだ。

いつも着ないようなテイストの服や、普段と違うスタイルで行ったら
彼に褒められたという人も多数。努力している姿は、彼にもちゃんと伝わっている。


          ※ついでに言えば、「ファッション」とは
           「男を落とす」という目的の為に作られたものであり、
           女性は生理前になると無意識で露出が高い服を選ぶという心理結果もある。
           (つまり、男を落としてHして妊娠しようという動物的本能が働く)

           「単にオシャレが好きなだけ」なんて、それこそ「都合の良い言い訳」なんですね。
           別に素直に認めちゃえば良いのに、相関性に反する意味不明な言い逃れをして、
           更に男性のせいにするから「女は汚い(女は不浄)」と言われる。

           まして、自分から視覚攻撃(+先制攻撃)しているのに、
           告白してきたのが男性だからと言って「付き合ってあげている」とか
           勘違いも良いところ。・・・まぁ、勘違いじゃなくて「計算通り!(ニヤリ」なんでしょうが。
           

女性向けウェブサイト「OZmall」を運営するスターツ出版は、
「OZmall」会員を対象としたアンケート調査「あれが人生の転機だった。
 と思ったできごとある?」を実施した。
調査期間は2月24日〜3月10日。455人の回答を集計した。

調査によると、全体の半分以上の70%の人が「人生の転機を経験している」と回答。
多くの人が、「結婚相手」や、「自分のライフスタイルを変えるきっかけとなった人」の
出会いを挙げた。なかには「14年前のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を観て、
オタク人生へ向かってしまった」という回答も。人それぞれで人生の転機は違うようだ。

調査結果を全体的にみてみると、「自分がしたいと思うことに対して正直に動いた結果、
よい出会いに恵まれた」というパターンが多かった。今までやってきたことを覆したり、
直感で動くことは簡単ではないが、それを「正しい道」だと思って実行したときに、
自然と結果が付いてくるのかもしれない。

人生の転機を未経験の人に「訪れてほしい転機」を聞いたところ、
いちばん多かったのが「結婚」関係の回答だった。
それに続いたのは「金銭面・仕事の安定」だった。 


        ※・・・あれだけ感情1つで動いて、自分の言ったことすら後出し・後付けで覆しているのに、
         よく抜け抜けとこういう事が言えるよね・・・?奇麗事と本性の差が凄すぎて呆れる。。。
         2枚舌・ダブルスタンダード・・・というよりも、もはやマルチスタンダード(自分基準)


         >「14年前のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を観て、オタク人生へ向かってしまった」

          お前・・・(;;


イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


女の子が嫌う「男らしくない行動」16パターン 

【1】自分の意見がなく、いつも流される。

【2】何でも人のせいにする。

【3】大事なところで、意思決定できない。

【4】いつも諦めてばかり。(努力しない。)

【5】何かと両親に頼る。

【6】電車で変な人に絡まれてもダンマリ。

【7】他の人には弱気なのに、彼女にただけ強気。

【8】食べ物の好き嫌いが異様に多い。

【9】キッチリと割り勘する。(10円単位で。)

【10】「オゴって。」と言ってくる男。

【11】自分の仕事の文句ばかり。

【12】メールの文字数が多い。

【13】基本、愚痴ばかり。

【14】鏡で自分の姿を何度も確認する。

【15】美容について気を使い過ぎる。

【16】貧弱な体である。



>>女が女を嫌う理由がわかるよ
 まんま女の性格じゃねーか


 >>何でいつも上から目線なんだよ


  >>30代行き遅れ女の特徴と全く同じじゃないか


   >>いい加減【本物の女の子】である10代の女の子に聞いてもらえませんか? 

上記の統計記事の出元 http://news.livedoor.com/article/detail/4018365/



         ※・・・うん。いい加減に本物の女の子に意見を聞いてくれと思う。
          近頃の女性アンケートって、恋愛の内容なのに「なぜかご意見番・対象が25〜40歳」
          30代〜40代とかの意見を知って、一体男性にどうしろと???何をしろと???

          これって、女性の視点・価値観で例えて言えば
          【「どんな女性と結婚したいですか?」とニートばかりに意見を聞く】ようなもの。
          そんな統計の作り方をされて嬉しいですか?女性の皆様。。。?わざとやってるでしょ?

