全体表示

[ リスト ]

ケンコー・トキナーオンラインショップ

映画を見に行きました。
いつもの立川シネマシティ。
イメージ 1

そして今回観たのは「忍びの国」
イメージ 2
「のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を投じる姿を追う。メガホンを取るのは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『予告犯』などの中村義洋。中村監督作『映画 怪物くん』などの大野智が、怠け者ながら腕は確かな主人公の忍者を演じる。大野の体を張ったアクションや、武力だけに頼らず知略を駆使した戦いの行方に目を奪われる。

あらすじ

戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも特に腕の立つという無門(大野智)は、怠惰な日々を過ごしては妻・お国に稼ぎのなさを叱責されていた。ある日、織田信長の次男・信雄が父ですら手出しするのを恐れていた伊賀への侵攻を、独断で開始する。無門に弟を殺されて伊賀への復讐(ふくしゅう)を果たそうとする下山平兵衛、伊賀の重鎮・百地三太夫や下山甲斐をはじめとする忍者たちの思惑や野望も入り乱れる戦いに、いつしか無門ものみ込まれていくが……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和田竜の作品って結構面白いんですよね〜。
それを映画化。
戦国時代は歴史ファンの中でも人気の時代。
その時代に織田信長でさえも恐れた伊賀忍者の話です。
史実とフィクションと入り混じっていますが、なかなかストーリーは面白いですね〜。
戦国時代と言えば、名を成さんと多くの武将が現れました。
そんな中にあって金目当てで戦うという、なんとも人間臭いところが笑えますね。
そして嵐の大野君演じる無門。
忍者としてはとんでもないくらいの実力を持ちながら、怠惰で稼ぎが悪く、石原さとみ演じる妻のお国に頭が上がらないという…(笑)。


中でもやはり…






















石原さとみの着物姿でしょうか…(爆)


最後吹き矢が首筋に当たってその毒を抜こうと必死になる無門がうらやましかった…(爆)。

最初から最後まで楽しめました。

しかし、やはり作品の内容からして、歴史の好きそうな人も多かったのですが、明らかにジャニーズファンだろって言う感じの女の子も多かった…(笑)。

作品の公式サイト↓

この記事に

閉じる コメント(4)

ジャニファンの女の子にも負けない
石原さとみを見に来たおじさんも多かったのでは・・・(笑)

2017/8/23(水) 午後 7:04 ホークス 返信する

石原さとみがワタシに惚れているのはしっていましたが、ストーリーも楽しめたのなら最高ですね。
いや〜!やめて!ぶたないで!

2017/8/23(水) 午後 7:45 やまぴょん 返信する

顔アイコン

> ホークスさん
若しかしたらそうかも…

2017/8/24(木) 午後 11:10 [ makoto ] 返信する

顔アイコン

> やまぴょんさん
え?石原さとみはてっきり僕に惚れていたのかと…(爆)

2017/8/24(木) 午後 11:10 [ makoto ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事