全体表示

[ リスト ]

高級宿泊施設の予約ならrelux

白金台にある東京都庭園美術館に行きました。
イメージ 1

イメージ 2
現在開催されているのは、「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性」
イメージ 3

イメージ 4

彼が次々と箱を開いて、鮮やかな珠玉のような美術品を目の前に並べたとき、私は紛れもない名匠の前にいるのだということを、自ずと悟ったのである
(ハーバート・G・ポンティング『この世の楽園・日本』1910年)

明治時代、輸出用美術工芸として人気を博した七宝。並河靖之(なみかわ・やすゆき、1845-1927)は、その中でも繊細な有線七宝により頂点を極めた七宝家です。没後90年を記念する本展は、初期から晩年までの作品を一堂に会する、初めての回顧展です。
京都の武家に生まれた靖之は、久邇宮朝彦親王に仕えたのち、明治維新後に七宝業に取り組み始めます。知識や資材が無い中、試行錯誤して技術・意匠の改良を進め、やがて内外の博覧会で成功を収めます。工房には外国からの文化人が多数訪れ、“京都並河”ブランドは新聞や雑誌を通して海外へと紹介されました。明治29年(1896)には帝室技芸員となり、当代一流の工芸家としての地位を確立します。大正期に入ると七宝業全体の生産額が落ち込み、並河も工房を閉鎖、その名は次第に忘れ去られて行きました。
しかし近年、明治工芸への関心の高まりに伴い再び注目が集まっています。細密な植線、豊かな色彩、四季折々の花鳥風月、そして研ぎ澄まされた透明な黒い釉薬―。類まれな技術のみに留まらず、洗練された感性に基づき制作された七宝は、100年以上の時を経てなお光を放ち、人々を魅了します。本展では、国内外の七宝作品に加え、下絵等の関連資料を通して、その全容を明らかにします。
〜サイトより〜
近年明治時代の工芸に注目が集まっていて、あちこちで展覧会が開催されています。
今回もその1つ。
明治期に人気を博した「七宝」。
その中で頂点を極めた七宝家の並河靖之の作品を展示。
思わず見とれてしまうほどの美しさです。
展覧会の最後には七宝の製作過程も映像で紹介しています。

詳細は
施設のサイト↓

この記事に

閉じる コメント(2)

「七宝」って名前がいいですね

ポスター見ただけでも色が豊富でカラフルですね

2017/4/3(月) 午後 7:35 ホークス 返信する

顔アイコン

> ホークスさん
実物はホントキレイですよ〜

2017/4/4(火) 午前 0:47 [ makoto ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事