          ロリ封印して(何度でも言うが、ロリコンとは13歳未満・小学生以下を狙うこと。
                 日本だけ勝手に意味が改竄されて、18歳未満という数字になっている)
          ムリな若作りして、化粧で元の顔が分からないくらいに偽った年増女を売りつけようって、
          女性たちが大嫌いな「食品偽装事件」や「ミートホープ事件」の手口と同じ発想なのですが。

          自分たち利益のためなら、本当に何でもやりますね。マスコミまで使って。手口が汚すぎる。
          ・・・まぁ、それを覆すくらいにその女性達の性格が良ければ何も言いませんが、
          性格まで悪いとくれば反対されない理由がないですwww霊媒師のツボ売りより悪質だわ。


【調査】 「1日何時間ぐらい働きたい?」…主婦、20代・40代も「1日4〜5時間」 

・ミセスに「どんな働き方をしたいか」を聞いたところ、
 20代、40代ともに「1日4〜5時間」という
 回答が群を抜きトップになりました。

 20代以下では「フルタイム」が次に多く27.5%を占めましたが、
 40代では8.4%。むしろ、「1日3時間以下」「在宅」が
 20代以下に比べて多くなっています。

 「1週間に何日くらい働きたいか」については、
 20代以下では「4日」が最も多く36.6%。
 「5日以上」という人も34.1%いました。

 一方、40代では「3日」が断トツの49.7%、
 次は「4日」で28.6%。働くにしても
 「家庭に支障のない範囲で」という40代の強い思いが表れているようです。


★働くことについて思うこと
・フレックスや在宅勤務を積極的に認めてほしい(44歳)

・社会復帰する女性を採用した会社に助成金を出すとか、
 2人目、3人目の保育料が格安になるとか、
 育児中でも働きやすい仕組みを作ってほしい(32歳)

・専業主婦も立派な仕事。金銭的に余裕のある人は、
 やりがいや生きがいを無理に外に向けようとせず、子供に向けるべきだ(23歳)

・主婦としての生き方にそれなりに価値を感じているので、
 探す熱意もなく…。生活に困れば必死になって探します(34歳)

 女性のための生活情報紙・リビング新聞Web(えるこみ)アンケート。
 2008年12月11〜14日、有効回答数1326。 



>>女の考えはどうしてこうも腐ってるの??? 


 >>女だから


  >>甘ったれ乙
   お前らの都合で世界経済は動いてないんだよ

   だから「女は…」って言われんだよ
   いい加減にしとけカス 


   >>〜してほしい
    〜してくれたらやる
    〜しないとやりたくない
    〜したくてもできない

    こんな連中、100人集まってもカスばかりw 


    >>せめて8時間と答えろよ・・・ 


     >>これで分かるのは、4時間労働で8時間分賃金が欲しいという女の浅ましさ。
            こんな状態で、男性より平均賃金が・・・とか言ってるんだからな。

        ※まぁ、言いたい事はレスしてる人が言ってくれているから別にいいや・・・
         ・・・にしても、一番若い23歳の子の方が、そこそこまともな事を言ってるって、どうよ?
         「金銭的に余裕がある場合は」ということは「なければ女も働くべき」って事だし。
         さらに「余裕があるのなら女性はきちんと子供のことを見た方が良い!」とまで言っている。
         これじゃ【売れ残ってしまった年増・売れ残らない若い女の子には、
         きちんと理由があるんだね。男はしっかり見てるんだね】としか言い様がない。

         まぁ、、、ハズレくじ引いたら最悪ですが。(32歳〜44歳のコメントね)
         特に34歳のコメントって、何なの?と思う。

         「それなりに」主婦業に価値を感じています、お金が無ければ【必死】で仕事探します。
         ・・・専業主婦であろうが、社会人であろうが、常に【必死】で当たり前じゃ、ボケ!

         これじゃ【毎日料理を作っていたら、5年もあればプロのシェフレベルになれるはず】なのに、
         10年・20年・30年毎日料理していても、いつまでも素人レベルである
         女の料理のヘタクソさの理由が分かるわ。真面目にやってないからいつまでも成長しないんだよ。

         結局【家事・料理・社会人としての役割】どれを取っても今の女は中途半端過ぎますね。
         これでよく男性と同等の権利を主張するよね。やってる事は詐欺師や泥棒や万引き犯と同じだ。


日本の夫婦、3分の1以上がセックスレス=調査 (ロイター通信)

日本では夫婦の3分の1以上が、
性交渉を持たない「セックスレス」の状態となっていることが明らかになった。

その多くは、疲れ過ぎや面倒くさいことが理由という。
社団法人日本家族計画協会の北村邦夫氏が12日に明らかにした。

それによると、性交渉を少なくとも1カ月持っていないという夫婦の割合は、
今年の調査では約37%。この数字は2004年には32%だった。

同氏がロイターの電話取材で語ったところでは、
男性の4分の1が仕事での疲れ過ぎを理由に挙げている一方、
女性の19%はセックスを面倒だとしている。

調査は49歳までの結婚している男性647人・女性821人を対象に実施。
北村氏は、ワークライフバランスの問題だと指摘しており、
個人的にすべて解決できることではないため、
会社経営者がなんらかの対策を打つ必要があるとの考えを示した。

今回の調査結果は、来年に厚生労働省へ報告される予定になっている。

    ※で、他国の労働時間よりも遥かに長い時間働いているのに、
    (欧米・北欧では基本的に残業はありません。また労働時間も短いです。祝日が少ないですけどね)

     さらに「男性で【一日10時間以上の労働】は普通にあるのに、
     女性の一日10時間以上の労働はわずか5%未満。。。

     その状態で「男性が女性のHの要求に応じなければ離婚事由になり、離婚できて慰謝料も取れる」で、
     「女性が男性にHを強要されれば家庭内レイプとなり、離婚できて慰謝料も取れる」って、何?

     もはや風俗やヘルス・デリヘルよりもややこしい・扱いにくい・一歩間違えば危ない存在じゃん。      
     「Hさせてあげてるんだから」を武器にしておいて、いざ結婚したら性生活すら満足に出来ないなんて、
     もはや×ゲームって言うよりも、女性のやってる事は殆ど結婚詐欺と手口が同じだよね。。。
     「金で釣るか?セックス(体)で釣るか?」の違いだけで、↑この人と変わらないのですが。
     いや、お金も掛かる・ずっと掛かり続けるという意味では、詐欺師よりも悪質なんですけど。。。


イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


「青木ヶ原樹海周辺の『発見変死体数』」 

  昭和53年:男31人、女11人 
  昭和55年:男20人、女06人 
  昭和60年:男27人、女10人 
   平成元年:男40人、女13人 
  平成05年:男37人、女02人 
  平成07年:男50人、女03人 
  平成10年:男61人、女12人 

    (さらに2003〜7年(平成15年〜平成19年)に発見された変死体は毎年平均90体。
   そして去年(2008年)は、とうとう100体を越えたとのこと。
   ちなみにそのデータが書かれたファイルはグーグル側から消されているようですね。
   「去年100人超えてるじゃん」って、2ちゃんねらーが書き残してくれてなかったら、
   その数字すら軽く闇に葬り去られてるところでしたね。。。なんていう世の中www
   上記のデータから考えれば、去年は男性90人〜95人・女性5人〜10人くらいかな?
   もし「(男性の変死体が)去年100人超えてるじゃん」だとしたら、もっと最悪)


  ホームレス数 男性14,707人 女性531人

  自殺者数 男性21,419人 女性8.502人

  過労が原因で病気・死亡 男性301件 女性16件 
 

この圧倒的な数の差。 
本当に、男と女にとって社会の難易度が同じなら、
自殺などにこのような差がでるわけがない。 

明らかに男のほうが追い込まれている 

          ※まぁ、日本の女性たち曰く
           「それは男が精神的に弱くて、女性は精神的にしっかりしてるからよw
            分かった?女性の方が男よりも強いのよ」らしいですが。


男性ならではの生きづらさはまだある。 
それは、おそらく男性が「勝ち負けにこだわる生き物」だからに違いない。 

「テストステロン」という、攻撃性をつかさどる男性ホルモンがある。 
男性がサッカーやプロレスを見て興奮したり、
競馬場でわめいたりするのは、このホルモンのせいだ。 

「成功したい」という欲望が高まるのも、テストステロンのなせるわざ。 

実際、イギリスのケンブリッジ大学が金融トレーダーを対象に調査を行ったところ、 
月平均値よりも利益をあげた日のトレーダーの唾液は、テストステロン濃度が高かったという。 

男性学の研究で知られる社会学者、伊藤公雄氏が挙げる男性心理の特徴とは、 
「優越志向」「権力志向」「所有志向」の3つ。
男性にとって、社会的な成功がいかに重要かがわかる。 

それなのに、格差が拡大している現代日本は、昔に比べ「負け組意識」が色濃くなっている。 
カルチャースタディーズ研究所がおこなった調査では、20代後半の男性の49.4%、 
30代前半の男性の46.3%が「自分は下流である」と回答した。 

もちろん、女性の中にも「負けず嫌い」はいる。
たとえば企業の女性CEO(女性社長)のテストステロン量は、 
女性の平均値を超える高い値を示すそうだ。
だが、それでも男性の平均的なテストステロン量には到底至らない。 

つまり、女性の書く『負け犬の遠吠え』はベストセラーになっても、
男性の負け組は “しゃれにならない”のだ。
男性としてのプライドを傷つけられ、うつを病んだ挙句、自殺に至る例もある。 

     ※女性の【優位性】と男性の【優越思考】
      これらの最大の差は「その手口であり、それに至るサクセス」なんだよね。。。

      女性は「相手の優位性を下げたり、人間関係を操作して、自分の優位性を確保する」

      だから女の世界では「イヤでも横並び・周りと同じこと」をしないと生き残れなかったり、
      自分よりカワイイ子を「あの子はブリッコしている」とか一方的に決め付けたり、
      自分の意にそぐわない異性を「ああ、君はモテない童貞君なんだね、死ねば?」などと
      意味不明なレッテルを勝手に貼ったり、自分の努力と精進によって優位性を築いて 
      それを自慢するのではなく、大してすごくもない事を「すごいと言いなさい」と
      相手に強要してくる。またはそう見えるように印象操作・情報操作をしてくる。
      (家事は365日休みがなく・・・とか、家事は3Kの仕事同じ辛さとか。。。)

      故に女性は「求めるばかりで努力しない。他力本願・自分達の思考に合わせさせる」であったり、
      「イジメ」などを使って邪魔な人間の立場を崩すことによって自分の立ち位置を持ち上げたり、
      「この人は○○らしい」と根拠ない悪い噂を流してりして人間関係を壊そうとする。
      そうやって【架空の実績】を作り、それを自分の優位性に変えてしまうのが女性。

      男性の【優越性】は、要は「過去の自慢話・武勇伝・自分自身が作り出したカタルシス」など。
      もちろん、余り露骨に自慢話や過去の武勇伝の話ばかりする人間のことを良いとは思わないが、
      女性との大きな差は「それが実際に、間違いなくその人が自分で作った実績であること」

      別に他人の邪魔をして作ったものでも、誰かの実績を自分の実績と言っているわけでも、
      周りの人間をイジメ抜いて自分への周りの評価だけを不正に底上げしてきたわけでもない、
      「本当に、自分の努力や行動や精進で、今まで作りあげてきたもの」を他者に自慢する。
      それが男性の優越性。

      社会にとって、どちらが必要な人間で、どちらが邪魔な人間か良く分かる。
      要は、実績も作ってないのに【私達はすごいのよ】と言う・周りに言わせる・思わせるのが女性。     
      「オレ、昔こんな事をやっててさぁ、結構良い物をバンバン作ってたわけよ」と自慢するのが男性。
      あまり自慢話ばかりする奴は好きじゃないが、何の実績もないのに偉そうな奴はもっと嫌い。


21〜41歳の男女の約4割が結婚に向けた活動の経験あり 女性の場合は婚活効果あり 

結婚に向けた活動「婚活」について、東京大学社会科学研究所が調査を行った。
調査によると、21歳から41歳までの男女のうち、
あわせておよそ4割が「婚活あり」と答えた。 

婚活については、「友人・知人に紹介を依頼」と答えた人は半数以上で、
さらに「合コンに参加」と答えた人も半分ほどいた。
婚活の効果については、女性の場合、婚活をした人の中で
1年後に交際相手ができた確率は21%で、
しなかった場合の13%に比べると大きく上回った。

一方、男性の場合は、婚活をしてもしなくても、あまり効果は変わらなかったという。



       ※・・・まぁ、女性は条件で決定打を初期につけますから。
        最初のラインで女性は「見限り」を付けますからね。
        「この人とは付き合っても利益なし」・「ああ、この人はキープかな。。。」
        「あ、この人は付き合ってみても良いかも♪」ってね。。。

        相手の中身を見るなんて気持ちは女性にはありませんし、
        それがあるのなら「アタックしてもしなくても数字を動かす効果がない」なんて、
        そんなことが起こるわけがないですからね。ある意味、決定的な統計。

        まぁ、だから「気持ち」とか「愛」なんて言葉を女性が言ってても、
        大抵は「○○をしてもらう」ため、相手を思い通りに動かす為の口実ですね。
        これも同じく、本当に「相手の気持ち」とか「愛」とかそういうものを女性が理解しているのなら、
        真面目に婚活して数字が動かない、婚活してない人と同じ・・・ということ有り得ない。

        要は自分の気持ちの押し付けに終始することを【気持ち】とか【愛】って言うのですね、女性は。


イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13


【調査】 日本は、世界で最も「女性の方が男性より幸せを感じる国」…51カ国超の調査で

★男性より女性の方がリセッションの影響受けにくい=調査

・51カ国以上の2万8153人を対象にした調査で、
 男性はお金があると幸福感が増す一方、女性は友情や子ども、
 同僚、上司などとの人間関係に、より大きな喜びを見出しているとの結果が出た。

 ニールセンが4月に実施した調査によると、
 男性よりも女性の方が幸せに感じている国は51カ国中48カ国に上った。
 例外はブラジルと南アフリカ、ベトナム。

 同社のコンシューマーリサーチ部門バイスプレジデントのブルース・ポール氏は、
 「女性は幸福感が経済以外の要素とつながっているため、
 リセッションによる影響を受けにくい。
 それが、世界全般で女性の方が男性より幸せ度が高い理由かもしれない」と、
 リリース文で指摘した。

 女性と男性のギャップが最も大きかったのは日本で、その差は15%だった。


      ※そりゃ、女性は仕事以外は「○○してもらう・○○を買う」とか、
       あくまで「受け取る側」に徹するからねぇ。与える側には回らない。
       ・・・まぁ、日本の場合、幸せがどうのこうのとか言う以前の男女差だが。
       先進国の中で男性への扱いだけが私生活〜司法まで激しく違うのは日本だけですからねぇ。
       まぁ、リンク先のコメントが大体言いたい事を先に言ってくれているので割愛しますが。


日本の16歳の女子の23・5%がクラミジアに感染。世界最悪。

高校生の約10人に1人が、性感染症の一種、クラミジアに感染していることが、
旭川医科大が実施した初の大規模調査で分かった。

感染生徒の大半は無症状で、感染に気付いていないことも判明。
従来予想されていた感染率(1―2%)に対して、
感染実態は約10倍に拡大していることを裏付けた。

クラミジアは妊娠障害の原因にもなる感染症で、早急な対策が求められそうだ。
4日の日本性感染症学会で発表される。

旭川医科大の今井博久助教授らは、10代の性体験率や妊娠中絶率が全国平均と
同等のある県で、高校13校に通う1―3年生の生徒、約3190人の協力を求め、
尿や、性体験の有無、時期などを調査した。

すでに性感染症で通院している生徒は除いて、クラミジア感染の有無を検査した結果、
感染していた人は男子生徒の7・3%、女子の13・9%で、
全体で11・4%。この全員に自覚症状がなかった。

年齢別では、16歳の感染率が最も高く、男子8・6%、女子23・5%に達している。
過去のクラミジア感染率調査は、医療機関で診察を受けた人が対象で、
感染率の高い20代でも人口の1―2%とされてきた。

無症状のクラミジアの感染の実態が明らかになったのは初めて。
今井助教授は「無症状のクラミジア感染率は欧米でも人口の1―2%止まりで、
日本の実態は世界最悪だ」と話している。

      ※性病感染って女性側から貰う方が多いですから気を付けないといけないですねぇ。

       一回のセックスで相手に性病を移す確率は男性が病気を保有している時の方が高いのですが、
       なにぶん、指先の雑菌が尿道に入ってちょっと繁殖しただけで痛くて痛くて堪らないくらい、
       男性のペニスは菌が入るとすぐに激痛で分かるので、痛みも感じず自分が病気であることすら
       知らないままセックスを続けてしまう女性の方が、他人に移す可能性は高くなります。
       (無論、痛みのない病気もあるが、女性のデータだけ驚愕の数字を叩き出しているという事は、
       同じ男性に複数の女性が群がって集まっているわけですね。呆れるほどの民度の低さ)

       何にせよ、世界で唯一女性の方が貞操観念がない淫らな国ならではの話ですね。節操がないの?


NHKの行った「国民生活時間調査」によると、
日本人のテレビ視聴時間は平均4時間、日曜日は5時間以上。

70代以上は平日でも男女共に5時間以上テレビを見ている。 
一方、20代男性だけはテレビを見る割合が5年前と比べてはじめて8割を下回り、
「全く見ない」という人も20%存在した。 

10代から20代の若年層については、テレビの視聴時間は年ごとに減少している。 
昨今の若者にとって、あくまで受け身のテレビというメディアは魅力に薄れ、
その時間を携帯電話やインターネットを用いての他者とのコミュニケーションに使う傾向、
また『YouTubeやMixiのほうが遥かに魅力的』であることなどが背景にあるものと見られている。 

      ※一日4時間もテレビって見るものか・・・?
       これだけじゃ何とも言えないから、見ている内容の内訳が欲しいところなのだが。。。
       まぁ、男性「ニュース番組」・女性「ドラマ・ワイドショー」になるのは、
       もう薄々目に見えているが。。。(勤務の時間と視聴率の関係上)


今年のクリスマスに対する意識調査、20代・30代未婚男性対象で現在恋人がいない71.2%

インデックスとポイント交換事業に加え、
モバイルリサーチ事業を展開するポイントオンは共同で、
20代30代未婚男性を対象に、今年のクリスマスに対する意識調査を実施した。

その結果、現在恋人がいないが71.2%、クリスマスまでに欲しくないが52%、
クリスマスまでに告白したい意中の人がいるは32.2%となった。

今回の調査方法は携帯電話によるWEBアンケートで、11月6日〜11月9日の期間、
「ポイントオンリサーチ」モニターを対象に実施した。
調査モニターは、20代〜30代未婚男性500人
(20代男性:250人/30代男性:250人)となっている。

男性の「恋愛力」の低下が話題になっている昨今、
恋愛に関する一大イベントといわれているクリスマスに対して、
未婚男性はどういう意識を持って臨もうとしているのかを調査した。

現在恋人がいない人が大きく過半数を越え71.2%となり、
さらにその中の52.0%がクリスマスまでに恋人は欲しくないという結果になった。
恋愛に対して必ずしも積極的でない未婚男性の傾向が見られる。

      ※・・・恋愛力の低下とか、またそういう事を言うからじゃないの?

       女性の場合は、常識的に見て「悪化・性悪化」していても【成長・上昇・進んでる】
       男性の場合は真逆。。。男性には北風を、女性には太陽を。。。
       何の宗教?という感じだし、世の女性がこんな感じなら男性から見捨てられて当然。

       そもそも「愛してる・好き」という言葉で巧みに相手から何かを貰おうとする人間こそ、
       恋愛力が低いのじゃないの?・・・というか、次から次へと意味不明な造語が作られていきますね。


生まれ変わったら半数が夫をパス 夫婦の日調査で60代女性

夫婦の日(22日)を前に通信教育会社ユーキャンが
子供を持つ20代と60代の既婚者200人に夫婦観などを尋ねたアンケートを実施。

その結果、60代女性の半数が「生まれ変わったら、
今の夫と結婚したくない」と答えるなど、
年を重ねるほど男性には厳しい内容であることがわかった。

アンケート結果によると、「現在の配偶者と結婚してよかった」と感じているのは
20代で88%、60代で83%。

「生まれ変わっても今の配偶者と結婚したい」は、
いずれの世代も60%台にとどまり、60代女性の50%はノーだった。

「夫婦で一緒にやってみたい趣味や習い事」は、
20代の男女と60代男性では「映画観賞」がトップだったが、
60代女性は「特にない」と冷ややかだった。

夫婦円満の秘訣(ひけつ)については、60代は「互いのプライバシーを尊重」だった。

        ※・・・さっき言った事と、いま言ってることが、
         10秒でバラバラになるような精神病患者みたいな奴に、
         プライバシーとか自由とか権力を与えたらどうなるんだろうね。
         まぁ、こういう世界になってしまったわけですが。

         大体考えてることは分かるけどね。精神年齢は10代から変わってないのだから。
         【私には、今の旦那よりも、もっと良い人がいたのかも。。。】とか、
         そういう考えが抜け切らないんでしょ?欲望と願望の塊だからねぇ、女性って。

         男性の2倍浮気する理由が良く分かるわ。でも、それってその男性のせいじゃないでしょ?
         年代関係なくほぼ似たような数字の範囲で収まってるって事は、それはもう「女性の性質」です。


開く トラックバック(2)

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13

「統計データ 1〜4」「研究結果・科学的根拠データ 1」を統合して、
今回から「統計・研究・科学的根拠データ」としてスタート☆(累計6本目なのでパート6扱い)


日本女性のことを言っているのか?と思うほど合致する点が多いです。


精神病質者の特徴(アメリカ)

●どんな町にも住んでいる、ごく普通の人。 

●話のつじつまが合わなくても平気である。 

●自分には欠点がないと思い込んでいる。 

●他者をスケープゴートにして、責任を転嫁する。 

●自分への批判にたいして過剰な拒否反応を示す。 

●立派な体面や自己像に強い関心を抱く。 

●知的な偏屈性(他者の意見を聞く耳をもたない)

●自分は選ばれた優秀な人間だと思っている。 

●他者に善人だと思われることを強く望む。 

(『平気でうそをつく人たち』より抜粋要約) 

本書では、上記特徴に当てはまる患者を「邪悪な人間」と呼んでいます。

          ※これを読んだ後にデータリンクを見れば笑える。
           日本女性はアメリカから見れば「精神病患者と同じ特徴」を持っているよ。
           人間って、甘える・要求する・自分からは与えない、ばかりで育つとこうなるんですねぇ。


2007年に日本経済新聞社が実施した女子学生の意識調査では、54%が会社を選ぶ時に
「性別に関係なく仕事のチャンスがある」ことを重視しているのに、
「結婚してもずっと一線で働きたい」はわずか5%だという。


     ※「仕事をずっと続けたいのに夫が家にいろって・・・」という、よく聞く女性の言い訳が
       女性が考えた勝手な後付けの作り話だってことが分かるデータですね。

      「結婚しても○○したいですか?」って聞いているアンケートだから、
       無論これに答えている女性は普通は【独身】ですよね。それで95%の女性が拒否。
       (まぁ、学生へのアンケートなので独身ばかりなのは当たり前なのだが。。。
        それに2007年の時点でこれですか?社会人としての意識がバブルの頃から全然成長してないw)

       何のことはない、実際は「結婚したら、もう働く気がしない、楽したい」(女性の幸せパレットより)
       AAで男性を無理やり蹴落として社会に出ておきながら【自分から進んで家の中に残る】ことを
       100人中95人の女性が、まだ結婚する前である独身の頃から決め込んでいるだけなのに、
       「夫に無理やり【家にいろ】って言われて、泣く泣く家にいるのです(T_T)】と言っているのですな。

       本当に「邪悪な人間」ですね。


ライオンが先週発表した調査はショッキングだった。
全国の既婚女性約1000人にアンケート調査した結果、
円満家庭の妻が夫の洗濯物を分けて洗う率は「いつも」と「たまに」を合わせて17.5%。

これに対して夫婦関係が悪化している女性では、
この数字が46.5%に上る。夫を嫌うあまり、洗濯物も一緒にしたくないというわけだ。

「洗い分けなんてまだ優しいほう。女性は夫がイヤになったらとことん毛嫌いし、
“同じ部屋の空気を吸うのもイヤ”となる。そのあげく陰湿な夫いじめを始めるのです」

 こう語るのは男女問題に詳しい作家の亀山早苗氏。亀山氏に“鬼嫁”の実態を教えてもらった。

●40歳の主婦は夫の下着をぞうきんと一緒に洗濯。「夫は汚い」という気持ちから、
 わざと大量の粉末洗剤を入れて洗う。
 洗剤の過多で夫が「体がかゆい」と苦しんでいるのを見て喜んでいる。

●ある主婦は食後に自分と子供の食器は一緒のボウルで洗い、
 夫の食器はそのまま水洗い。それも別々のスポンジを使い分けている。

●30代後半の主婦。夫の唾液(だえき)がついた茶碗(ちゃわん)や箸は不潔だと思い、
 ビニールの手袋をはめて洗う。夫の弁当箱をぞうきんで拭き、
 盛り付けしたあと、ご飯にツバを吐く。
 「ご飯を夫だと思い、汚いものだからこそツバを吐きかけているのです」(亀山氏)

●40代半ばの主婦は夫の弁当の中に台所の生ゴミを混ぜる。
 昼食時に「いまごろ生ゴミを食べてるんだろうな」と思ってニヤニヤ笑っている。


いやはや、事実はホラー映画よりも恐ろしい。
「女の恨みの芽は30代後半に生まれ、40代半ばから実行に移すケースが多い。
40代になって子育てが一段落し、“この男と結婚してよかったのか?”と後悔、
いつしか憎悪を燃やすのです」(亀山氏)

妻との関係が冷えている人は台所に“立ち入り検査”したほうがよさそうだ。

      ※・・・男子校には共学で起こっているようなイジメが殆どなく、(男子校生徒からの情報より)
       少女〜女性が自分の嫌う者に対しては容赦なく関係性攻撃を繰り返しているという事は、
       【学校のイジメの大半が少女・女性起因&それに従わされている者】によるものだと
       半ば指し示しているようなものですね。学校の陰湿なイジメとこの話。。。方向性が同じじゃん。

       しかも40歳の立派な大人になってもまだ続けている&3歳からイジメを使い始めている、
      (ブリガムヤング大学研究チームが発表)これだけの事を女性は平気で出来るんですね。


<恋人間暴力>10〜20代の男女50%が経験 内閣府調査

内閣府は9日、10〜20代の若い世代での恋人間の暴力(デートDV)に関する
インターネット調査の結果を発表した。

男女とも50%が交際相手から肉体的・精神的な暴力を受けた経験があると回答。
その際に相談した相手は「友達」が55.5%(複数回答)で
最多だったが、42.7%は誰にも相談していなかった。

デートDVは、配偶者や内縁関係者の暴力を規制するDV防止法が適用されず
対策が難しいため、内閣府が初めて実態を調査した。
事前に登録したモニター約60万人のうち10代と20代の未婚男女を無作為で抽出し、
358人(男性192人、女性166人)から回答を得た。

恋人との関係について、男性の35.4%(複数回答)、
女性の56%(同)が「恋人が自分勝手な行動を取ると不愉快」と回答。
「暴力を受ける側にも悪いところがある」と考える人も10.1%(同)いた。
こうした考えが、デートDVが広がる背景にあるとみられる。

「恋人がいる」「過去にいた」と答えた258人のうち、
男性の53.1%、女性の44.6%が携帯電話に絡む被害を経験していた。
複数回答の内訳は、「電話に出なかったり、メールにすぐ返信しないと怒られた」(38.8%)

▽「着信・発信履歴を勝手に見られた」(16.7%)

▽「1日に何度も行動を報告するよう命じられた」(7.4%)などだった。

このほか、恋人との間で「機嫌が急に悪くなったり、
優しくなる相手にいつも気を使わされる」(33.7%、複数回答)

▽「行動を制限される」(21.7%、同)

▽「言葉で嫌な思いをさせられる」(13.2%、同)などの経験が目立った。

           ※これは男女共に言えることだけど、もう少し相手の事を考えようね?
            まぁ、その中でも特に「理由がない・意味が不明」な言動は女性に多いのだけど。
            自分だけが納得できて、周りから見れば理不尽、そんな行動は
            社会人女性にまで見受けられますね。あれだけ「女性は気配りが・・・」と
            言われている割には、あまりに自分勝手すぎる「理由なき行動」が目立つのですが。

            男性は男性で女性のように「行動そのものに理由がない」ということが少ないとはいえ、
            (男性は基本的に論理的・常考から外れる納得のいかない行動を起こしにくいため)
            しかし自分が見つけたもの、やりたい何かに向かって突っ走る時に(若い子に多い)
            異性を巻き込んでいる節がありますね。少しは冷静に周りを見ましょう。

            ところで、男性のDV被害に関して書いてくれているデータってこれ↑を含めて
            まだ3つくらいしかなかったはずなのですが、この扱いの差は何なのでしょうね?




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/57/oninomehassingo/folder/9266/img_9266_66186_0?2007-02-13

開く トラックバック(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事